沿革

教室発足のきっかけは、1977年6月、日本語を学ぶ機会を作ってあげたいという母親達がセントルイス郊外のTilles Parkで自発的に始めた青空教室でした。その活動は翌月にはワシントン大学内スティックス・インターナショナル・ハウスの地下室へと場所を変え、児童15名程度のセントルイス日本語教室として発足しました。初代運営委員長はバイオリニストの片岡正義氏、 初代校長は宗教家で大学教授でもある吉田収氏。当初は、お母さん方も教師となり部屋数一つでのスタートでした。 

しかし、その後の数年間の間に急速に学校としての体裁を整えていきました。同年9月にはエマヌエル・エピスコバル教会で教師4人4クラス体制で新学期をスタート。運営委員会も発足し、輪転機の購入や図書の貸出しなど教育環境を整える努力がなされました。現在の国際クラスの前身である特別学級クラスもこの当初からありました。1978年6月、実に開校から1年を待たずして、ミズーリ州で始めて日本政府から日本語補習校として認可され、先生への謝礼金一人年間$1200の助成、教科書の支給、図書の寄付などの恩恵を受け始めました。

毎年恒例の運動会、学習発表会、新年会、日本祭への参加は、
すべて開校一年目に始まりました。当時は運動会の玉入れのかごからパン食い競争のパンまですべて手作り。日本祭では、玉入れ、相撲を中心に日本の遊びを紹介し たり、折り紙、習字の実演指導を行いました。学校の財政事情は当初から厳しかったので、日本祭参加初年度は串かつブースを出店して収入源として大きく貢献しました。作文集「いのち」 の創刊も同時期でした。

1982年にはNon-Profitable Organizationとしての登録が認可され、生徒数も40名を超えました。生徒の構成は設立当初は永住・長期滞在者がほとんでしたが、80年代には日本企業の米国進出増を背景に、 企業関係の一時滞在者が急速に増えていきます。1987年10月にはセントルイス日本商工会が設立され、企業からの寄付収入が増大しました。90年代に入ると、生徒数は90名前後に増えました。

子供たちにとって残念だったのは、開校時から続いていたおやつの時間が1989年4月に取りやめになったこと。逆にうれしかったのは、歌の会が1992年4月に発足になったことでした。この時から現在まで、12時から30分間大きな声が校舎にこだまするようになりました。セントルイス日本語教室のニュースレターである「かけはし」の発行が始まったのは1994年4月です。

生徒数は2001年度に120人台に達しピークを迎えましたが、その後いくつかの有力日本企業の撤退もあり減少に転じました(2006年4月現在100名)。2006年度2学期からは授業時間数を3時間から4時間に変更し、より充実した授業を目指して新しいカリキュラムがスタートしました。

教室の所在地は、ワシントン大学から、エマヌネル・エピスコバル教会、カレッジ・スクール、フォントボーン大学、シャーウッド・バプテスト教会、イーデン・セミナリー、そして現在のウェブスター大学へと、開校以来6回も移転しました。

場所が変わったり、運営を担う保護者の顔ぶれも何度も入れ替わってきましたが、現在にも脈々と受け継がれているのは、保護者の全員参加と工夫です。現在でも、すべての保護者が、運営委員、教師、クラスペアレンツ、係など何らかの役割で学校運営に参加しています。