2018年7月1日(日)午前:郵便教育 午後:特別支援




☆問い合わせ&申し込みはこちらをクリックしてください☆
ご住所・お名前・メールアドレスをお知らせください。



◆講師 河田孝文氏  小野隆行氏

◆下関海峡メッセ10F 国際会議場
(海峡メッセ無料駐車チケット プレゼント!)



受付9:45から

■郵便教育セミナー 
10:00~10:05
【開会挨拶】
・日本郵便株式会社 中国支社

10:05〜10:35
【講座1 手紙の書き方テキストの効果的な活用法】
7分☓4 名
・低学年 山口県 山田恵子先生
・中学年 島根県 飯塚幸子先生
・高学年 岡山県 片山陽介先生
・中学校 山口県 藤本英治先生

10:35〜10:45
【講座2 はがきでコミュニケーション
 全国発表大会への取り組み方】
手紙の書き方体験授業と合わせて開催している「はがきでコミュニケーション全国発表大会」。教室の実践のポイントや、発表大会の様子をご紹介。
・戸村 隆之 先生 (東京都 小学校教諭)


10:45〜11:00 休 憩 ・ 名 刺 交 換


11:00〜11:15
【講座3 郵便局と連携した社会貢献活動の広がり】 7分☓2名
郵便教育セミナーをきっかけに広がっている郵便局と教師の連携活動について、
各地の先進事例をご紹介。
・山口県の事例 林健広先生
・岡山県の事例 永井貴憲先生


11:15~11:40
【講座4 今後の連携活動の充実に向けた
 郵便企画コミュニケーション】
地域貢献のひとつとして私たちにできることは何かを考える、教師、日本郵便・東京支社、郵便局を交えてのディスカッションコーナー。

11:40〜12:00
【講座5 「郵便」をテーマにした特別授業】 10 分☓2 名
郵便の歴史や仕事、切手やはがきの文化など、「郵便」を題材にした特別授業。
・小野隆行先生(岡山県 小学校教諭)
・河田孝文先生(山口県 小学校教諭)

12:00〜12:10
【講座6 基調講演 2017 年度郵便教育の推進について】
郵便教育推進委員会委員長 向山洋一氏による基調講演の映像。


12:10~12:15 【閉会挨拶】
・日本郵便株式会社 中国支社



◆午後 特別支援

発達障害の子がいるクラスで 
授業を成立させる「絶対的な基本スキル」
~特別扱いすることが特別支援教育ではない! 
大切なのは、子供のことを知って、
その子に効く形で教育すること!! 
手段を多く考えられる先生だけが、素晴らしい先生です!!
 


13:15~13:30 ◆小野先生
特別支援の基礎知識と対応の原理原則を知らない担任の先生に、保護者はわが子を預けたくない 
 ~担任が「これだけ」は知っておきたい症例別指導法~ 
1 アスペルガー 
2 自閉スペクトラム症
 (自閉性障害、アスペルガー症候群、広汎性発達障害) 
3 反抗挑戦性障害 
4 学習障害・学力が低い子

13:30~13:45 ◆河田先生
特別扱いすることが特別支援教育ではない
リズムとテンポで どの子も巻き込む 模擬授業講座


13:45~14:00 ◆小野先生
私語が多い・落ち着かない学級の先生の授業に足りない
意図的な教育技術 
~最新脳科学が証明!子どもは動かすことで安定する
(ドーパミンを出す指導)~

15分休憩

14:15~14:30 ◆小野先生
 小野学級を疑似体験 
 エビデンスをもとに設計された特別支援教室 
 ~特別支援教室にあると便利な物もこっそり紹介します~


14:30~14:45 ◆河田先生
・特別支援教育は事実で語る 
 子供がここまで成長した!子供の成長記録


14:45~15:10 ◆子役 小野先生 ◆介入 河田先生
 特別支援模擬授業 8分で介入&解説
①奥田
②募集
③募集 

休憩 15分


15:25~15:40 ◆小野先生
どこの学校現場にも蔓延する、
「経験」と「勘」に頼った指導を排除せよ 
・LDの子の大学進学率100%!
 アメリカで小野隆行が見た、世界最先端特別支援教育


15:40~16:00
今日しか聞けない!特別支援教育Q&A講座 ◆河田先生 小野先生
~自分の悩みを講師に直接聞けるQ&A講座~

 講座内容は、変更することもございます。


☆問い合わせ&申し込みはこちらをクリックしてください☆
ご住所・お名前・メールアドレスをお知らせください。


☆資料代 午後 3000円
午前も参加される方。もしくは、知人と一緒に申込みされた方。⇒2000円
     ※午前は無料です
【参加者の声】
☆20代男性■昨年に引き続き、下関会場のTOSSデーに参加させていただきました。どの講座も大変勉強になったので、今後の参考にしていきたいと思います。今日の講座を参考にしっかり準備して新年度をむかえたいと思います。☆40代男性■毎年参加しています。新年度に向けて何をどのように準備したらよいか具体的に分かるのでとても参考になります。☆20代女性■毎年講座に参加してから新学期準備を迎えるようになりました。具体的な内容が多く、大変勉強になりました。☆30代女性■授業システム作り、学級システム、子どもの心をつかむ技とこれからでも使えることが多くあったので、学級開きや授業開きの時には是非、取り入れて生きたいです。☆40代女性■毎年このセミナーに参加し、気持ち新たなスタートを切れているように感じています。熱意あふれる先生方と触れ合えるのは喜びです。今日もありがとうございました。

お知り合いの方と、どうぞご一緒にご参加ください!
お待ちしております。