Official Chapter #083, Since March 12, 2013

WG活動とは:

(ISC)2 Japan Chapterのメンバーで同じテーマに興味を持つ者が集まって議論し知識を高める活動です。WGの活動内容よってGroup AまたはGroup BのCPEクレジットが時間数によって付与されます。

また従来は活動が東京に集中していた活動もZoomやTeams、Google Meetなどを利用してリモート参加できるようになっているため東京以外の地域の方も参加できるようになってきています。

既設のWorking Groupへの参加や、新規Working Groupの開設をご希望の場合は、下記のボタンをクリックして、フォームから申し込みをお願いします。

なお、既設Working Groupへの参加または新規開設の申込に際し、申込者の皆様には(ISC)2 Japan Chapterへ入会をお願いしております。

  • 既設のWorking Groupへ参加したい

  • 新規のWorking Groupを開設したい

現在参加可能なWorking Groups (WG)

English Speaking Professionals (ESP) WG

  • Networking

  • Disusing InfoSec topics and how they impact Japan

  • Sharing InfoSec certification How-Tos

  • Discussing about InfoSec movies (e.g. Hackers, Wargame, Sneakers)

Eligibility: (ISC)2 Japan Chapter member and English Speaker (No English skill level requirement. Beginners and Non-native English speaker are welcome.)

Frequency: Bi-monthly

Remote Participation: MS Teams

Chief: Yurika Kakiuchi (Microsoft)

Link to the dedicated site

Japan Women in Security (J-WISE)

J-WISEは、日本の情報セキュリティ分野における女性の活躍を推進することを目的としています。すでにセキュリティ分野で活躍されている方はもちろん、これからセキュリティ分野に進みたい、興味がある社会人・学生さん、また、そういった女性の活躍を応援する男性も、参加いただけます。ネットワーキングや情報収集や学びの場を提供したいと考えていますので、ぜひご参加ください。

参加資格: セキュリティ分野を目指す女性及びそういった女性の活躍を応援する男女

活動頻度: 不定期開催

遠隔参加: Google Meetを利用できる場合はリモートでも参加可能

主査: 野間 文子

個別WGサイトへのリンク

(ISC)2 Congress Tour WG

毎年開催される、(ISC)2 Security Congressへの参加・報告会を行うWGです。

プロフェッショナルの講演やネットワーキングなど貴重な体験ができる事間違いなしです!

参加資格: (ISC)2 Japan Chapter のメンバーであれば誰でも参加可能

活動頻度:

  • 準備 (2時間×2回程度)

  • Congress参加 (28CPE)

  • まとめ及び報告会(2時間×2回程度)

合計約32CPE

遠隔参加: MS Teams を利用できる場合はリモートでも参加可能

主査: 野澤 篤史

個別WGサイトへのリンク

勉強会WG

勉強会WGとは(ISC)2 Japan Chapterメンバーの相互の情報共有および交流の場として、勉強会を開催するWGです。

参加資格: (ISC)2 Japan Chapter のメンバーであれば誰でも参加可能

活動頻度: 各月

遠隔参加: Google Meetを利用できる場合はリモートでも参加可能

主査: 金澤 瑠維

個別WGサイトへのリンク

用語WG

(ISC)2が試験問題の翻訳に使っているGlossary List内の日本語および試験問題の日本語訳の品質向上に貢献すべく、活動を開始したWGです。昨年(ISC)2の本部にGlossary Listの日本語訳の修正依頼を出して一区切りつきました。現在はセキュリティ用語の日本語訳集の公開を目指した活動を行っています。

参加資格: (ISC)2 Japan Chapter のメンバーであれば誰でも参加可能

活動頻度: 1回2時間程度/月(無欠席の場合 24CPE/年)

遠隔参加: MS Teamsを利用できる場合はリモートでも参加可能

主査: 石附 陽子 (株式会社イエラエセキュリティ)

セキュリティシステム設計WG

資金移動を伴う金融システムや仮想通貨のシステム、クレジットカード情報、個人情報など機密情報を扱うシステム、停止することで多大な損害が出る産業システムやECサイトなどのセキュリティをどのように設計するか考えるWGです。

PCI-DSS、FISC、ISO27002、ISO15001などの要求事項も考慮します。またオンプレミスだけでなくクラウド上に構築する場合の実装方式も検討します。認証、インフラ設計、DB設計、セキュアコーディング、セキュリティソリューションやログ監視など幅広く高セキュリティシステムについて考え最終的には書籍として発売することを目指します。

参加資格: (ISC)2 Japan Chapter のメンバーであれば誰でも参加可能

活動頻度: 1回3時間程度/月(無欠席の場合 36CPE/年)

遠隔参加: MS Teamsを利用できる場合はリモートでも参加可能

主査: 松方 岩雄(日本ビジネスシステムズ)

クラウドセキュリティの考え方をCCSP公式問題集を一緒に解いて学ぶWG

クラウドセキュリティに関するCBKの考え方やベストプラクティスを勉強するWGです。まず、てはじめにCCSP公式問題集を題材に輪講形式で、お互いの気付きや疑問点(なぜ、そう考えるのかとか)を議論することで理解を深めていきます。

参加資格: クラウドセキュリティについて興味のある方であれば誰でもOKです。一緒に勉強しましょう。参加にあたっては、CCSP公式問題集を事前に入手した上で参加をお願いします。

活動頻度: 隔週での開催を予定しています。

遠隔参加: Web会議で行います。ツールはZOOMを利用します。

主査: 福井将樹NTTアドバンステクノロジ株式会社