186回通常例会(2018-09-9)

2018/09/17 5:44 に Yokohama Ocean TMC が投稿   [ 2018/09/17 5:48 に更新しました ]

本日のTMOMは、当クラブ会長のW辺さんでした。さすが会長といった感じの仕切りと司会ぶりでした。要所要所的確なコメントをされていて勉強になりました。

 例会が始まる前、急遽参加できない方がいて役割が空いてしまうトラブルがありましたが、オーシャンのチームワークの良さが出てあっという間に役割も埋まりました。

率先して助け合うボランティア精神は見習いたいですね。

 ★前半は英語の部。

S木さんによる今朝の言葉「Let`s get back on track」。少し難しかったこともあり、皆さん使用することができませんでした。素敵なワードだったので多くのTMに使ってほしかったです(私はもちろん使うことができなかったです!)。

英語の準備スピーチは一人で、R花さん。Pathways スピーチ。当クラブ最年少の彼女のスピーチ。若いのに堂々とされていて、構成もしっかりされていました。

テーブルトピックスは朝の言葉と同じS木さん。急遽代行でテーブルトピックスマスターをやってくれました。    スピーカーが1人だったため、6題もお題を出してくれました。

僕もお題(シカゴについて何か話してください)を当てられました。何も浮かばず適当な言葉を発していましたが、メンバーが笑ってくれたり盛り上げてくれました。このチームワークが横浜オーシャンだと改めて感じました。

続いては、K賀さんによるR花さんのスピーチ論評。K賀さんの論評は毎回的確でしかもわかりやすい。彼女の優しい人柄が表れている素敵なスピーチでした。

 

後半は日本語の部。

朝の言葉はK戸さんより「快適な」。比較的使いやすいフレーズだったのですが、数人しか使用できませんでした。

日本語スピーチも英語と同じで1名でした。M上さんによる、ACマニュアル#3販売訓練スピーチ。僕が今まで聞いたどのスピーチよりも長かった(3119秒)です。M上さんのすごい所はこれだけ長いスピーチをしているにも関わらず、聴衆を全く飽きさせないところです。スピーチも練られていて、フリップもたくさん用意されていました。


テーブルトピックスは我がクラブカリスマのK田さん。M上さんがスピーチで使用したフリップを使用してのテーブルトピックス。この臨機応変さがカリスマと言われる所以でしょう。

M上さんのスピーチの論評はW松さん。論評のお手本になるようなレベルの高い論評でした。いつかこのような論評をやってみたいです。

各ベスト受賞者は以下の通りです。

 楽しい例会をありがとうございました!

184回通常例会(2018-08-5)

2018/08/18 22:16 に Yokohama Ocean TMC が投稿

通常であれば横浜オーシャンTMCの例会は第二・第四日曜日の午前中開催ですが、今回は第二日曜がお盆休みと重複するため、臨時に第一日曜に例会が開催されました。(当クラブでは盆暮れに時々このような時があります)その為、いつもより参加人数が少なめの会でした。

 今日の司会は前期会長であったK賀さんの進行で進みます。本日は、英語→日本語の順で例会が進行する会です。

最初に本日のWord of MorningK寺さんから「cozy」と発表されました。何だか某ケーキ店を思い出さずにはいられない言葉です。続いての準備スピーチはH井さんによる英語スピーチから始まりました。「egg」という比較的シンプルなスピーチタイトルで、ある卵農家さんのV字回復劇を取り上げておられました。上手な描写がされたスピーチでしたので、もしこの農家が上場企業だったらこのスピーチを聞いて株を買いに行っていたかもしれません()

 

続いて英語テーブルトピックのコーナーです。本日の英語の部テーブルトピックマスターはE藤さんです。質問は時節柄、夏に関する質問でWhat is typical symbol of summer? What is your summer vacation plan in this year? What was most memorable summer experience? What makes recent unusual climate change? というお題に対し、指名された方は各々回答スピーチをされました。

 

