普通に教科書を扱いながら新学習指導要領に対応する 中学校・高校国語の授業を模擬授業や映像で具体的に提案します

1 日時 2019年5月6日(祝月)(9時開場→受付開始9:20 講座1開始9:40)

2 場所 かながわ県民センター 305会議室

3 対象 中学校高校教諭・講師 および 教師志望の大学生・院生

4 講座内容

9:30~9:40 
講座0 手間を掛けず力を付ける有力教材&教材研究術
①かるた
②補助教材
③教科書教材研究術

9:40~9:50 
講座1 新指導要領 ダイジェスト学習

9:50~10:20 講座2 1学期の教科書教材をこう授業する PART1「読むこと」編 
①教材文「 」
②教材文「 」
③教材文「 」
※教材文(単元)は決まり次第お知らせします。

休憩 10:20~10:30

10:30~11:00 講座2 1学期の教科書教材をこう授業する PART2「書くこと」編 
①教材文「 」
②教材文「 」
③教材文「 」
※教材文(単元)は決まり次第お知らせします。

11:00~11:15
講座3「主体的・対話的で深い学び」を実現する最初の手立て-5つのQに答える-
Q1 生徒の意欲を引き出すためにどのような工夫をしますか。
Q2 説明でなく生徒の活動で授業を組み立てるために何をしますか。
Q3 一部の生徒しか挙手・発言しない状態をどう改善しますか。
Q4 「主体的・対話的で深い学び」になったかどうかをどのように評価しますか。
Q5 「主体的・対話的で深い学び」を実現するために必読の文献はありますか。

休憩

11:25~11:35 
講座4 働き方を変えてスキルアップの時間を捻出 教科指導のことは授業で完結させる教師の仕事術

11:35~11:40 
講座5 授業のスキルアップのために-サークルの1コマを紹介
従来の指導を変え、中学生・高校生に力を付けるためには、教師のスキルアップが必須です。
そのために私たちが普段のサークル例会で取り組んでいるのが、模擬授業研修です。
1)事務局員が授業(3分)をします。参加者の皆様は子役として参加して下さい。
2)皆でコメントを出し合います。子役として純粋に分からなかったこと、ちょっとでも疑問に思ったことなど遠慮無く言って下さい。(2分)
この流れを実際に体験していただきます。

11:40~11:50 Q&A

12:00~懇親会(希望者にて昼食会。MLにて連絡)

5.資料代  お申し込み後、参加者ML(メーリングリスト)にてお知らせします。


6.事務局・講師

TOSS中高横浜(教師の自主的な教育研究団体です。)


7.参加方法

事務局・坂本佳朗 sakamoto.yoshiro@toss2.com まで
①お名前 
②連絡用メールアドレス(またはご住所) 
③教師・講師or学生
をお知らせ下さい。参加者ML(住所で申し込まれた方はハガキ)にて資料代など詳細のご連絡をいたします。

以下のメールフォームも利用可
https://ssl.form-mailer.jp/fms/77a2076e352079