189回通常例会(2018-10-28)

2018/11/03 6:47 に Yokohama Ocean TMC が投稿   [ 2018/11/03 6:50 に更新しました ]

 本日の例会は記念すべきハロウィン例会でした。そしてハロウィン例会のTMOMは、
当クラブが誇るMRハロウィンのS木さん。インドの衣装にサングラスを装着して
登場してくれました。S木さんは仕切り力もアドリブ力もあり完璧な司会をし,、
例会を盛り上げてくれました。
見学者はノントーストも含む3人が参加してくれました。

 前半は日本語の部。
S木さんによる朝の言葉「1番の~」。比較的使いやすいフレーズだったのですが、
皆さんあまり使用できませんでした。

 日本語の準備スピーチは一人で、W辺さん。Pathwaysレベル1#2 のスピーチ。
当クラブが誇るベストスピーカーの彼女らしく非常に練られたスピーチをしてくださいました。
 次の準備スピーチは、スペシャルセッションでワールドチャンピオンのスピーチを
見ようということで、スクリーンで世界チャンピオンのスピーチをみんなで見ました。
日本語のテーブルトピックスはR花さん。初めは少し緊張しているように見えましたが、
お題を出すにつれてどんどん饒舌になっていました。お題も「ハロウィン」という
シーズンにぴったりでした。
論評の部では、I岡さんがベテランらしく高度な論評をしてくれました。

 後半は英語の部。
W辺さんによる、word of the morningは「happy or glad」でした。使いやすいワードかつ
使うたびに前向きな気持ちになれる素敵な言葉でした。

 英語の準備スピーチは、K戸さんのみでACマニュアルのhumorously speaking#3でした。
開始時、プロジェクターが作動しないトラブルがありました。その時司会のS木さんと
会長のW辺さんがこの数分をウンチクを披露して繋いでくれました。
このアドリブ力こそがトーストマスターズの真骨頂ですね。
K戸さんのスピーチは無事プロジェクターも使用できて、
目的通りユーモアも交えおもしろいスピーチでした。
英語のテーブルトピックスはK保寺さん。こちらもこの日が「横浜マラソン」ということで
マラソンに関する話題を提供してくれました。

 論評の部。当クラブが誇る伝説の会員H田さんによる、心が震える論評でした。
まるでH田さんのスピーチを聞いているようで迫力が凄かったです。
次に、前半にみんなで聴いた世界チャンピオンのスピーチについてディスカッションしました。
各々違う視点で見ていて、真似てみたい箇所や衝撃を受けたシーンを語り合いました。

スピーカーや論評のレベルが高く、1年に1度のハロウィン例会らしく非常に盛り上がった充実した会でした。



188回通常例会(2018-10-14)

2018/10/20 5:24 に Yokohama Ocean TMC が投稿

2018年10月14日、横浜オーシャン第188回通常例会が開かれました。
例会は、いつも元気が満ち溢れているH田さんのオープニングで始まりました!!

 まずは英語の部から。
1番目のスピーカーはE籐さん。
退職された人の話から始まり、会社を辞めるサポートをする企業の紹介、
そして今後日本が直面する労働人口の減少をどうしていくかと多岐に及ぶスピーチをしてくださいました。
会社を辞めるサポートをするサービスがあるのですね。。

テーブルトピックマスターはI岡さん。
時事ネタを入れてくださり、いつもとは違う質問で頭を使いました。
消費税10%前に買いたいものは?米中の貿易戦争はどちらに軍配が上がると思う?などなど。。

続いて日本語の部
1番目のスピーカーはS井さん。
音と集中力の関係を多くの大学のリサーチ結果をもとに発表していただきました。
無音は集中力を上げないそうです。S井さんのスピーチはいつも示唆に富んだ内容で
聞くたびに新しい刺激を受けます。

2番目のスピーカーはS木さん。
静かなリーダーシップがあるということ、またその養い方についてスピーチを
してくださいました。静かなリーダーシップとはことを荒立てずに物事を進める
ことを指していて、それには自制心、謙遜、粘り強さが必要だとのことでした。

テーブルトピックマスターはK賀さん。
すっかり寒くなり、日も短くなってきたということで秋にちなんだお題でした。
10月14日は何の日かという質問で、答えはディズニーのぷーさんの日だそう。
そこでゲストにディスニー好きかを確認し、質問を振るという柔軟なトピックマスターっぷりでした。

表彰結果は…
ベストスピーカー:S木さん
ベスト論評:Y崎さん
ベストテーブルトピック(英語):S木さん
ベストテーブルトピック(日本語):なんとゲストの方でした!