後半の日本語の部に入り、まず今日の言葉をH井さんから「うまずたゆまず」と発表されました。聞きなれない言葉でしたが一生懸命と同義語ということで何かの時役立ちそうなボキャブラリーが1つ増えました。

 

続いて日本語の準備スピーチコーナーではY崎さんによる「ペイフォワードが世界を変える」という題のスピーチでした。ペイフォワードも聞きなれない言葉でしたが、これも恩送りと同義語で人に親切にすると自分に後で帰ってくるというお話でした。言い方を変えるだけ違うように話が聞こえるのが日本語表現の面白いところだと思いました。2番目の日本語準備スピーチはK寺さんによる「夏の教訓から学んだもの」という、趣味のカメラが故障したときのエピソードをお話頂きました。カメラを分解するとどうなるか、というご本人の体験談からのお話でこのスピーチも興味深かったです。

 

その後、日本語のテーブルトピックのコーナーがトピックマスターのS木さんの進行で始まります。最近行って面白かったイベントは? あなたの最近のマイブームは? 巨大な〇〇といったら何? 今日は何の日? あなたの許せない〇〇は何?という簡単そうな質問とやや捻った問題がありましたが、指名された方々は適切にスピーチを行われました。

 

論評のコーナーではY崎さんのスピーチに対してH田さんが、K寺さんのスピーチに対してK賀さんがそれぞれ良かった点と改善点をわかりやすくコンパクトにまとめて論評されていました。

 

その後、I岡から総合論評として全体の例会進行と3人の論評スピーカーへのアドバイスを簡単にさせて頂き、またえーとカウンターとして、本人が無意識につかってしまう不必要なことば(Ah- , Uh- 、えー、あのー、そのー)を使ってしまった回数を報告させて頂きました。(これらの言葉を意識して言わないようにするのもスピーチ上達のコツです)

 

最後に、本日の表彰コーナーとなり、英語テーブルトピックでClimate Change Factorという難しい質問をそつなくこなしたS木さん、日本語テーブルトピックではゲスト参加ながら子どもさんのキャンプファイヤーの話をされたM本さんと飲みニケーションは世界をつなぐ、という即興スピーチをしたI岡が同率、ベスト論評賞は準備スピーカーの改善点をボディランゲージを交えてわかりやすくスピーチされたH田さん、ベストスピーカーはペイフォワードの意義をうまくスピーチされたY崎さんが、それぞれ受賞されました。おめでとうございます!

 

横浜オーシャントーストマスターズクラブではこのようにどなたでも参加しやすいアットホームなクラブです。平日は仕事で忙しいけど、英語も日本語も両方スピーチ力を身に着けたいなと思われましたら、お気軽に見学しに来てください!

183回通常例会(2018-07-22)

2018/07/28 18:11 に Yokohama Ocean TMC が投稿

7月からの新会長W邊さんによるはつらつとしたオープニングに続き、今朝のトーストマスター(TMOMW松さんによる教育セッションがスタートしました。ベテラン格のW松さんによる抜群のリーダーシップと安定感、そして随所における鋭いコメントで、参加者は安心感を抱きつつ適度の緊張感をもって例会に臨みました。参加人数がいつもより若干少なかったものの、初めて参加頂くゲストが2名お越しになり、いつものように活気溢れる盛り上がった例会になりました。

 

前半は『日本語の部』からスタートです。『今朝の言葉』はA山さんからで「夢中」です。例会に夢中になりましょう、というとても前向きで斬新なA山さんらしい言葉でした。

Prepared Speech』の一人目はI山さんです。「もし私が〇〇したら」というタイトルで、もし選挙に立候補したらどんなスピーチをするのか、エレベータースピーチ並みの短い時間で自分の魅力を最大限に伝えるというコンセプトで、いつもながらの堂々したスピーチを披露して頂きました。

二人目のスピーカーはY崎さん。「根拠なき自信が世界を変える」というタイトルで、自分の強味をもっと意識して伸ばしていく事で、自己肯定感を得て人生の成功につながる、という、学びの多いスピーチでした。

