お知らせ

  • 第14回 修論発表会のお知らせをアップしました(「例会」のページ)
  • 国際研究集会「歴史展示におけるジェンダーを問う」のお知らせ
日 時:7月2日(日)午前10時~午後5時
会 場:国立歴史民俗博物館ガイダンスルーム(入場無料)
総合女性史学会が後援するシンポジウムです。
会員の皆様の積極的なご参加をお願いいたします。
詳細は下記のチラシPDFをご参照ください。
(右上の矢印をクリックするとポップアップできます)
なお、第一報告者のトノムラヒトミ氏の報告時間〔10:10~11:50〕は〔10:10~10:50〕の誤植です

国際研究集会「歴史展示におけるジェンダーを問う」



歴博国際研究集会「歴史展示におけるジェンダーを問う」

【開催趣旨】2016年度に開始した歴博基盤共同研究「日本列島社会の歴史とジェンダー」では、これまでの研究を通して、博物館における収集・展示とそれを支える研究、および来館者が展示を通して理解する歴史像の両面で、歴史展示に表象されるジェンダーの重要性を確認してきました。本研究集会では、資料収集、研究、展示等、博物館業務の全般にわたるジェンダー視点の導入の意義、方法、またその成果を国際的視点から検証し、「歴史叙述としての展示」へのジェンダー視点導入の実践的方向性を探ります。

日時:2017年7月2日(日)10:00~17:00
場所:国立歴史民俗博物館 ガイダンスルーム
定員:50名(要事前申込)
参加費:無料
使用言語:日本語(一部英語・逐次通訳あり)
主催:国立歴史民俗博物館
共催:日本学術会議史学委員会歴史学とジェンダーに関する分科会
後援:ジェンダー史学会、総合女性史学会
参照ホームページ:https://www.rekihaku.ac.jp/research/inter/2017/meeting2017.html
申込み:gender@rekihaku.ac.jp 宛てにお申し込みください。

プログラム
10:00-10:10 開催趣旨 横山百合子(国立歴史民俗博物館) 
10:10-10:50 トノムラヒトミ(ミシガン大学歴史学部) 
       「アメリカにおけるジェンダー史研究状況と博物館展示」 
11:00-11:40 黄貞燕(國立臺北藝術大學博物館研究所) 
       「博物館の資料収集・展示におけるジェンダー:台湾での経験から」 
12:50-13:50 コー・リン・リー(シンガポール国立博物館前館長) 
       「統合の歴史 ―シンガポール国立博物館におけるケース・スタディ―」 
14:00-14:40 松本直子(岡山大学大学院社会文化科学研究科、日本学術会議連携会員) 
       「日本の博物館におけるジェンダー表現の課題と展望―歴博の考古学展示に触れつつ―」 
15:00-15:10 コメント1 
       長志珠絵(神戸大学大学院国際文化学研究科、日本学術会議連携会員) 
15:10-15:20  コメント2 三上喜孝(国立歴史民俗博物館) 
15:20-16:50  総合討論
       報告者、コメンテータ、藤尾慎一郎(国立歴史民俗博物館、 日本学術会議連携会員) 
16:50-17:00  総括  久留島典子(東京大学史料編纂所、日本学術会議連携会員)

備考
本研究集会は歴博基盤共同研究「日本列島社会の歴史とジェンダー」の成果に基づく事業です。


  • 事務局移転のお知らせ
  事務局が川村学園女子大学から昭和女子大学に移りました
  〒154-8533
  東京都世田谷区太子堂1-7-57
  昭和女子大学 総合教育センター 友野清文 気付

  • 選択的夫婦別姓(氏)に関する声明文を発表しました(2017年3月)
  • 会誌への投稿規程・執筆要項を改訂しました(2017年2月)
  • 会誌への投稿規程・執筆要項を改訂しました(2016年2月)
  • 安全保障関連法制成立に対する声明文を発表しました(2015年9月)
  • ホームページをリニューアルしました。
  • 第18回女性文化賞(高良留美子氏創設)を受賞しました(2014/12/10)

受賞理由として、特に昨年度の国際シンポジウムが評価されました。会員のみなさまのご協力にあらためて感謝いたします。

 
サブページ (1): 声明