次回の例会はハロウィン例会です!
皆さんどんなコスチュームでいらっしゃるのでしょうか♪

187回通常例会(2018-09-23)

2018/10/04 0:14 に Yokohama Ocean TMC が投稿

 2018年9月23日、第187回横浜オーシャントーストマスターズクラブ例会が開催されました。
連休の中日という事もあり、いつもより少ない参加人数となりましたが、他クラブからのゲスト2名にも
参加頂き、当クラブの元気印A山さんによるオープニング&トーストマスター(TMOM)にて、
活気あふれる教育セッションがスタートしました。 

 前半は『日本語の部』からです。『今朝の言葉』はM本さんからで「マインドセット」です。
職場の上司からのアドバイスで印象に残っている言葉との事で、自身を成長させていく
概念として心に留めているというエピソードを共有頂きました。

 『準備スピーチ』の一人目はRさんで、タイトルは「将来の夢」です。
トーストマスターとして初のアイスブレーカースピーチでしたが、
日本で会社を経営したいという夢に向かって、様々な困難があっても乗り越えていきたい
という熱い思いを伝えて頂きました。聴衆を鼓舞する素晴らしいスピーチでした。

 二人目のスピーカーはTMOMのA山さんで、タイトルは「シュウヘイ」です。
ご自身の名前を読みを間違えられるケースが良くあるため、敢えて周知したいという
思いで名前をタイトルにしたとの事。ご自身の名前にまつわるエピソードなど、
A山さんならではの笑いがいっぱいの楽しいスピーチでした。

 『テーブルトピックス』ではゲストのS村さんより、「もし1年間休んでいいと言われたら
何をしますか?」「あなたにとって”面白い”とは何ですか?」「トーストマスターズが
潰れてしまったらどうやって再建しますか?」「今から社会人1年目を迎えるとしたら
どうなりたいですか?」「あなたにとって、この世界に”愛”がありますか?」
「今日のお昼、何が食べたいですか?」というお題が出されました。
S村さんらしい意表を突く質問は会場を大いに盛り上げました。

 『論評の部』では、Rさんに対してW松さん、A山さんに対してはS木さんが
論評を行いました。お二人ともスピーチの内容やスピーカーのスキルを的確に捉え、
良いところをさらに伸ばしていくためのアドバイスやより改善できる点を具体的に
フィードバックされ、効果的な論評をされていました。

 休憩をはさみ、次は『English Session』です。
『Word of the morning』はゲストのA井さんからで、「Persevere」(目的を貫く、やり抜く)です。
人生の成功に繋がる素晴らしい言葉が紹介されました。
今回は英語の『Prepared Speech』がないため、『Table Topics』を2セッション行う
スペシャル企画となりました。初めのセッションでは、Y崎さんより、トーストマスターズに
関わるトピックスとして「How to create your speech?」「How to overcome nervousness?」
「What point do you like about your Toastmasters Club?」「Please give your evaluation to our Club」
といったお題が出されました。また、最後には、日本語テーブルトピックスで出たお題
「What do you want to eat at lunch today?」が再度出されて、参加者の今日のランチへの
楽しみがふくらみました。
 次のセッションはゲストのA井さんより、「What dose “Ocean”remind you of?」
「What is your favorite sport?」「What is your favorite colour?」「Is there “Love” in your world?」
というお題が出され、当てられたメンバーは皆、思い思いに自分の考えや好みをスピーチしました。
メンバーの事をより深く知るよい機会になりました。

 『General Evaluation』では、文法係のW松さんにより、各スピーカーの言葉遣いや文法上で
改善すべき点についての的確なアドバイスがありました。残念ながら、今朝の言葉や
Word of the morningを使えたスピーカーがほとんどいなかったので、今後の意識強化が必要です。

 そして最後に受賞者の発表です。本日のベスト賞は、日本語テーブルトピックスはA井さん、
英語テーブルトピックスはW松さんとS村さん、論評者はS木さん、そして栄えあるベスト準備
スピーカーはRさんでした。皆さん、おめでとうございます!