『テーブルトピックス』ではK賀さんより、「暑さをしのぐ工夫を教えてください」「怒りをぶつけたい時にどうしていますか?」「人の記憶を変えたいと思う時はどうしますか?」「これ私よ、みたいな象徴的なものはありますか?」といったお題が出されました。後半になるにつれて質問の難易度が上がりましたが、質問が当たった皆さんはそれぞれ素晴らしい即興スピーチをされていました。

『論評の部』では、I山さんに対してA山さん、Y崎さんに対してはS木さんが論評を行いました。お二人ともスピーチの良い点、そしてより改善できる点を具体的にフィードバックされ、効果的な論評をされていました。

 

休憩をはさみ、次は『English Session』です。

Word of the morning』はRさんからで、タイ洞窟に閉じ込められたサッカー少年達が9日間耐えた後に全員救出されたニュースがとても印象的であったため、「Persistence」という言葉を意識して使ってみよう、という、とてもタイムリーな提案でした。

Prepared Speech』の1人目はK寺さんです。タイトルは「Love Ice Break」で、スピーチのプロジェクトのアイスプレーカー(Ice breaker)を、K寺さんが大好きな夏の風物詩であるかき氷が崩れる様子にかけて、かき氷の詳細についての夏らしい話題で会場を盛り上げてくれました。

二人目のスピーカーはH田さんで、タイトルは「Mother Come Back」。お母様への思いを情緒豊かに語って観衆を引き付ける、いつもながらの素晴らしいスピーチでした。

 

Table Topics』では、S木さんより「Secret」をテーマとし、「What is your secret restaurant you don't want to share?」「What is your secret exciting sightseeing spot?」「What are your secret hobbies?」のお題が出されました。秘密にしたいのに教えてください、という投げかけが面白かったです。

 

Evaluation Session』では、K寺さんに対してK賀さん、H田さんに対してはI岡さんが論評を行いました。2人ともスピーカーの素晴らしかった点、そして今後もっと改善できる点を具体的にフィードバックされていました。

 

そして最後に受賞者の発表です。本日のベスト賞は、日本語テーブルトピックスはI岡さん、英語テーブルトピックスはRさん、論評者はS木さん、そして栄えあるベスト準備スピーカーはH田さんでした。皆さん、おめでとうございます!

 

 

 

 

 

182回通常例会(2018-07-8)

2018/07/23 6:47 に Yokohama Ocean TMC が投稿

本日の例会から、新役員体制でスタートしました!

まず初めに会長と会員担当副会長の就任式を、エリア52ディレクターのSさんにおごそかに行っていただいた後に、事前にわりあてられた今日の役割をそれぞれの担当が紹介。

 トーストマスターズの魅力は、きれいなプレゼン、スピーチができるようになること。 

スピーチの中の「えーっと」などの不要な言葉の数をカウントしてくれる係があるので、自分が普段どれくらい「えーっと」を話しているかがわかります。

 さらに、体系的に組み立てられた、段階に応じたスピーチのプロジェクトを達成していく、というやりがいがあること、です。

 最初の英語スピーチはWさんによる、ローカルフードをテーマに、様々な声やトーンを使ったスピーチ、2番目の英語スピーチはYさんによる、自分の「リーダーシップスタイル」についてのスピーチ。                  

 後半の日本語の部は、I岡さんによる、同じテーマでの2回目のスピーチ。同じ内容でもタイトルをキャッチ―にすることでだいぶ印象が変わることがわかりました。 最後に表彰があるので、みんな真剣です。

