第20回TOSS中学中四国セミナー in周南

日時 平成30年11月11日(日)
13:30~16:30(受付13:00~)

会場 徳山保健センター(予定)


改善!改革!特別支援教育
新しい学習指導要領に基づいて特別支援教育を改善・改革しましょう!
中学校教師が明日からやるべきことが見えてくるセミナーです
さらに幼小中連携の仕組みを使った大きな枠組みでの提案です
新学習指導要領には「学習活動を行う場合に生じる困難さに応じた指導」「指導内容や指導方法の工夫を計画的、組織的に行う。」と明記されました。この2つのポイントを教室現場でどう実践するか?特別支援教育の若きリーダー小野隆行が、学校現場で生じる困難な事例への対応策、校内研修システム、保幼小中連携の取り組みを紹介します。

講座1 実践!模擬授業講座「特別支援教育編」
    小野先生は、発達障害をもった生徒役をやっても日本一です!ぜひ、小野先生が再現する生徒の前で授業をしてみませんか?授業の腕前急上昇です!
講座2 新学習指導要領に明記された2つのポイントとは?
    「新学習指導要領を読んでは見たけど、いまひとつ何をすればよいのかわかりません。」そんな困り感を一気に解決します。明日からやるべきことが見えてきます。
講座3 発達障害をもった中学生が見せる「こまった!」場面への対応術
    発達障害に関する対応術の知識があっても、それを授業の中で実際に使うには、さらなる学びが必要です。そのポイントをわかりやすく解説します。
講座4 困っているのは生徒です!中学生に本当に必要なサポートとは?
    発達障害と思春期が重なる中学生にはどのようなサポートが必要なのでしょうか?また、自己肯定感を下げないサポートのコツとは?
講座5 中学校だけでは解決できません!今こそ幼小中の連携を!
    本当に生徒を支援するには、中学校からの対応では不十分です。小中連携、コミュニティ・スクールの力を生かした地域ぐるみの支援が必要です。
講座6 特別支援教育に関する悩みや疑問を解消します!なんでもQ&A
    「いまさら聞けない」ような内容でも、「講座で疑問に思ったこと」でも、「参加者の方が日頃困っていること」でも、何でもお答えします!