186回通常例会(2018-09-9)

2018/09/17 5:44 に Yokohama Ocean TMC が投稿   [ 2018/09/17 5:48 に更新しました ]

本日のTMOMは、当クラブ会長のW辺さんでした。さすが会長といった感じの仕切りと司会ぶりでした。要所要所的確なコメントをされていて勉強になりました。

 例会が始まる前、急遽参加できない方がいて役割が空いてしまうトラブルがありましたが、オーシャンのチームワークの良さが出てあっという間に役割も埋まりました。

率先して助け合うボランティア精神は見習いたいですね。

 ★前半は英語の部。

S木さんによる今朝の言葉「Let`s get back on track」。少し難しかったこともあり、皆さん使用することができませんでした。素敵なワードだったので多くのTMに使ってほしかったです(私はもちろん使うことができなかったです!)。

英語の準備スピーチは一人で、R花さん。Pathways スピーチ。当クラブ最年少の彼女のスピーチ。若いのに堂々とされていて、構成もしっかりされていました。

テーブルトピックスは朝の言葉と同じS木さん。急遽代行でテーブルトピックスマスターをやってくれました。    スピーカーが1人だったため、6題もお題を出してくれました。

僕もお題(シカゴについて何か話してください)を当てられました。何も浮かばず適当な言葉を発していましたが、メンバーが笑ってくれたり盛り上げてくれました。このチームワークが横浜オーシャンだと改めて感じました。

続いては、K賀さんによるR花さんのスピーチ論評。K賀さんの論評は毎回的確でしかもわかりやすい。彼女の優しい人柄が表れている素敵なスピーチでした。

 

後半は日本語の部。

朝の言葉はK戸さんより「快適な」。比較的使いやすいフレーズだったのですが、数人しか使用できませんでした。

日本語スピーチも英語と同じで1名でした。M上さんによる、ACマニュアル#3販売訓練スピーチ。僕が今まで聞いたどのスピーチよりも長かった(3119秒)です。M上さんのすごい所はこれだけ長いスピーチをしているにも関わらず、聴衆を全く飽きさせないところです。スピーチも練られていて、フリップもたくさん用意されていました。


テーブルトピックスは我がクラブカリスマのK田さん。M上さんがスピーチで使用したフリップを使用してのテーブルトピックス。この臨機応変さがカリスマと言われる所以でしょう。

M上さんのスピーチの論評はW松さん。論評のお手本になるようなレベルの高い論評でした。いつかこのような論評をやってみたいです。

各ベスト受賞者は以下の通りです。

 楽しい例会をありがとうございました!

184回通常例会(2018-08-5)

2018/08/18 22:16 に Yokohama Ocean TMC が投稿

通常であれば横浜オーシャンTMCの例会は第二・第四日曜日の午前中開催ですが、今回は第二日曜がお盆休みと重複するため、臨時に第一日曜に例会が開催されました。(当クラブでは盆暮れに時々このような時があります)その為、いつもより参加人数が少なめの会でした。

 今日の司会は前期会長であったK賀さんの進行で進みます。本日は、英語→日本語の順で例会が進行する会です。

最初に本日のWord of MorningK寺さんから「cozy」と発表されました。何だか某ケーキ店を思い出さずにはいられない言葉です。続いての準備スピーチはH井さんによる英語スピーチから始まりました。「egg」という比較的シンプルなスピーチタイトルで、ある卵農家さんのV字回復劇を取り上げておられました。上手な描写がされたスピーチでしたので、もしこの農家が上場企業だったらこのスピーチを聞いて株を買いに行っていたかもしれません()

