Vol.67

2018年7月20日発行

  • INTERMOLD名古屋 ご来場 お礼
  • 製品サイト「AIQ(アイク)」リニューアル
  • 海外情報「Manufacturing Expo 2018」に出展
  • CAM-TOOL 加工事例(超微細加工実験サンプル)
  • 展示会レポート(第29回 設計・製造ソリューション展 )
  • サポートからのお知らせ

本号をPDFで見る(WEBページをPDF化しています)

平成30年7月豪雨により被災されました方々に、心よりお見舞い申し上げます。

INTERMOLD 名古屋 ご来場お礼

過日、開催されました「INTERMOLD 名古屋/金型加工技術展」におきまして、弊社ブースならびにワークショップにお立ち寄りいただき、誠にありがとうございました。おかげさまで、多数の関係企業の皆様にご来場いただき、盛況のうちに幕を閉じることが出来ました。 会場では最新版CAD/CAMシステムの実機紹介をはじめ、生産財メーカとのコラボレーションサンプル、金型・部品製造向け工程管理システム「AIQ Ver11.1」の先行出品など、4月の「INTERMOLD 2018(大阪)」に続き、大変大きな反響をいただきました。

当社製品紹介におきまして、十分にご満足いただけなかった部分もあったかとは存じますが、何とぞご容赦ください。なお、会場で対応させていただくことができなかったご要望、ご質問等がございましたら、ご遠慮なく弊社担当までお申し付けください。

AIQ ワークショップ

CAM-TOOL ワークショップ

「AIQ(アイク)」製品サイトリニューアル

このたび、部品・金型製造用工程管理システム「AIQ(アイク)」最新バージョン(Ver11.1)リリースに伴い、製品サイトをリニューアルいたしました。

「AIQ」は、金型・部品製造業に特化した当社独自のIoTソリューションです。 自社の受発注情報と工程情報をDBで一元管理し、日程・進捗・実績・負荷・原価をリアルタイムに連携させ、「見える化」の実現によりムダを無くし、生産効率を向上させます。

【 主な特徴 】

  • CAD連携&実績活用による高度な工程設計
  • リアルタイムな進捗把握と早期対策の実施
  • 独自スケジューラによる現実的な計画立案
  • 稼動シミュレーションによる迅速な納期対策

製品ページ:http://www.cgsys.co.jp/jp/aiq

海外情報「Manufacturing Expo 2018」に出展

東南アジア諸国連合(ASEAN)地域で最大級の製造機械・技術に関する展示会「マニュファクチャリング・エキスポ2018」が、6月20~23日にわたって、バンコク国際展示場BITECで開催されました。今年は、タイ政府が推し進めるタイランド4.0や次世代の製造拠点を目指す東部経済回廊(EEC)構想に向け、高付加価値化・生産性向上のための最先端技術を全面に押し出す企業が増加。約46カ国2400社が集結、90,769人の来場者でにぎわいました。

例年出展企業の多くを占める日系企業に注目が集まる中、CGS子会社である CGS ASIA は、「InterMold Thailand2018」エリア出展のローカル商社「 FactoryMAX」社ブースに協賛しました。NS TOOL社の総代理店でもある同社では、近年、ローカル企業からの「微細加工」「PCDエンドミルの利用」等における要求品質が高まりつつあることから、取り扱いメーカ各社と協調し、CAM-TOOLの新機能を駆使した超微細加工実験サンプル(以下参照)を出品しました。一方では、日系企業(工場長クラス)の方々から工程管理・生産管理に関わる相談が多数寄せられており、工程管理システム「AIQ」を紹介させていただくなど、多数の方々にご来場いただき、盛況のうちに終了いたしました。

CAM-TOOL 加工事例(InterMold Thailand 2018)

Factory Max Co., Ltd. TARATORN PRO CENTER におけるCAM-TOOL超微細加工実験サンプルです 。PCDエンドミルのカタログ最小径工具を、標準仕様のM/C+サブスピンドルを利用する事で高回転数での加工を実現。また工具長測定や加工時の工具破損を目視にて確認する事は困難である為、レーザー測定器を用いて回転を止めることなく測定。結果、主軸側の変位を正確に把握する事が可能となりました。小径工具を用いて微細加工を行うNCデータは、仕上げのみならず、中仕上げ・中荒取りの時点でも高精度な物でなければなりません。CAM-TOOLの特徴である“面粗度計算方式”を用いてNCデータを作成。結果、工具破損する事無く全工程安定した加工を行うことが出来ました。

※本サンプルは、JIMTOF2018にて展示予定です。

Youtube.comで視聴する

  • ワーク:STAVAX(52HRC)15mm x 15mm x 20mm
  • 機械:YCM NXV560A

Factory Max Co., Ltd. TARATORN PRO CENTER - http://www.factorymax.co.th/

展示会レポート(第29回 設計・製造ソリューション展 )

このたび、6月20日(水)~22日(金)の3日間にわたり、東京ビッグサイトで開催された『第29回 設計・製造ソリューション展 /DMS 2018 』において、ストラタシス社とローランドDG社ブースに協賛出展いたしました。”ものづくりの常識を変える、革新的技術”をコンセプトに、各社製品 + CraftMILLを活用した「デジタルモールド切削」、「ハイブリッドモールド」によるサンプルを多数展示。ストラタシス社ブースでは、デモンストレーション(毎時開催)を交えご紹介させていただき、多くのお客様の関心を集めました 。

デジタルモールド切削:デジタルモールド(3Dプリンタ製樹脂型)の表面を切削する事により、成形品を切削した型に近い精度を持たせる技術

ハイブリッドモールド:デジタルモールド+アルミ型による小ロット生産技術。ベースをアルミ型、デザイン面をデジタルモールドで対応する事で、多品種小ロット生産に対応します。

※ハイブリッドモールドが活用されるのは?

ストラタシス社ブースの様子

ローランドDG社のブース(CraftMillによる試作&アルミ型を展示)

サポートサイトからのお知らせ(CGS Customer)

《 CAM-TOOL 》

  • 定期パッチ(V14.1.4.2)を7月24日にリリースする予定です。
  • V14.1バージョンアップ説明会(無料)を申し込み受付中!! 是非ご参加ください。申し込みはこちら
  • 岡山(高松機械株式会社)にてバージョンアップセミナーを開催いたします。申し込みはこちら (PDF)
  • 修正版(V14.1.3.1)をリリースいたしました。(6/26)

http://www.cgsys.co.jp/g/support/

《 EXCESS-HYBRIDⅡ 》

  • 修正版(V3.3.1.1)を7月31日にリリースする予定です。

※ WEBアンケートご協力のお願い

最新バージョンのインストールはお済みでしょうか?。是非、V3.1機能評価にご協力いただきますようお願い致します。アンケートにお答えいただいた方には特典をご用意しております。(実施期間:2018年4月1日~9月28日 )

http://www.cgsys.co.jp/jp/excess/support.html


※夏季休暇のお知らせ

弊社では、誠に勝手ながら下記の期間を夏季休暇とさせていただきます。

8月13日(月)~8月17日(金)

上記期間中のお問合せは、8月20日(月)以降対応させていただきます。

大変ご不便をおかけいたしますが、何卒ご理解いただきますようお願い申し上げます。