Vol.68

2018年8月21日発行

  • 大宮支店開設のお知らせ
  • CG Series 最新情報「SOLIDWORKS2018 SP4対応 機能拡張版」 リリース
  • EXCESS-HYBRIDⅡ 最新情報/「V3.3」機能拡張
  • 展示会情報「IMTS2018 /JIMTOF2018」に出展
  • 工程管理システム「AIQ」ハンズオンセミナー開催
  • サポートからのお知らせ

本号をPDFで見る(WEBページをPDF化しています)

C&Gシステムズ「大宮支店」開設のお知らせ

2018年9月10日営業開始

このたび、弊社は北関東支店と太田営業所を統合し、下記住所に大宮支店を新設する運びとなりました。これを機にさらに顧客サービスの充実に努めてまいる所存です。

今後とも倍旧の御愛顧を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。


  • 名称:株式会社C&Gシステムズ 大宮支店
  • 住所:〒330-0802 埼玉県さいたま市大宮区宮町4-122 大宮第一生命小峯ビル4階
  • 電話:048-615-1921 / FAX:048-615-1922
  • 営業開始日:2018年9月10日(月) ※太田営業所 最終営業日 2018年9月7日(金)


同支店で担当させていただくお客様につきましては、製品サポートのお問い合わせ窓口(専用フリーダイヤル及びメールアドレス)が変更となります。詳細は各製品サポートページよりご確認ください。また、2018年10月よりトレーニングセミナー(以下コース)を定期開催いたします。

《 製品名(コース名) /定員》


大宮支店アクセス:JR大宮駅(東口)から徒歩5分

地図(google map)を見る

CG Series 最新情報「SOLIDWORKS2018 SP4対応 機能拡張版」/ 2018年9月リリース!!

CG PressDesign / CG MoldDesign 最新情報

■ 部品輪郭作成(共通)

2次元スケッチを使って パンチ、ダイ入れ子のレイアウト検討が行えます。3Dモデルは構想が決まってから作成する事ができるため、スピーディな対応を実現しています。基準となる部品サイズを元に 「矩形輪郭」または、「円輪郭」 を作成。これらの輪郭は、スケッチ内に複数作成できるため、パンチ、ストリッパ、ダイなどのグループ単位で管理することにより作業効率が向上します。

■ 押し出し部品(共通)

部品輪郭スケッチから効率良く3Dモデルを作成できるよう 「押し出し部品作成コマンド」 を拡張しました。作成する高さや厚みの異なる部品を一括で3D化する事ができます。

■ 部品編集(共通)

ツリーの各ノードが「部品番号」と「部品名、ファイル名、発注コード」の組合せで表示できるようになりました。また、表示順序も変更できるなどツリービューからの操作性も向上しています。さらに、ライトウェイトモードでのパフォーマンス改善も行っています。

■ 穴リストビュー(共通)

穴リストビューの表示切替が可能となりました。目的に応じて「部品優先」・「座標優先」・「加工コード優先」の3タイプから選択することができます。

■ 荷重単位(CG PressDesign)

「ストリップレイアウト作成/編集コマンド」 で使用する荷重単位の変更が可能となりました。

N (ニュートン) に加え 、lbs (ポンド)/daN (デカニュートン)/t (トン)/sh tn (ショートトン)/l tn (ロングトン)が使用できます。

■ 材料ガイド(共通)

作成する材料ガイドのタイプを選択する際、イメージでタイプを確認できるようになりました。

■ スライド設計(CG MoldDesign)

作成するスライドのタイプを選択する際、形状イメージで確認できるようになりました。また、レイアウトスケッチでアンギュラピン径を表示することで、スライドとアンギュラピンのサイズ感が把握しやすくなります。作成部品のアンギュラピン径とレイアウトスケッチのピン径は双方向で連動します。

■ 型構造 (CG MoldDesign)

「型構造設計/編集コマンド」 でモールドベース呼び出し時や編集時に 「PL面間隔」、「エジェクタプレート下面間隔」が設定可能となりました。大きなスライドを使用するケースでPL面に隙間を設けたり、ストップピンを入れるケースでエジェクタプレート下面に隙間を設けることが可能です。

■ ゲート編集(CG MoldDesign)