 

続いて英語テーブルトピックのコーナーです。本日の英語の部テーブルトピックマスターはE藤さんです。質問は時節柄、夏に関する質問でWhat is typical symbol of summer? What is your summer vacation plan in this year? What was most memorable summer experience? What makes recent unusual climate change? というお題に対し、指名された方は各々回答スピーチをされました。

 

後半の日本語の部に入り、まず今日の言葉をH井さんから「うまずたゆまず」と発表されました。聞きなれない言葉でしたが一生懸命と同義語ということで何かの時役立ちそうなボキャブラリーが1つ増えました。

 

続いて日本語の準備スピーチコーナーではY崎さんによる「ペイフォワードが世界を変える」という題のスピーチでした。ペイフォワードも聞きなれない言葉でしたが、これも恩送りと同義語で人に親切にすると自分に後で帰ってくるというお話でした。言い方を変えるだけ違うように話が聞こえるのが日本語表現の面白いところだと思いました。2番目の日本語準備スピーチはK寺さんによる「夏の教訓から学んだもの」という、趣味のカメラが故障したときのエピソードをお話頂きました。カメラを分解するとどうなるか、というご本人の体験談からのお話でこのスピーチも興味深かったです。

 

その後、日本語のテーブルトピックのコーナーがトピックマスターのS木さんの進行で始まります。最近行って面白かったイベントは? あなたの最近のマイブームは? 巨大な〇〇といったら何? 今日は何の日? あなたの許せない〇〇は何?という簡単そうな質問とやや捻った問題がありましたが、指名された方々は適切にスピーチを行われました。

 

論評のコーナーではY崎さんのスピーチに対してH田さんが、K寺さんのスピーチに対してK賀さんがそれぞれ良かった点と改善点をわかりやすくコンパクトにまとめて論評されていました。

 

その後、I岡から総合論評として全体の例会進行と3人の論評スピーカーへのアドバイスを簡単にさせて頂き、またえーとカウンターとして、本人が無意識につかってしまう不必要なことば(Ah- , Uh- 、えー、あのー、そのー)を使ってしまった回数を報告させて頂きました。(これらの言葉を意識して言わないようにするのもスピーチ上達のコツです)

 

最後に、本日の表彰コーナーとなり、英語テーブルトピックでClimate Change Factorという難しい質問をそつなくこなしたS木さん、日本語テーブルトピックではゲスト参加ながら子どもさんのキャンプファイヤーの話をされたM本さんと飲みニケーションは世界をつなぐ、という即興スピーチをしたI岡が同率、ベスト論評賞は準備スピーカーの改善点をボディランゲージを交えてわかりやすくスピーチされたH田さん、ベストスピーカーはペイフォワードの意義をうまくスピーチされたY崎さんが、それぞれ受賞されました。おめでとうございます!

 

横浜オーシャントーストマスターズクラブではこのようにどなたでも参加しやすいアットホームなクラブです。平日は仕事で忙しいけど、英語も日本語も両方スピーチ力を身に着けたいなと思われましたら、お気軽に見学しに来てください!

183回通常例会(2018-07-22)

2018/07/28 18:11 に Yokohama Ocean TMC が投稿

7月からの新会長W邊さんによるはつらつとしたオープニングに続き、今朝のトーストマスター(TMOMW松さんによる教育セッションがスタートしました。ベテラン格のW松さんによる抜群のリーダーシップと安定感、そして随所における鋭いコメントで、参加者は安心感を抱きつつ適度の緊張感をもって例会に臨みました。参加人数がいつもより若干少なかったものの、初めて参加頂くゲストが2名お越しになり、いつものように活気溢れる盛り上がった例会になりました。

 

前半は『日本語の部』からスタートです。『今朝の言葉』はA山さんからで「夢中」です。例会に夢中になりましょう、というとても前向きで斬新なA山さんらしい言葉でした。

Prepared Speech』の一人目はI山さんです。「もし私が〇〇したら」というタイトルで、もし選挙に立候補したらどんなスピーチをするのか、エレベータースピーチ並みの短い時間で自分の魅力を最大限に伝えるというコンセプトで、いつもながらの堂々したスピーチを披露して頂きました。

