地下構造研究分野

 

ようこそ

地下構造研究分野では、地震や火山に関連した地下構造とその時間変化を探求しています。最近は、電磁波を用いた地下構造探査(マグネトテルリク法)を主軸に活動していますが、地磁気のマッピングやモニタリング、数値モデリングなども併用しつつ、地下構造の多面的な解釈と地震火山現象の予測評価への活用を目指しています。地球の奥深くへの興味を持ちながら、地上に立ち地下をみる研究に取り組んでいます。

 

Members in SY2024

橋本武志  教授 電磁気を利用した地下構造探査・火山活動の研究
青山健太郎 D3 PINNを用いた地下構造推定手法の高度化
立石 悟  B4 火山の地下構造に起因する誘導電磁場の研究

地下ゼミ

ほぼ毎週1回集まって各自の研究について紹介し合います。地下構造以外の研究分野の方も参加してくれています。参加者間でサポーティブな関係がつくれるゼミを目指しています。予定はSlackで連絡します。

最近の卒業生と研究テーマ


潘 若華 R05年度修士卒 十勝岳及びその周辺地域の深部3次元比抵抗構造

井上智裕 R04年度博士卒 MT法による火山の地下比抵抗構造探査

伊藤 凌 R03年度修士卒 胆振地方東部の3次元MT法地下比抵抗構造解析

岩間陽太 R03年度修士卒 北海道横断MT法観測

渋谷桂一 R03年度修士卒 空中磁気測量による樽前山の磁化構造推定

八木優人 R03年度学部卒 古地磁気データを用いた地磁気永年変化曲線の推定手法の研究

成田 葵 R02年度学部卒 有珠山頂火口原における土壌拡散CO2フラックスの測定

佐藤彰紀 R01年度修士卒 無人ヘリコプタを用いた空中磁気測量及び3次元磁化構造解析

岩田光義 H29年度修士卒 磁化構造から推定したニセコ火山連峰の地熱系

早川美土里 H29年度修士卒 3次元比抵抗構造モデリングに基づく倶多楽火山の熱水系の考察

岡崎健治 H29年度博士卒  ベイズの推定を用いた屈折法地震探査と速度検層による岩盤弾性波速度の推定精度の向上

菅野倖大朗 H28年度修士卒 人工ニューラルネットワークを用いた地球物理的データによる地下温度推定

岡本理沙 H28年度修士卒 北海道内の活火山における火山ガス観測

奥田真央 H28年度修士卒 独立成分分析による磁場水平成分のノイズ除去と房総半島におけるMT探査への適用

高田将仁 H28年度学部卒 十勝岳62-2火口周辺のMT観測による地下比抵抗構造の推定

三嶋 涉 H27年度修士卒 火山地磁気効果における熱粘性残留磁化の寄与:コア試料と野外観測による検討

 

©Laboratory of Subsurface Structure, Institute of Seismology and Volcanology, Faculty of Science, Hokkaido University, All rights reserved