Welcome to ShitoKan 系東館へようこそ

 
    Perfect When Clear,                         晴れてよし、曇りてもよし                                                                  
            Perfect When Cloudy,                        不二の山                         
    Mt. Fuji Never Changes                   もとの姿は                                                 
            Its Original Form.....                       かはらざりけり。                  
 
                                       Yamaoka, Tesshu                                              山岡鉄舟      
 
 
                                                                                                                                                                                       
 
The essence of ShitoKan practice is personal excellence,
through the practice of Japanese Budo (Martial Way)
or striving to reach our maximum potential. 

 

To achieve personal excellence requires change, hard work and dedication.

 

In order to obtain the right effect, we must begin with the right cause. 

This cause being some necessary change in our current behavior,

beliefs, or physical capabilities, or more likely, all three. 

At ShitoKan, we work with philosophical concepts and study

as well as physical and spiritual development.

 

In order to determine what changes we must make in our lives we must see clearly

the causes of our current condition. 

 

We must drop off the emotional, spiritual, and physical baggage (attachments)

that keep us from recognizing these causes. 

 

We do this through our specialized Budo and Zazen practice.  Both are inseparable. 
“Ken Zen Ichinyo” or "The sword and Zen are one."  
 

Our sensei (teachers) are highly qualified with instructor certification

and must have additional graduate degrees or extensive life experience.

  

 

 

 

 

 

日本人として生まれ育った私達には決して忘れてはならない、

次代に引き継がねばならない財産があります。

尊敬の念、礼儀作法、謙虚の美徳といった概念、日本の心です。

数千年の歴史の変遷、数万の異なる文化が存在するなかで、

日本という小さな島の国の、小さな島の国だからこそ私達の先祖が

かたくななまでにしかも自然に伝え育んだ美徳であると思います。

「どうもありがとう」という言葉を日本語で発するとき

素直に頭を前に傾けてしまいます。

両手のひらを体の前で合わせる、合掌。

ものをいただく時、心に触れる事のあった時、悲しいとき、嬉しいとき、

何かを欲する時、自然とでる人間としてとても美しいしぐさです。

「お蔭様で」という言葉。あなたがいらっしゃったので、今の私があるのです、

という深い感謝をあらわす言葉。

これら日本独特の表現や美徳は決して言葉で訳して

説明できるものではありません。

真の理解は心と心、魂と魂のふれあいから生まれる

以心伝心によるものと思います。

 

系東館の稽古は号令から始まります。

「きをつけ!礼!」が道場にこだまする時、わたしたちは直ちに姿勢を正し、

心を整え、素直な自分に立ちかえり、稽古に望みます。

道場の中では規律を守りながらも、年齢をこえ、人種をこえ、宗教をこえ、

無心になって日本武道を通して自己鍛錬を目指します。

初心者は体操、呼吸法の習得を中心に、上級者は高度の護身術まで

時間をかけて学びます。

 

あなたも是非ご参加ください

 

                                                                                                                                                           <日本人道場生『誠』記述> 

 

 


 Featuring Dr. Aiello on Itsuki Hiroyuki Sensei's Special Program with NHK

"Itsuki Hiroyuki: 21st Century Travel to Bukkyo" 2007

五木寛之先生とアイエロ館長の対談です。

「五木寛之 21世紀仏教への旅」NHK BS/講談社