スピーチは、するだけでなくそのフィードバック(論評)もちゃんと受けることができます。

英語も日本語もよい点、改善点に加え、スピーカーの個性を引き出すコメントが深みを与えていました。


そして、トーストマスターズの醍醐味は、なんといっても「テーブルトピックス」。

あてられるかもしれないというドキドキ感がありますが、職場の会議の場など、とっさの質問に即興で答えられるスキルが身につきます

本日のお題も、「リーダーシップ」にちなんだもの。そのテーマにふさわしいメンバーが選ばれ、答えました。


このように、トーストマスターズで身に着けられることはたくさんあり、同じ目的に向かって頑張る仲間との交流も楽しめます。

 横浜オーシャントーストマスターズクラブは、日曜の午前中を有効に過ごしたい方におすすめです。1日に日本語と英語の両方を学べて、一挙両得です。

 少しでも興味を持たれた方は、ぜひ例会の様子を見にいらしてください。

横浜オーシャントーストマスターズクラブは、若手メンバーが多く、フレンドリーでアットホームな雰囲気です。 

★ご見学のご連絡はこちらまで


181回通常例会(2018-06-24)

2018/07/23 5:49 に Yokohama Ocean TMC が投稿


180回通常例会(2018-06-10)

2018/06/23 4:28 に Yokohama Ocean TMC が投稿

2018年6月10日、第180回通常例会が開催されました。

本日はI岡さんがTMOMでした。

まず初めに、K寺さんからword of the morning“rain or shine”の発表がありました。梅雨のこの時期の雰囲気も交えつつも、何でもやるぞ!というポジティブな言葉でした。

さて、『Prepared speech』の一人目はH田さんです。Pathways level 1 “Ice Breaker”のプロジェクトで「Being Fresh」というタイトルでした。Ice Breakerは入会した方が最初に行うスピーチですが、Pathways移行の機会に改めてスピーチを聞くと、新たな一面を知ることができ、とても新鮮です。まず、スピーチ前にスタイルの良さに目がいってしまいました。着物を着るときのお話でした。スピーチは洋服の装いでしたが、扇子を使われ、立ち姿に扇子が合わさることによって雰囲気が出ており、とても美しかったです。

『Prepared speech』の二人目はW松さんです。Pathways Level 1“Evaluation and Feedback”のプロジェクトで、「Wakamatsu Colony」というタイトルでした。お仕事での急な出来事についてのスピーチで、ビックリしましたが、ポジティブな姿勢をぜひ応援したくなりました。

続いては、English Table Topicsセッションです。TTマスターはK島さんです。梅雨の季節にぴったりのお題でした。

“Do you like rain? Why?”

“How to enjoy rainy day?”

“If you can use a magical power to make rain, when do you use?”

“Do you have anything you want to after six months in this year?”

でした。なんと、6月生まれのメンバーが偶然にも指名されました。雨には特別なつながりを感じるそうです。雨だけど、レインブーツや傘を買う楽しみができると、気分が良くなりますね。

続いては、Evaluation Sessionです。

H田さんのスピーチにはK戸さん、W松さんのスピーチにはH田さんが論評されました。お二人とも的確で素晴らしい論評でした。

短い休憩をはさみ、日本語の部が始まりました。

*こちらについては、後ほど更新いたします。


最後にK賀さんから総合論評が行われました。また、文法係&えーとカウンターのK寺さんから、スピーチ中にあった不要な言葉の使用回数、良かったフレーズについて、厳しくも愛のある報告がありました。

本日のベスト賞は、English TTはE藤さん、日本語TTは、3人同票でY田さん、S木さん、I岡さん、論評はE藤さん、スピーチはI山さんでした。皆さんおめでとうございます!





ランチは会場近くのカレー屋さんに行きました。Bセットより安いAセットの方がカレーの量が多いような…。Bセットは二種類のカレーが食べられます!例会の感想やスピーチの裏話やもっと詳しい話について話しました。

次回もお楽しみに!

