Home

東京大学大学院 農学生命科学研究科

生物測定学研究室



情報 ≠ 知、 ∴ 情報から知を引き出そう


 我々が観察や知覚によって生物から得られる情報は、しばしば不明瞭かつ膨大です。そのような物の持つ情報を得ても、そのままでは、その情報の生物学的意味を捉えることは、必ずしも容易ではありません。 

しかし、生物の持つ不明瞭で膨大な情報から、有用な情報を見つけ出すことによって、 それに基づ新たな知見や解釈を得ることができます。生物測定学(Biometry)やバイオインフォマティクス(Bioinformatics)は、そのような分野の一つとして発展してきました。 これらの分野は、膨大な生命報を解析し、生命現象についての新たな見解を与えるばかりか、観測できない情報・現象を推測・予測することを可能としました。 

 このような分野は、今や生物学や農学において必要不可欠であると言っても過言ではありまん。生物測定学研究室では、生物測定学及びバイオインフォマティクスの立場から、 統計的手法やアルゴリズムの開発・利用を通じて、多様な生命現象を表現する視点を提供しています。