docodemo(IEEE802.1x認証)接続方法

学内Wifi Docodemo-Net IEEE802.1x認証方式は、24時間後の再認証の必要がありません。(サービス開始2020年3月)

接続手順概要

初回のみdocodemo(IEEE802.1x認証)の設定をします。設定方法は各端末で異なります。

  1. docodemo(IEEE802.1x認証)の設定後、再度接続する方法は以下です。
  • SSID「docodemo」のアクセスポイントが近くにある場合は自動的に接続
  • 他のSSIDのアクセスポイントに自動接続した場合は「docodemo」のSSIDを選択して接続

目次

1.iPhone/iPadの設定

  1. ホーム画面で「設定」アイコンをタップ
  2. 「Wi-Fi」をタップし、Wi-Fiを「オン」
  3. 「docodemo」のSSIDを選択すると、以下のような設定項目が表示
    • ユーザ名 (ログインID@cis.twcu.ac.jp)
    • パスワード (学内統一パスワード)
  4. 自分のユーザIDとパスワードを入力
  5. サーバ証明書が表示されるので、以下の画像と同じであれば「信頼」をタップ。認証成功の場合、接続が完了

2.Androidの設定

  1. ホーム画面で「設定」アイコンをタップ
  2. 「Wi-Fi」をタップし、Wi-Fiを「オン」
  3. 利用可能なネットワークで「docodemo」を選択し、以下設定項目を入力
    • CA証明書を指定→システム証明書を使用を選択
    • ドメイン名(twcu.ac.jp)
    • ID (情報処理センターから発行されたアカウント、学生の場合は学籍番号)※Labアカウントの場合は、ログインID@lab.twcu.ac.jpまで入力
    • パスワード (学内統一パスワード)
  4. 接続をクリックし完了

3.WindowsPCの設定

  1. 「ネットワークとインターネットの設定」をクリック

2.「ネットワークと共有センター」をクリック

3.「新しい接続またはネットワークのセットアップ」をクリック

4.「ワイヤレスネットワークに手動で接続します」を選択し、「次へ」

5.ネットワーク名に「docodemo」入力、セキュリティの

種類「WPS2-エンタープライズ」を選択し、「次へ」

6.「正常にdocodemoを追加しました」と表示されたら、

「接続の設定を変更します」をクリック

7.「セキュリティ」タブで「設定」をクリック

8.「証明書を検証してサーバーのIDを検証する」にチェックを入れ、「次のサーバーに接続する」にもチェックを入れ、radius.twcu.ac.jpを入力。「接続前の通知」が以下になっていることを確認し、「構成」をクリック

9.「接続のための認証方法」にチェックがないことを確認して「OK」、前の画面に戻り「OK」

10.「詳細設定」をクリック

11.「802.1Xの設定」で、認証モードを「ユーザー認証」に設定し、「資格情報の保存」をクリック

12.ログインID、パスワードを入力し「OK」。開いているウィンドウ全て「OK」 をクリックし閉じる。

13.タスクバーのネットワークアイコンをクリックし、Wi-Fiの一覧から「docodemo」を選択し、「接続」をクリック