ホーム

このサイトではグループワークを活かした授業づくりに役立つ情報を紹介しています。

◎グループワークの良さ・意義
・学習課題に能動的に取り組むことができるため、学習者の意欲や集中力、関心を高めることができる。
・自分とは異なる考え方を知り、経験する機会になる。
・グループのメンバーと協力しながら課題解決を進めていくことで、助け合いの精神や他を受け入れることを学び、社会性を育むことができる。
・意見交換をする機会が増え、児童・生徒間の結束力が生まれると学級の雰囲気作りも出来てくる。

◎サイドバーのリンク先概要(指導案・事例等)
■栃木県総合教育センター 教材研究広場 集団活動を通した心豊かな児童の育成 〜学級活動を中心として〜
 主に小学校1〜6年生の学活の時間を想定した、指導案やワークシートをダウンロード(W
ordまたはPDF)できるサイトである。
 さらに、このサイトではグループ活動等以外の資料も幼稚園・保育所・小学校・中
学校・高校・支援学校にわけられて掲載されており、ダウンロードすることができる。

■神奈川県 楽しく進めるグループワーク-個と集団の気づきをうながす-
平成24年に神奈川県青少年指導者養成協議会が出した、「体験学習やグループワークを授業に取り入れることについて」と小学4〜6年生を対象にしたグループワーク学習の例をダウンロード
(PDF)できるようにしているサイトである。


■なかよしグループ活動による自己有用感の育成(PDF)
 小学校問
題行動等防止プログラムの実践事例。自己有用感は高学年に比べ中学年は低いため、なかよしグループ(異年齢集団)活動を通して高めさせようというものである。「校外学習」「長縄跳び」「校種を超えた活動例(綾歌学校群リーダーキャンプ)について紹介している。

■香川県さぬき 実践事例集Ⅲ(PDF)
小中学校における、各教科の中で行われたグループ活動を取り入れた授業を紹介している。授業の様子の写真や実践後の感想、効果等がわかりやすく載っている。


中1 POLESTAR eng.レッスン6 ペアワーク(PDF)
 中1英語の上記の単元で行われたペアワークを用いた授業を紹介している。


■ペアワーク、ワークシートを用いた様々なコミュニケーション活動
 一番上の栃木県総合教育センターのサイトの1ページ。高校外国語活動に向けたワークシートと指導案の資料をダウンロード(ExcelまたはPDF)できるようにしている。

サブページ (1): リンク先 ゲーム関係