訃報:松山隆司教授

京都大学大学院情報学研究科 松山隆司教授におかれましては、12月12日未明に心疾患により急逝されました。謹んでお知らせいたします。本サイトにてご案内しておりました最終講義については取りやめとなりましたことお許しください。




退職記念行事のご案内

松山隆司教授におかれましては、来る平成29年3月31日付けで定年を迎えられることになりました。つきましては下記の通り、先生の最終講義ならびに記念行事を開催することとなりました。

【松山隆司教授 最終講義】

日時
平成29年1月18日(水)午後3時30分~午後5時30分
場所
京都大学吉田キャンパス電気総合館1階大講義室 (構内図建物番号67)
題目
「コトの科学」の創成を目指して~分散協調型システム構成論からのアプローチ~
要旨
この40年に渡って研究して来ました、ザリガニの逃避行動に関わる神経群の発火タイミング解析、複雑な航空写真を対象とした画像理解システム、動的に変化する実世界環境理解のための分散協調視覚システム、実写かつ背面も含めた完全な人物動作の3次元映像を撮影する3次元ビデオ、マルチモーダル非言語対話機能を備えた人間と共生する情報システム、そして多数の分散電源・負荷のリアルタイム協調制御によって革新的な電力システムの構築を目指すエネルギーの情報化に関する研究を、分散協調型システム構成論の立場から総括しつつ、一見すると気まぐれにも見えるこれら研究課題推進の原動力であり、新たな科学の開拓という、未来に向けたチャレンジとして取り組んでいる「コトの科学」に関する考察を紹介させて頂きます。
主催
京都大学大学院情報学研究科知能情報学専攻
連絡先
川嶋宏彰 准教授、延原章平 講師 Email: 2...@...kyoto-u.ac.jp

※講義終了後に,百周年時計台記念館国際交流ホールIIIにて懇談会(軽食,無料)を予定しています.


【松山隆司教授 退職記念シンポジウムおよびパーティ】

日時
平成29年5月20日(土)午後
場所
ウェスティン都ホテル京都

にて開催予定です。詳細が決まりましたら改めて本ページにてご案内申し上げますお問い合わせは最終講義と同じ連絡先までお願い致します