ゲート配置の際、ゲート側とランナー側の2点指示を可能とし、パラメータ設定の煩雑さを改善しました。

「点入力補助機能」 を使うことで、よりゲート配置操作を簡単におこなうことができます。また、画面上で、製品との干渉面積、近似円直径の両方を確認することも可能です。

■ 共通

  • 部品輪郭作成
  • 押し出し部品
  • 部品編集
  • 穴リストビュー


  • 部品検索
  • 表示ソート
  • 穴リスト
  • オプション

■ CG PressDesign

  • 荷重単位
  • 材料ガイド
  • プロパティマネージャーの幅

■ CG MoldDesign

  • スライド設計
  • 型構造
  • ゲート編集
  • コアピン


  • ピン追加対応
  • エジェクタピン作成/編集
  • パンチ工業部品対応


CG CAM-TOOL最新情報

■ 水平領域加工/非加工面対応

「水平領域加工」における「非加工面」(工具を接触させない面)の指定を可能としました。加工領域を作成することなく、形状の任意の範囲に対して簡単にパス出力できます。

※その他「非加工面」対応した切削モード

等高線仕上げ加工/倣い加工/隅取り加工

■ 2軸図形一括作成

「2軸図形一括作成」を新設し、「フェイス2軸図形一括作成」「フェイス2軸図形作成」「スケッチ2軸図形作成」を1つのコマンドに集約。種類の異なる複数の2軸図形がまとめて作成できる事でオペレーションを簡素化します

■ 2軸図形/穴寸法一括編集

  • 2軸図形の一括編集が可能になりました。フェイス・スケッチの 2軸図形が混在する場合においても有効です。
  • 穴寸法の一括編集が可能になりました。穴図形・フェイス穴図形・スケッチ穴パターン図形が混在する場合においても有効です 。


■ 加工工程設定/初期値保存の適用

加工工程設定において、加工モード切り替え時、「初期値として保存」されたパラメーター値を取得する事で、手戻りなく効率的に設定できるようになりました。工具情報や変数によるパラメーター等は保持します。

■ CL編集 穴図形編集対応

CL編集の下記コマンドにおいて穴図形の編集が可能になりました。既に加工済みの穴削除や多数個取りへの対応が実現します。

<編集対応機能>

  • [部分削除]-[セグメント]
  • [マージ]
  • [変形]-[平行移動・コピー][回転移動・コピー][反転移動・コピー]

■ 3D

  • 水平領域加工:機能拡張
  • 水平領域加工:非加工面対応
  • 部分加工:追加形状対応

■ 2D

  • 2軸図形一括作成
  • 2軸図形一括作成:複合コア
  • 2軸図形一括編集
  • 穴寸法一括編集
  • スケッチ2軸図形への変換の改善
  • フェイス2軸図形:45°面を側面として認識
  • 2.5側面加工、2.5取り残し加工:内回り円弧挿入
  • 2.5側面加工:オーバーラップ処理
  • キャビとコアの荒取りを1つ工程で対応

■ Wire

  • 図形編集コマンドの前回値記憶
  • グループ名の絞込み改善

共通

  • 加工モード切替時の初期値保存利用
  • ツリーと工程リストの連動
  • シミュレーション:安全距離対応
  • CL編集:穴図形編集対応
  • プロジェクトノードに加工方向表示
  • アプローチ位置指示改善

EXCESS-HYBRIDⅡ最新情報「V3.3 」機能拡張

CAM(MC/WC)機能強化・利便性向上/2018年7月31日リリース

■ MCシミュレーション機能拡張

「MCシミュレーション」、「MC軌跡シミュレーション」 の表示設定において、切削色を1色から3色に拡張することで、切削部の視認性向上を図りました。また、ストックや製品、削り込みや削り残し部の色を自由に設定する事も可能です。さらに、トレース設定に自動停止を制御する「停止位置」ボタンを新設。【警告発生時】 【切削開始時】【高さ変更時】【早送り時】の各タイミングで一旦停止させることにより、加工の重要なポイントを見過ごすことなく切削状態の確認がおこなえます。

■ WC加工順序機能強化

ワイヤカット「NC変換/加工順序設定」において、これまでの工程単位に加え、新たに加工順序名称単位での設定を可能にしました。これにより大量の加工形状の順番を、NCデータ作成前に素早く変更する事が可能となり、NCデータ作成までの作業時間が短縮できます。また、従来の工程毎の加工順序設定では、対象工程をよりわかりやすくするため、【加工順序一覧】及び【対象工程】のグリッド内に【加工順序名称】の列を追加しています 。

展示会情報(国際工作機械見本市)

IMTS2018 /シカゴ国際工作機械見本市

このたび、カナダに北米拠点を置くCGS子会社「CGS North America Inc.(CGSNA)」 は、来る 9月10 ~15日の6日間、米国イリノイ州シカゴで開催される「IMTS 2018/米国国際製造技術展」に出展いたします。偶数年に開催されるIMTS は、北米ではトップクラスの工作機械見本市で今年で 32 回目を迎えます。3 万平米以上の展示スペースを誇るマコーミックプレイス会場には、2,400 社以上の出展企業による展示がおこなわれ、112 ヵ国以上から 115,000 人にのぼる出展社・来場者が一堂に集まります。

ご来場の際は、是非ブースにお立ちよりください。

CGSNA Staff(過日開催のAmerimold 2018にて)

URL:CGS NORTH AMERICA INC.

