6月16日(土)福井 理科セミナー

ゼロから始める理科の授業作り
―あなたの知りたいに答える「楽しい」「わかる」「力が付く」理科授業を実現するノウハウを一挙公開―


◆講師:小森栄治、谷 和樹、吉原尚寛、和田秀雄、上木朋子
◆日時:6月16日(土)13:00~16:10 (受付開始 12:45~)
◆会場:福井県教育センター 4階 「大ホール」
〒910-0005 福井県福井市大手2丁目22-28
◆資料代:お申し込みの方にお伝えいたします。
申込み フォームメーラーからhttps://goo.gl/forms/cbS6vAIKFvOa5k5l2
    メールから 吉原ugn48055@nifty.com まで


◆講座内容(予定)
13:00~14:10
講座1 「そうだ!実験をしよう」 少人数で実験・観察ができる講座
 「実験って難しいし危険だから苦手」そんなお困りの先生必見!講師と一緒に実験をして知識だけでなく技能も身につけられる講座です。ブースを回って4つの実験を実際に行っていただきます。少人数の講座だから、わからなければすぐにその場で質問ができます。講師が細かなポイントまで教えてくれます。お土産も手に入り明日からすぐに実践できる実験がそろっています。
【ブース】
A 3年 ゴムで動く車 ★
B 4年 ペットボトル空気砲 ★
C 5年 ミョウバンを上手に溶かす方法
D 6年 様々な溶液のつくり方
★作成したものを持ち帰りできます。


14:25~14:35
講座2 子どもの意欲を引き出し力をつける授業システム(和田秀雄)
 「机に突っ伏しているあの子。あくびをして退屈そうにしているあの子。意欲を引き出したいけどどうしたらよいかわからない」という方必見です!和田秀雄氏の高校では、初めはほとんどすべての子が机に突っ伏していました。しかし、和田氏の授業では全員の顔が上がり熱中し、テストでは満点が続出しました。良い教材、良いシステム、上手な対応があれば子どもの意欲を引き出すことができます。具体的な指導法を実際の授業場面と共に紹介します!

14:35~14:45
講座3 子どもに力をつけるプロ教師の「普段の授業」(吉原尚寛)
 プロの先生方による子どもに力をつける「普段の授業」を一挙公開!「1時間の授業の組み立て方」「教科書の使い方」「予想・考察のさせ方」「実験の説明のコツ」「力がつくノート指導」など、【誰でもできる】【普段の理科授業】で子どもに力をつける方法をお伝えします。明日からの授業が変わります!

14:45~14:55
講座4 忙しくても段取りよく実験をこなす!女教師ならではの仕事術(上木朋子)
「忙しくて実験の準備をしている時間なんてない!」という先生におすすめの講座です!
教師は行事や事務、他の教科の準備もあり、理科の実験の準備をする時間がとれません。そんな中でも「準備片づけが楽」「でも結果がしっかり出る」「そして学習効果が高い」方法があれば、先生も子どもも大助かり。女性教師ならではの仕事術を、具体例をもとに紹介します。そして他の場面でも応用できるよう原則を伝えます。

14:55~15:15
講座5 理科授業における「所・時・物の原則」(谷和樹)
谷和樹氏は、理科授業において「豊かな体験活動を通過させることで、子どもたちに気づかせる」ことが大切であると述べています。しかし、単に活動をさせるだけでは子どもたちに力はつきません。「教師の意図的な場所・時間・物の設計」が大切です。理科の授業でどのように「所・時・物の原則」を使いこなせばいいのか。向山洋一氏の自由試行の実践を模擬授業形式で紹介しながら詳細に解説していただきます!

休憩 15分 アンケート

15:30~16:10
講座4 簡単・きれい・感動!!10歳までのかがくあそび(小森栄治)
小森栄治氏は「学びの原動力は感動だ」と言います。小森氏のかがくあそびは簡単・きれいで年齢を問わず誰もが感動し、なおかつ子どもが「自分でもできた!」と達成感を味わえます。今回は小学校3,4年生の教材を中心に紹介します。そして、小森氏秘蔵の実験ノウハウを、全てお伝えします!



Comments