盛会に終えました 2019は3月31日午後開催予定です!
平成30年4月1日(土)午後】  教え方セミナー中高国語会場 (拡大サークル)  
 「中高国語教師~これだけはやっておきたい黄金の3時間~」
 会場   京都市下京いきいき市民活動センター(京都駅 東)
https://sites.google.com/a/toss2.com/murasakisikibu-oshiekata/home

資料代1000円(学生500 円)   当日1500
友割り実施中
【第40回例会  平成30年4月21日(土)】   
https://sites.google.com/a/toss2.com/murasakisikibu-oshiekata/home 18時00分~20時(20~21時 茶話会)
例会・セミナーに参加される場合は事前にご連絡のうえ、場所と時間をご確認くだ mwkskmt310@yahoo.co.jp
【場所】左京西部いきいき市民活動センター(京阪出町柳駅から北東へ徒歩5分) 
「ちゃんだん」という焼き肉屋さんよりは南です。養正保育所がある建物の2階です。)
【地図】http://g-kyoto.gis.pref.kyoto.lg.jp/g-kyoto/map/map.asp?dtp=644&uid=100019-2044&mps=10000044&mps=10000
【駐車場】20mほど離れたところに100円パーキングがあります。
【自転車・バイク】センターの前に駐められます。
*例会予定(毎月1回 主に土曜夜 出町柳)
【サークル紹介】   法則化高校「紫式部」っっっっm  
 「法則化中学/紫音」の子サークルです
平成27年4月に中学・高校の国語科・英語科教師を中心にスタートしたTOSSサークルです。
 毎月1回 休日の夜に下鴨神社の近くでサークル例会をしています。
 「紫式部例会」では参加者1人1人の模擬授業検討などにじっくり時間をかけることが
できています。
参加者のニーズに合わせて、授業のコンテンツ作りや教材の検討を一緒にしたり、セミナー参加報告をしたりしています。
 もちろん、国語科だけでなく、他教科の中高の先生方も来てくださいます。
大歓迎です!!!
  神奈川や兵庫、大阪、和歌山からわざわざ通ってきてくださる先生方もおられます。
 メンバーは毎回異なるのですが、いつもアットホームで暖かい空気に満ちた
癒し系サークルが「法則化高校『紫式部』」です!
 よろしければ「紫式部」サークルで、ぜひご一緒に楽しく授業作りをしてみませんか?

【今後の例会予定】
【第38回  平成30年3月31日(土)】  18時00分~20時  未定    
教え方セミナー(拡大サークル)講座準備など
平成30年4月1日(土)午後】  教え方セミナー中高国語会場 (拡大サークル)  
 「中高国語教師~これだけはやっておきたい黄金の3時間~」
 会場   京都市下京いきいき市民活動センター(京都駅 東)
資料代1000円(学生500 円)   当日1500円
2月中お申込み早期割引 500円 

==========================================
【例会報告】
【2018.3月臨時例会報告】参加者3名
1 チラシ発送準備
2 地図記号の模擬授業(茶畑や郵便局の記号の由来)
3 音読「竹取物語冒頭」
3 「月の異名」・「パロディ百人一首 」
【2018.2月例会報告】参加者3名
1話す・聞くスキルから
 「ゆきがふる」・「きりぎりすの山登り」・「なるほどじいさん」・「星とたんぽぽ」など模擬授業
2道徳の模擬授業(『道徳話100選』の追試)
長野オリンピック、テストジャンパーがいたからこそ取れた金。
3助動詞のカードのユースウェア検討
【2018.1月例会報告】 参加者6名 模擬授業7本
1短歌 ほととぎす 鳴きつる方をながむればただ有明の月ぞ残れる
2音読スキル「なるほどじいさん」
3特別支援の講座授業検討
4中学教科書 説明文「文殊の知恵の時代」
5「雪」2月の検定授業の練習
6高校教科書 評論文「ミロのビーナス」
7 センター試験対策評論文の解き方紹介
 
【12月例会報告】 参加者11名(忘年会9名) 模擬授業 10名
神奈川から蕉門俳諧の流れを継ぐ鈴木先生にご参加いただき
「俳句」の講座をしていただきました。
小学校の先生や中高教師を目指す学生さんも参加してくださり
盛会に29年を締めくくることができました。