179回通常例会(2018-05-27)

2018/06/23 4:24 に Yokohama Ocean TMC が投稿


178回通常例会(2018-05-20)

2018/05/27 3:24 に Yokohama Ocean TMC が投稿   [ 2018/05/27 3:33 に更新しました ]

520日、第178回通常例会が開かれました。会員の皆さんは2~3役割ご担当で楽しい中にも緊張感がある例会です。

 

まずは英語の部から。

今年からPathwaysが始まり、1回目は自己紹介があるのですが、改めて会員の皆さんの自己紹介を聞けて新しい気づきがあります。

本日の英語の部のスピーチはE藤さん。自己紹介では初めてトーストマスターズを知ったきっかけから、初めて参加した例会の話をしていただきました。なんと初めて参加したのは本場アメリカだったそう。とても緊張されたという事でその緊張感が伝わってくる臨場感のあるスピーチでした。

 

E藤さんのスピーチ論評はS井さん。Pathways論評は横浜オーシャンの中で12を争うご経験者!適切なアドバイスとともにご丁寧な論評をしていただきました。

 

テーブルトピックスマスターはI岡さん。

もしも~だったらどうしますか?シリーズで会員の皆さんにちょっと難しいお題を出して頂きました。

 

日本語の部のスピーチは2本立て。

CCを終えるK寺さん。ニヤニヤというキャッチなタイトルの中に笑いと示唆を含む素晴らしいスピーチでした。10回のスピーチ達成おめでとうございます!

AC#2楽しませるスピーチをしてくれたのはM上さん。ご自身の得意分野に関連した学びの多い、かつずっと聴衆をひきつけ続ける飽きのこない素晴らしいスピーチでした。

 

テーブルトピックスマスターはH田さん。母の日にちなんだ質問で、シンプルな質問なのに会員の即興スピーチは驚きの連続!いつも聞けない話を引き出していただきました。

 

日本語スピーチの論評者はK戸さんとI岡さん。トーストマスター歴があるお二人の論評は聞いている方も勉強になります。

 

ではではお楽しみの本日の結果は、、

ベストスピーカー:K寺さん

ベストテーブルトピック(日本語):本日のゲストY村さん

ベストテーブルトピック(英語):H田さん

ベスト論評:K戸さん


176回通常例会(2018-04-08)

2018/04/07 22:09 に Yokohama Ocean TMC が投稿

1回目の例会は前半が英語,後半が日本語となります。会長K賀さんがOpening in Englishで春らしく入社式に関することに触れ,軽やかにスタートを切ります☆

 

今日のTMOMKB寺さん。中堅メンバーとしてクラブをリードしてくれる頼れるメンバーです。タイムマネジメントも仕切りもきっちりやってくれて,さすがです!!

 


TimerVote CounterGrammarian & Ah CounterRecord Keeperは,それぞれ,K戸さん,S井さん,Y崎さん及び私が担当します。魅力的な例会運営にはヘルパーが必須です。皆さん,きっちり役割をこなしてくれました。ありがとうございます。

 

Word of the morningは英語も日本語もY崎さん,小ネタを加えつつ「upbeat」「楽天的」を紹介してくれました。多くの方が「upbeat」「楽天的」を積極的に盛り込んでいました☆けっこう難しいんですよね,何を話すかを考えながら,さらにword of the morningの単語を盛り込むのって。でもこれが練習です☆

 

今日のEnglish Speeches2本,I岡さんとK賀の2名です。2人ともPathwaysプログラムのIcebreakerに挑戦。

Pathwaysプログラムは取っ付きにくいと思われている人がいるかもしれませんが,案ずるより産むがやすし!!まずはやってみることが大事☆すでにAdvance speakerのお2人,個人的なエピソードやユーモアを存分に盛り込み,自己紹介として記憶に残るすばらしいスピーチでした。K賀さんはIcebreakerとかけた(?)Freezerをネタとして使っていて,さすが会長です。

 

Table TopicsK戸さん。流暢な英語で,新しい期の始めに相応しいgood meetingnew challengeplan for the Golden week holidaysにちなんだ質問を次々と投げていきます。それに対して,Y崎さん,E藤さん,W辺さん,S木さんも,きっちりスピーチとして価値のある回答をしていきます。

