言ってはならないことを言いそうになったら見るブログ

旧ブログはこちら

https://sites.google.com/doubtfuljournal.com/philos/philosophy

最新記事はこちら

https://sites.google.com/doubtfuljournal.com/phi/%E3%83%9B%E3%83%BC%E3%83%A0

お詫びとお知らせ


これまでこのブログで綴ってきたことは著者の主観ではありますが普遍的な反応であることは疑いようがありません。

しかしながらそれらの普遍的な反応に対する組織的で公的な活動は著者の考えるよりも遙かに根深く想像を超えるものであり、著者の発信が軽率なものであったと反省しましたことをここに綴ります。

その最終判断としてブログを閉鎖することとなりました。

最終判断の材料として決定打となった配信はこちら

https://youtu.be/zhqxvIkIkjE


しかしながら創価学会を始めとする宗教などその他の我が一族への弾圧や迫害や差別についてこれを正当化するものではありません。

いまもなお、何の歴史的経緯や血統による格差や差別の実体を認識することもなく迫害や弾圧に晒されているであろう人々がこの国に大勢いらっしゃいます。その活動は根深く陰湿で公的な力を悪用し、生まれる以前から目星をつけられ、被害に遭っていることすら気がつかない中で人生を暗黒に導き日本人同士で傷つけ合わせるという一般社会では考えられないような残酷な行いが繰り返されているという実体があります。


しかしそれら不穏な活動に対する抗議をすること自体が、それら不穏な活動に対する為の活動のためにならないと言うことが、極めて覆しようのない困難なものであることが、こちらのリンク

https://youtu.be/zhqxvIkIkjE

から理解できました。


なぜそれを鵜呑みにすることができるのかについてはやはり、普遍的な反応から明らかであり、僕に対する昨今の対応からも読み取れるものであると言うことになります。

短い間でしたがとても不思議で根深く陰湿でかつ壮大な日本の歴史の奥深さの一端を垣間見ることができて光栄であると同時にやりきれない思いで一杯です。


結論としましては、

言ってはならないことをなぜ言ってはならないかを説明する事の出来る人材育成が出来ていないと言うことや、言ってはならないと教えなければならない人が言ってはならない理由を理解することの出来るような豊かな生活を与えないようにしている事を既得権としている人々がいることにより、このような混乱した状態となっているようです。

北朝鮮で飢えている人々のことや日本国内で抑圧されている人々のことを考えると胸が痛たみやりきれ無いと同時に、南北朝鮮が合併した後の事を考えると日本の立場というものが危ぶまれるのではないかと思ったのですが、今の僕にはできることはないと結論付けました。

自分に起きたことや与えられた運命から導かれるものは到底許すことのできないものでありますが、僕たち一族も同じものであり、僕も同じものであるのだと思います。ですので日常に帰り、出来ることを模索し発見した場合は、またいつか活動する時を夢見て再び日常に帰る必要の無い迄に自らを鍛え直そうと思います。


なおこちらは、ドルの崩壊やアメリカの衰退について言及するものではありません

著者は、これまで自由や民主主義が世界を救うのだとドルを支配してきた人々の支配下で世界の紛争の最前線で命を賭けてきたアメリカを悪だとはしていません。

しかしながら極めて高度な狭義に至る事が出来ていなかったのであろうという事が明らかで、これからの時代は保守するべき事も少なからずあるという現実を視野に入れなければならないとそう思っています。


著者は普通に愛国、親米、興味中国、同情罪悪感北朝鮮、不思議韓国です。


来るかわからないその日まで、皆さんさようなら

と思った次の日にこのリンク先がプロパガンダの可能性もあるなと思い始めたのでとりあえず哲学的なものだけ配信していこうと思いましたので宜しければこちらをご覧ください

https://sites.google.com/doubtfuljournal.com/phi/%E3%83%9B%E3%83%BC%E3%83%A0

と思った次の日にいい案が浮かんだので旧ブログはこちら

https://sites.google.com/doubtfuljournal.com/philos/philosophy

というよりも元日本軍兵士が一国を牛耳るテロリストになっただけの話なのかもしれない

いゃ、違うな、陸軍中野生としての愛国心による活動なのか

とはいえ現在北朝鮮は非人道的だとしか思えない

しかし日本のために犠牲になった故の結果なのだということなのか、、、


僕は何を求め、何を見つけ、何を信じるのか、、、部落済州島連合だけは信じない

お金ください


お問い合わせはこちら

sixbanker@gmail.com