BOOK☆WALKER 電子コミック作成ツール(β版)の使い方

「BOOK☆WALKER 電子コミック作成ツール」について

マンガや実用書に適した、固定レイアウト型のEPUB(電子書籍データ)を作成する為のツールで、BOOK☆WALKERの著者センターに登録した方なら、誰でも簡単に無料で使うことができます。

作成ツールの使用については、パソコンでの操作、及びブラウザはChromeを推奨しています。

1.「タイトル」「綴じ方向」「本の始まり方」を指定する

綴じ開きは、「右綴じ左開き」「左綴じ右開き」を選択できます。デフォルト設定は、一般的なコミックの開き方「右綴じ左開き」に設定されています。

本の始まり方は「片ページ」と「見開き」を選択できます。「片ページ」だと1ページ目のみから始まり、「見開き」だと1ページ目と2ページ目が見開きで表示される形で作成されます。1ページ目が表紙で、1ページで表示したい場合は「片ページ」を、すぐに本編から始まるデータを作成する場合は「見開き」を設定してください。

2.画像データ(jpgかpng)をアップロードする

太い点線で囲まれている部分に、本編の画像データをすべてドラッグ&ドロップするか、太い点線で囲まれている部分をクリックして、アップロードしたい画像をすべて選択してください。画像をアップロードすると、ページ下部に画像のサムネイルが表示されます。


※使用可能な画像形式:jpg、png※推奨画像サイズ:縦1600px × 横なりゆき※ファイルの総容量:最大100MBまで※ファイルの数:200ファイルまで

3.画像の順番を入れ替えたり、不要な画像データを削除する

画像のサムネイルは、作成した電子書籍データに表示される見開きの状態を示しています。

画像の順番を入れ替えたい場合は、画像の上にマウスのアイコンを置いて、左クリックしたまま、入れ替えたい場所までマウスを動かし、マウスから指を離してください。

画像の削除は、各画像右上にある「ゴミ箱」アイコンをクリックしてください。


【原稿データ】 タイトル:BOOK☆WALKERで自分の同人誌を販売しよう! 著作者名:RRR Co.,ltd 西中康弘 いちば仔牛


4.電子書籍データを作成して、ダウンロードを行う

3まで完了したら、ページ下部の「作成する」ボタンをクリック。

「作成する」ボタンの右側に「Download」が表れるのでその文字列をクリックして、ダウンロードしてください。

※細かいデザインは変更する可能性がございます。


▼その他不明点は、以下をご確認ください。

よくある質問: https://help.bookwalker.jp/faq/category/bwindies

▼各種リンク先

BOOK☆WALKER 電子コミック作成ツール → https://author.bookwalker.jp/epub

BOOK☆WALKER 著者センター → https://author.bookwalker.jp/

代表的なよくある質問

Q.ツールは無料で使えますか?

A.はい。無料でお使いいただけます。ただし、会員限定サービスの為、BOOK☆WALKER 同人誌・個人出版サービス 著者センターの会員登録が必要となります(無料)。著者センターは、ご自身の著書の販売(無料販売含む)を無料で簡単に行えるサービスとなります。ぜひご利用ください。

BOOK☆WALKER 同人誌・個人出版サービス 著者センターの会員登録(無料)


Q.作成した電子書籍データを見られる環境がありません。どうやって確認すれば良いですか?

A.弊社が提供しているPCビューアアプリをインストール後、作成した電子書籍データ(EPUB)を開いてください。

PCビューア(Windows/Mac)インストールページ

※使用するアプリケーションによっては、意図していない表示になる可能性もあります。アップロードした際の画像のサムネイルが見開き表示に対応しておりますので、そちらも参考にしてください。

EPUB/固定レイアウト型について

EPUBは電子書籍データの国際標準規格で、日本国内の主な総合電子書籍ストアはみなEPUBを採用しています。

EPUBは、マンガおよび図版の多い実用本などに使われている「固定レイアウト」型と、小説やエッセイなど文章中心の書籍に使われている「リフロー」型の2種類があります。「固定レイアウト」型は、端末上で拡大縮小してもレイアウトが変更されません。一方「リフロー」型は、文字サイズの拡大縮小に伴い段組や文字組みなどのレイアウトが自動で変換されます。

※このツールで作成できる書籍は、マンガに適した「固定レイアウト」型の電子書籍データになり、「リフロー」型の電子書籍データは作成できませんので予めご了承ください。