  • 主催:AMT –米国製造技術協会
  • 期間:2018 年 9 月 10 ~15 日
  • 会場:マコーミックプレイス (2301 S. Lake Shore Drive, Chicago, IL 60616 USA)
  • 小間:133006
  • 出品:CAM-TOOL /CG CAM-TOOL他

IMTS公式サイト

JIMTOF2018 /第29回日本国際工作機械見本市

11月1日(木)~6日(火)の6日間、東京ビッグサイトで開催される「JIMTOF2018」に出展いたします。 CGSの最新ソリューションを多くの皆様にご体感いただくチャンスです。皆様お誘いの上、是非ご来場ください。

※詳細につきましは、準備が整い次第改めてご案内申し上げます。

  • 主催:一般社団法人日本工作機械工業会/東京ビッグサイト
  • 期間:2018 年 11 月 1 ~6 日
  • 会場:東京ビッグサイト(全館)
  • 小間:E5011(東5ホール)

JIMTOF公式サイト

工程管理システム「AIQ」ハンズオンセミナー開催

この度、部品・金型製造用工程管理システム「AIQ(アイク」のリニューアルリリースに伴い、無料体験セミナーを開催致します。セミナーでは、スペシャルゲストをお呼びし、昨今の中小企業・小規模事業者の労働生産性向上を目的としたITツール導入向けの補助金制度に関する講演を行います。IoT、スマートファクトリーの第一歩として金型、部品製造の工程を管理し設備の稼働率の向上に寄与する当社独自のITソリューションを皆様にご体感いただくチャンスです。

ご多忙中、誠に恐縮ですが、是非ご来場賜りますようお願い申し上げます。


  1. 『今からでも遅くない! 補助金を活用したIT投資 ~ 中小企業支援策の有効活用 ~』 KGM経営戦略製作所
  2. 『 AIQ 実機操作体験セミナー』

詳細・お申し込みはこちら

サポートサイトからのお知らせ(CGS Customer)

● Microsoft Windows 10 (バージョン1803)対応完了のお知らせ

このたび、Windows10 April2018 Update (バージョン1803)におけるCGS製品の動作検証が完了いたしました。バージョン1803への更新をお控えいただいている(延期の設定をされている)お客様はこれを解除いただき、Windowsアップデートを行っていただきますようお願いいたします。


《 CAM-TOOL 》

  • CAM-TOOL認定試験 申し込み受付中!! (締め切り:8月27日)
  • V14.1バージョンアップ説明会受付中!!(残り 東京:8月28日 / 大阪:8月28日) 申し込みはこちら
  • 修正パッチ(V14.1.6.1)を8月9日にリリースいたしました。
  • ToolingDB(日進工具社)のカタログを8月9日に更新しました。

※ WEBアンケートご協力のお願い

最新バージョンのインストールはお済みでしょうか?。是非、V14.1機能評価にご協力いただきますようお願い致します。アンケートにお答えいただいた方には特典をご用意しております。(実施期間:~10月31日 )

http://www.cgsys.co.jp/g/support/

《 EXCESS-HYBRIDⅡ 》

  • 修正及び機能拡張版(V3.3.1.1)を7月31日にリリースいたしました。

※ WEBアンケートご協力のお願い

最新バージョンのインストールはお済みでしょうか?。是非、V3.1機能評価にご協力いただきますようお願い致します。アンケートにお答えいただいた方には特典をご用意しております。(実施期間:~9月28日 )

http://www.cgsys.co.jp/jp/excess/support.html

《 CG Series 》

  • SOLIDWORKS2018 SP1対応版(一斉配布版)のダウンロードサービスを8月9日より開始しました。
  • ToolingDB(日進工具社)のカタログを8月9日に更新しました。
  • 「CG PressDesign ・CG MoldDesign・CG CAM-TOOL」SOLIDWORKS2018 SP4対応 機能拡張版のご利用は、2018年9月1日時点でソフトウエア保守ご締結システムが対象となります。今一度ご契約状況をご確認ください。また、バージョンアップキットのお届けは9月末を予定しております。

http://www.cgsys.co.jp/jp/support/