二人目のスピーカーはY崎さん。「根拠なき自信が世界を変える」というタイトルで、自分の強味をもっと意識して伸ばしていく事で、自己肯定感を得て人生の成功につながる、という、学びの多いスピーチでした。

『テーブルトピックス』ではK賀さんより、「暑さをしのぐ工夫を教えてください」「怒りをぶつけたい時にどうしていますか?」「人の記憶を変えたいと思う時はどうしますか?」「これ私よ、みたいな象徴的なものはありますか?」といったお題が出されました。後半になるにつれて質問の難易度が上がりましたが、質問が当たった皆さんはそれぞれ素晴らしい即興スピーチをされていました。

『論評の部』では、I山さんに対してA山さん、Y崎さんに対してはS木さんが論評を行いました。お二人ともスピーチの良い点、そしてより改善できる点を具体的にフィードバックされ、効果的な論評をされていました。

 

休憩をはさみ、次は『English Session』です。

Word of the morning』はRさんからで、タイ洞窟に閉じ込められたサッカー少年達が9日間耐えた後に全員救出されたニュースがとても印象的であったため、「Persistence」という言葉を意識して使ってみよう、という、とてもタイムリーな提案でした。

Prepared Speech』の1人目はK寺さんです。タイトルは「Love Ice Break」で、スピーチのプロジェクトのアイスプレーカー(Ice breaker)を、K寺さんが大好きな夏の風物詩であるかき氷が崩れる様子にかけて、かき氷の詳細についての夏らしい話題で会場を盛り上げてくれました。

二人目のスピーカーはH田さんで、タイトルは「Mother Come Back」。お母様への思いを情緒豊かに語って観衆を引き付ける、いつもながらの素晴らしいスピーチでした。

 

Table Topics』では、S木さんより「Secret」をテーマとし、「What is your secret restaurant you don't want to share?」「What is your secret exciting sightseeing spot?」「What are your secret hobbies?」のお題が出されました。秘密にしたいのに教えてください、という投げかけが面白かったです。

 

Evaluation Session』では、K寺さんに対してK賀さん、H田さんに対してはI岡さんが論評を行いました。2人ともスピーカーの素晴らしかった点、そして今後もっと改善できる点を具体的にフィードバックされていました。

 

そして最後に受賞者の発表です。本日のベスト賞は、日本語テーブルトピックスはI岡さん、英語テーブルトピックスはRさん、論評者はS木さん、そして栄えあるベスト準備スピーカーはH田さんでした。皆さん、おめでとうございます!

 

 

 

 

 

182回通常例会(2018-07-8)

2018/07/23 6:47 に Yokohama Ocean TMC が投稿

本日の例会から、新役員体制でスタートしました!

まず初めに会長と会員担当副会長の就任式を、エリア52ディレクターのSさんにおごそかに行っていただいた後に、事前にわりあてられた今日の役割をそれぞれの担当が紹介。

 トーストマスターズの魅力は、きれいなプレゼン、スピーチができるようになること。 

スピーチの中の「えーっと」などの不要な言葉の数をカウントしてくれる係があるので、自分が普段どれくらい「えーっと」を話しているかがわかります。

 さらに、体系的に組み立てられた、段階に応じたスピーチのプロジェクトを達成していく、というやりがいがあること、です。

 最初の英語スピーチはWさんによる、ローカルフードをテーマに、様々な声やトーンを使ったスピーチ、2番目の英語スピーチはYさんによる、自分の「リーダーシップスタイル」についてのスピーチ。                  

 後半の日本語の部は、I岡さんによる、同じテーマでの2回目のスピーチ。同じ内容でもタイトルをキャッチ―にすることでだいぶ印象が変わることがわかりました。 最後に表彰があるので、みんな真剣です。

