Research

生物測定学研究室では、生物測定学及びバイオインフォマティクスの分野について、幅広く学んでいます。扱うデータや手法は多岐に渡るため、当研究室の研究テーマも人それぞれです。

ここでは、岸野洋久 教授を始め、岩田洋佳 准教授、大森宏 助教の研究テーマの概要をご紹介させて頂きます。より詳しい研究内容につきましては、各教員のHPのリンクを貼っておりますので、是非ご覧ください。

また、その他のメンバーの研究テーマについても、別ページにて一覧を掲載いたします。


岸野 洋久 (教授)

タンパク質の構造と相互作用、遺伝子発現ネットワークの変化を描写して適応とコストを評価します。



http://lbm.ab.a.u-tokyo.ac.jp/~kishino/index.html


岩田 洋佳 (准教授)
今後の世界的人口増を支えるには、作物の遺伝的改良や栽培技術の向上により、生産性を加速度的に向上させなければなりません。このような問題に立ち向かうべく、ゲノム、遺伝子発現、栽培環境データ、画像データなど、作物に関する多量で大量な情報から、農学生産性の向上のための「知」を引き出す手法研究や実証研究を行っています。


大森 宏 (助教)
みんなの感性や嗜好はどのようなものなのか。個々人の感性や嗜好を集合知でまとめる研究をやっています。情報技術の進展で、今まではコストがかかったり不可能だった統計調査が簡単にできるようになりました。人間の感性や嗜好の共通性と個別性を明らかにしたいと思っています。
http://lbm.ab.a.u-tokyo.ac.jp/~omori/index.html