【11月例会報告】 参加者2名
定期考査前の例会でしたが和歌山から
小学校の先生が授業検定でされる模擬授業の練習に来てくだしました。
コンテンツが美しく授業の展開も鮮やかでした。PPの作り込み方なども勉強になりました。

【10月例会報告】参加者4名 模擬授業3名
夏目漱石の「こころ」の導入の授業 授業実践報告など、いつも以上に
ディープで熱い学びの例会となりました。
こころの扱いをめぐって、これからの 国語教育に求められるものは何かなど、 国語サークルならではの会話で今回も盛り上がりました。
次回までの宿題  なぜ「こころ」と「心」の二つの表記がこの小説にはあるのだろうか?

【9月例会報告】参加者4名 模擬授業3名
和歌の修辞や歌枕を題材としての授業技量検定の練習や、
和歌の入った入試問題の指導方について検討しました。
和歌(歌枕)を専門にしている学生の見学参加もあり、

話題も和歌を中心に盛り上がりました。
【8月例会報告】 参加者22人
鹿児島、山口、高知、東京、神奈川と関西以外からも中高国語教師が集まりました。講師には溝端達也先生を迎えて仮授業検定を行い、参加者すべての模擬授業にもコメントをしていただきました。どの講座もすばらしく、盛会に終わりました。 送り火も見ることが出来ました! 

【7月例会報告】 参加者5人  「山月記」模擬授業
最後の場面について討論 「見なかった」と「見せなかった」の違いなど
【6月例会 なし】
【5月例会報告】参加者4人 『花曇りの向こう』を共通テーマに

3本の模擬授業がありました。
源氏物語「若紫」2単位の授業の展開方法について
文法 主語・主部(口語文法)
   敬意の方向が「わかる」から「できる」にする自学教材検討
一時一事の原則 PP検討
効果的な音読と黙読のさせ方について

【4月例会報告】参加者5人 『羅生門』を共通テーマに3本の模擬授業がありました。
コミュニケーションゲーム(にぎやか商店街)の体験
趣意説明の原則

【3月例会報告】 教え方セミナー前日
会場を使っての模擬授業練習をしました。神奈川からも前泊で参加いただき
有意義な時間を過ごせました。

【2月例会報告】 参加者2名
3/26教え方セミナーin京都(中高国語会場)」の
京都市教育委員会後援をいただきましたので、チラシの発送準備をしました。
さらに、模擬授業の映像を見ながら、追試を行いました。
歩き方・姿勢・発声・目線・テンポなど、教壇に立つ上で、
同じ言葉を話して授業をしていてもまったく生徒に与える印象はちがってきます。自分自身の姿を録画してみなおしながら追試をすると授業がどんどん変わります。

【1月例会報告】
京都グループワーク研究会後、6時30分から開始。
今回も他府県から国語科の先生方がご参加くださり、模擬授業を行い
検討しあいました。あっという間の2時間でした。
1係助詞「係り結びの法則」の指導方法(模擬授業)
2短歌 「寒いね」と話しかければ(俵万智) (翔和学園 伊藤先生の模擬授業の追試)
3『水の東西』の対比と共通点を「ベン図風」に描き出す。

 (シンキングツールを使った提案授業)
4「大鏡 道長、伊周の競射」音読パターンの紹介(高2授業実践報告)
5「東海の…(石川啄木) 授業技量検定の授業再現と授業準備ノート
6演習「授業の腕を上げる法則(リメイク版)」ワークシートですぐ模に挑戦
7ICT ロイロノートスクールの操作方法

【12月例会報告】
12月例会では『高校生のための国語科ディベート授業』の著者 鈴木良治先生がわざわざ神奈川からご参加くださいました。
高校国語の模擬授業だけでなく、授業技量検定に向けて、英語や算数の模擬授業練習をされる初参加の先生方もおられ、知的で熱い例会となりました。

*平成28年度例会記録(毎月1回 主に土曜夜 出町柳) 
5月28日 6月25日 7月30日 8月16日(大文字送り火例会・宿泊要相談)9月24日 10月21日 11月26日 12月24日+忘年会














自分だけに表示されているガジェットを追加するには、ログインが必要です。