 

I岡さんスピーチへの論評は私です。論評も英語となると,さらに難しい…。Pathways Icebreakerのクライテリアを含め,なんとか英語で論評しました。

K賀さんスピーチへの論評はS井さんです。S井さんの論評はいつもロジカルで,伝え方も柔らかでユーモアもあり,改善点もクリアで,非常に役立つものですね。

 

後半は日本語です。英語と比べると母国語の日本語は精神的にやはり楽です(笑)。。

 

準備スピーチ。W邉さんのスピーチタイトルは「笑」。「笑」について,リサーチに基づいき,分類分け,生み出す法則,笑顔の作り方,を説明してくれました。

ご自分では「笑」をスピーチに盛り込むのが苦手とおっしゃっていましたが,パブリックスピーチに適したユーモアがきっちり盛り込まれています。さすがです。

 

テーブルトピックスはS木さん。英語スピーチが1本で,通常よりテーブルトピックスに多くの時間を費やすことができました。S木さんは奥様と仲良しで,最近ご旅行に行かれた「出雲」にちなんだ,質問を投げてくれました。私,K戸さん,S井さん,E藤さん,ゲストのN瀬さん,W辺さん,皆さん時間を十分に使ってスピーチを返します。

 

総合論評はE藤さん。落ち着いた雰囲気で,例会全体をきっちり論評してくれました。指摘もそのとおりと納得するものばかり!!

受賞者発表☆こちらの方が今回は受賞されました!!

 

ということで,今回もあっという間の2時間でした。次回の例会も楽しんで勉強していきましょう!また2週間後に!

175回通常例会(2018-03-25)

2018/03/25 5:05 に Yokohama Ocean TMC が投稿   [ 2018/04/07 22:17 に更新しました ]

175回の通常例会が開催されました。


トーストマスターは我らが会長、K賀さん。

当日は急なお休みで、予定変更が重なったにもかかわらず、特に慌てることもなく、例会を進行します。

T信さんの入会式は、急遽予定を変更して例会前でなく、例会後になりましたが、もちろん、めでたく入会されましたよ!

T信さん、おめでとうございます!!


前半は日本語スピーチで、今日の言葉は、「出会い」です。

1番目の準備スピーチはY崎さん。

認知行動療法を題材としたスピーチでしたが、ユーモアを交え分かりやすい説明で、大変勉強になりました。

2番目の準備スピーチは若Mさん。説得力のあるスピーチ、という課題、に見事にこたえ、身体を壊してまでやるな、というメッセージを形式ばらずご自分の言葉で力強く訴え、お見事の一言です。

お二人のスピーチ内容は、いずれも次の期に備えるのに大変役に立つものでした。


テーブルトピックスは神Bさん。桜にまつわるうんちくや、小道具も用意されており、ここまできちんと準備されていることに、頭が下がります。

論評は、1番目が世界を狙っている(に違いない)青Yさん。論評もスピーチ、ということを思い出させる、掴みの良さ、メッセージの明確さでした。

2番目はS井さん。分析的で丁寧な論評でした。


後半は英語の部。
今日の言葉の担当の方が急なお休みのため日本語と意味的に同じ「encounter」

1番目のA元さんは、名は体を表す、ということが実際生じているという興味深い結果を踏まえ、横浜オーシャンも海のような、という内容で、面白く聞かせて頂きました。

2番目のy田さんはパスウェイのレベル1を実践。ご自身がポジディブであり続けることで、どのような得るものがあったか、スピーチされていました。

さすが30年のキャリアは説得力が違います。

テーブルトピックスはK賀さんが、数日前に同窓会だったことを踏まえた出題で、女子高の印象は?とか独立性を自信はどうやったら手にいれられるか?等面白いお題でした。


日本語ベストテーブルトピックス賞とベスト論評賞のダブル受賞はI岡さん、英語ベストテーブルトピックス賞はS井さん、ベストスピーカー賞はY田さんでした。


1-10 of 193