TSウッドハウスから新刊図書のお知らせ


松井郁夫建築設計工房さんが新刊を出版

 

「木組」でつくる日本の家

むかしといまを未来につなぐ家づくり

財団法人・住宅保障機構の機関紙「住宅保障だより」に

2年間にわたり連載していた【「木組」でつくる日本の家】が、読みやすい単行本になりました!

 

農文協から出版されている「百の知恵双書」の一冊として

発刊しました!

再編集の労を担って頂いたのは松井の旧友、真鍋弘さん

です。真鍋さんが寄せてくれた言葉を添えました。

みなさんも書店で手にとってご覧下さい。

 

「新建材で覆い尽くされ、

30年そこそこでゴミにされてしまう
国籍不明の今どきの日本の住まい。
かつて日本の家は近くの山の木を使い、
大工が木と木を組んで丈夫な架構の

長寿命の家をつくっていた。
それが美しい町並みの景観となっていた。

古民家の骨組みはどのように合理的なのか。
開放的で耐震的な家づくりの秘密はどこにあるのか。
気候風土に根ざした長寿命の家づくりとはどんな家づくりのことか。
古民家に学んだ家をつくることが、山と職人と住まい手をつなげ、
荒れた日本の山々を再生させることにつながる。
これからの「日本の家」づくりのありかたを伝える実践の書。」


目次

第1章 「木組」が支えた日本の家

民家の木組に学ぶ/合理的な古民家の架構/開放的で耐震的な家づくり 水と火と木造住宅/豪雪地帯の町屋再生/「日本の家」を取り戻そう

第2章 「木組の家」づくりと設計者

家づくりと設計者の役割/気候風土に根ざした家/家づくりと地域景観/「こだわり」の整理学/設計者の小さなメディア

第3章 住まい手と山と職人をつなぐ

家づくりを山づくりにつなげる/ワークショップ「き」組の家づくり/木組は人組み-「木組」でつくる日本の家