スピーチは、するだけでなくそのフィードバック(論評)もちゃんと受けることができます。

英語も日本語もよい点、改善点に加え、スピーカーの個性を引き出すコメントが深みを与えていました。


そして、トーストマスターズの醍醐味は、なんといっても「テーブルトピックス」。

あてられるかもしれないというドキドキ感がありますが、職場の会議の場など、とっさの質問に即興で答えられるスキルが身につきます

本日のお題も、「リーダーシップ」にちなんだもの。そのテーマにふさわしいメンバーが選ばれ、答えました。


このように、トーストマスターズで身に着けられることはたくさんあり、同じ目的に向かって頑張る仲間との交流も楽しめます。

 横浜オーシャントーストマスターズクラブは、日曜の午前中を有効に過ごしたい方におすすめです。1日に日本語と英語の両方を学べて、一挙両得です。

 少しでも興味を持たれた方は、ぜひ例会の様子を見にいらしてください。

横浜オーシャントーストマスターズクラブは、若手メンバーが多く、フレンドリーでアットホームな雰囲気です。 

★ご見学のご連絡はこちらまで


181回通常例会(2018-06-24)

2018/07/23 5:49 に Yokohama Ocean TMC が投稿


180回通常例会(2018-06-10)

2018/06/23 4:28 に Yokohama Ocean TMC が投稿

2018年6月10日、第180回通常例会が開催されました。

本日はI岡さんがTMOMでした。

まず初めに、K寺さんからword of the morning“rain or shine”の発表がありました。梅雨のこの時期の雰囲気も交えつつも、何でもやるぞ!というポジティブな言葉でした。

さて、『Prepared speech』の一人目はH田さんです。Pathways level 1 “Ice Breaker”のプロジェクトで「Being Fresh」というタイトルでした。Ice Breakerは入会した方が最初に行うスピーチですが、Pathways移行の機会に改めてスピーチを聞くと、新たな一面を知ることができ、とても新鮮です。まず、スピーチ前にスタイルの良さに目がいってしまいました。着物を着るときのお話でした。スピーチは洋服の装いでしたが、扇子を使われ、立ち姿に扇子が合わさることによって雰囲気が出ており、とても美しかったです。

『Prepared speech』の二人目はW松さんです。Pathways Level 1“Evaluation and Feedback”のプロジェクトで、「Wakamatsu Colony」というタイトルでした。お仕事での急な出来事についてのスピーチで、ビックリしましたが、ポジティブな姿勢をぜひ応援したくなりました。

続いては、English Table Topicsセッションです。TTマスターはK島さんです。梅雨の季節にぴったりのお題でした。

“Do you like rain? Why?”

“How to enjoy rainy day?”

“If you can use a magical power to make rain, when do you use?”

“Do you have anything you want to after six months in this year?”

でした。なんと、6月生まれのメンバーが偶然にも指名されました。雨には特別なつながりを感じるそうです。雨だけど、レインブーツや傘を買う楽しみができると、気分が良くなりますね。

続いては、Evaluation Sessionです。

H田さんのスピーチにはK戸さん、W松さんのスピーチにはH田さんが論評されました。お二人とも的確で素晴らしい論評でした。

短い休憩をはさみ、日本語の部が始まりました。

*こちらについては、後ほど更新いたします。


最後にK賀さんから総合論評が行われました。また、文法係&えーとカウンターのK寺さんから、スピーチ中にあった不要な言葉の使用回数、良かったフレーズについて、厳しくも愛のある報告がありました。

本日のベスト賞は、English TTはE藤さん、日本語TTは、3人同票でY田さん、S木さん、I岡さん、論評はE藤さん、スピーチはI山さんでした。皆さんおめでとうございます!





ランチは会場近くのカレー屋さんに行きました。Bセットより安いAセットの方がカレーの量が多いような…。Bセットは二種類のカレーが食べられます!例会の感想やスピーチの裏話やもっと詳しい話について話しました。

次回もお楽しみに!

179回通常例会(2018-05-27)

2018/06/23 4:24 に Yokohama Ocean TMC が投稿


1-10 of 196