授業技量検定セミナー

第8回TOSS茨城「授業技量検定セミナー」


平成30年12月27日(木)

水戸市・茨城県民文化センター別館1F

■申し込みフォーム https://goo.gl/SQGtvc


今年も「熱い年末」がやってくる

「授業技量検定を受験する機会を作ろう!お母さん先生が、出勤形態で参加できるように平日にしよう!」というコンセプトで、2011年に始めたのが、この検定祭り。今年はついに8回目の開催となります。昨年の第7回は【55名】が受検されました。2部屋で同時開催し,多くの先生が昇級しました。次のステージへと旅立っていった方もいれば,更なる教師修業を決意された方もいました。

TOSS茨城,伝統の講座です

毎年,全国各地から検定にかける熱い思いをもって多くの先生方が参加されます。そして,講師陣も,熱い思いで検定を行っています。今年は,川原雅樹先生(兵庫),間嶋祐樹先生(秋田),千葉雄二先生(東京),桑原和彦先生(茨城)を講師にお迎えし,今までにない検定と講座を行います。もちろん検定を受けても受けなくても,一日たっぷりの学びを保証します!

今後の日程

12/27 検定祭り当日

12/26 追い込み例会②(水戸市内),前夜祭

12/20 追い込み例会開催(水戸)

12/12【特典④】検定の極意・コンテンツの作り方

12/ 6 指導案送付完了 消印有効

12/ 3 事前入金締切

11/30 指導案送付開始

11/28【特典③】検定の極意・指導案の書き方

10/30【特典②】検定の極意・本の集め方

9/26【特典①】検定の極意・テーマの決め方

関連のイベント:茨城 TOSS

Logo top2

【実施報告】

◆第7回の様子(2016/12/27実施)

第7回TOSS茨城「授業技量検定祭り」

写真

◆第7回参加者の感想(抜粋)

感想

◆第6回の様子(2016/12/27実施)

第6回TOSS茨城~「TOSS授業技量検定祭りC表D表」

講師:岡惠子、鈴木恭子、吉原尚寛、桑原和彦

◆第6回参加者の感想(抜粋)

・ 結果は、準28→準24に昇格することが出来ました。検討していただきました先生方や学生サークル員に、本当に感謝しています。講師の先生からは、特別支援的な視点からのご指摘をいただきました。細かい意見を拾ってばかりいると、誤学習をしてしまい、授業と関係ない発言を繰り返すようになる,と。また,指導案に組み込んだ国際学力調査の結果について,別の側面からの捉え方をご教示いただきました。また,使用したコンテンツにもコメントをいただき,コンテンツと板書の両方の長短所をご指摘いただきました。本当にありがとうございました。(学生)

・ 28級から27級に昇級できましたが、点数だけ見れば前回(8月)より0.5点だけの上昇で、努力が足りないと感じました。御指摘いただいた改善すべき点も、サークルで助言されていたことと重なる部分がありました。それを検定で生かせなかったのは、自分の甘さです。反省するところばかりですが、検定に挑戦できたことは本当に良かったです。これからまた努力を重ね、レベルアップして来年の検定を受けます。よろしくお願いします。(教諭)

・ 大学4年生以来3年ぶり,現職になって初めての受験でした。指導案を書く段階から,何を書いていけば良いのか分からず何度も受験を止めようと思いました。しかし,終わった今は受験して本当に良かったと感じました。講師の先生からは,授業の主張と授業最後の言葉の一致,また,生活の中でどう生かされているのかを調べることと,ご指導いただきました。「千の星」の後輩達が多く受験,そして活発に活動していることを知りとてもうれしく思います。アウェイであり,またホームでもある茨城で受験できたことが良かったです。懇親会2次会で話した次回授業のテーマ。本を読み始め,海外の論文も見つけました。やります!!本当にお世話になりました!また来年もよろしくお願いします。(教諭)

・ 初のD表受検でした。準備が足りなすぎて、一回は受検をやめようと思いましたが、思い切って挑戦して本当に良かったと思いました。桑原先生からいただいた「教態」についてのコメントが自分にとっては衝撃的でした。自分の中では教態とは、声や態度のことだけでしたが、靴やネクタイピンまでこだわるとは…今までにない感覚でした。しかし、桑原先生のおっしゃる一言ひとことに子どもたちに対する優しさを感じました。不用意な一言をなくすのも、子どもたちのため。普段履かないような靴を履かないのも、子どもたちのため。すべては子どもたちのためと心に刻みました。来年も挑戦します!あの場で、D表突破できるよう、励みます!!(教諭)

◇ 検定祭り参加者の皆様へ,吉原尚寛です。地震の影響が心配です。続々と流れる感想を読んで,本当に参加できて良かったと感じています。私自身2003年に初めて受検しました。きっと,今回の参加者の中では一番最初かと思います。この13年間で,1000人以上の検定をしました。4年間,検定祭り参加者の授業を拝見して,成長ぶりに鳥肌が立ちました。私自身もまだまだ勉強不足です。また,一緒に勉強しましょう。(講師)

このほかにも,たくさんの方からの感想が寄せられています。

お問い合わせ 第7回TOSS茨城「授業技量検定祭り」事務局 まで gunji.takato@toss2.com