Achievements

受賞

2015年
日本育種学会優秀発表賞
青池亨ら 遺伝子ベース作物モデルで未知環境における後代集団の出穂を予測する. 日本育種学会第128回講演会, 新潟大

日本育種学会論文賞
Yabe S, Hara T, Ueno M, Enoki H, Kimura T, Nishimura S, Yasui Y, Ohsawa R, Iwata H (2015) Rapid genotyping with DNA micro-arrays for high-density linkage mapping and QTL mapping in common buckwheat (Fagopyrum esculentum Moench). Breeding Science 64:291-299

2014年
日本育種学会優秀発表賞
南川舞ら ニホンナシ複数F1集団を用いた果実形質のゲノミックセレクションモデルの構築. 日本育種学会第126回講演会, 南九州大

日本育種学会論文賞
Iwata H, Hayashi T, Terakami S, Takada N, Sawamura Y, Yamamoto T (2013) Potential assessment of genome-wide association study and genomic selection in Japanese pear Pyrus pyrifolia. Breeding Science 63:125-140

2013年
日本育種学会優秀発表賞
渡辺真哉ら ゲノムワイドモデルおよびQTLモデルを用いたイネ戻し交雑近交系の開花フェノロジー予測.日本育種学会第123回講演会、東京農大

2012年
日本育種学会優秀発表賞
矢部志央理ら 日本イネ育種におけるゲノミックセレクションの有効性:シミュレーション研究による評価.日本育種学会第122回講演会、京産大