投影コンテンツの種類

ホログラムディスプレイZ1で投影するためのコンテンツには、大きく分けて4つの種類があります。

1.既存の動画・静止画

一般的な動画や静止画を、専用ソフトウェアで変換することによって投影可能です。

機器の構造上、サイネージよりも解像度が低く、なおかつLEDの回転半径の円周内しか投影できないため、普通に撮影された映像をそのままホログラムディスプレイで投影すると、横長の映像の場合は左右が切れてしまったり、解像度の低いレトロなブラウン管のような投影となってしまう場合があります。また、解像度の関係上、細かい文字や微小な映像を投影すると、はっきり見えなくなってしまう場合があります。

ホログラムディスプレイの特徴を活かし、浮遊感を出すためには背景を黒として、立体的に遷移する映像を利用することをお勧め致します。

2.ロゴ等の静止画像に回転などの効果を付加した動画

ロゴの画像(AIもしくはEPS形式)に回転や浮遊などのエフェクトを追加することによって、ホログラムディスプレイの特徴を活かしたコンテンツを作成することが可能です。

躍動するロゴに、スローガンやメッセージなどを組み合わせて効果的に演出することも可能です。

作例については https://sites.google.com/earthgenic.com/hdp-contents01/ をご参照ください。


3.製品実物の映像を撮影して映像処理を行った動画

実物の製品を撮影し、それにポストプロダクション処理を行って背景を消し、エフェクトをかけたものを投影することが可能です。

スタジオ費用や撮影のための別途費用が必要になる場合があります。


4.CG動画

一般のCMなどと同様に、製品などの3DCG(コンピュータグラフィックス)動画をスクラッチで作成し、様々な動作をさせることによって、効果の高い映像を作成することが可能です。但し費用はかなり高額なものになる場合があります。



株式会社アースジェニックは、豊富な経験に基づき、ホログラムディスプレイの投影に最も効果的なコンテンツの作成サービスをご提供しております。ご不明な点があれば、お気軽にお申し付けください。

コンテンツ作例集はこちらでご案内しております。