~知的障害者(児)移動支援従業者 養成研修 ~

2019年度 実施予定
第1回目 2019年 7/6(土)~7(日)
第2回目 2019年  9/14(土)~15(日)
第3回目 2020年  1/25(土)~26(日)

日程:上記の講義2日+実習1日の受講が必要です。
※実習は放課後等デイサービス(障害のある児童の放課後活動)を予定しています。
講義終了後1カ月間のの火水木金日の曜日の中からご都合のよい日をお選びいただけます。

定員:30名

受講料 一般9,000円 学生6,000円(テキスト代含む)
場所:京王新線幡ヶ谷駅周辺の公共施設を予定しています。

お問い合わせ・お申込み
もしくは、03-3485-3548 まで



講座の様子
                             (2014年第2回講座)

ガイドヘルパーは、障害のある人が町に出てさまざまな体験をすることをサポートする人です。障害のある人が楽しく自信をもって街に出られるための大切な役割をもっています。

今回募集するガイドヘルパー養成講座を受講し資格を取得することで、移動支援ヘルパーとして東京都内の事業所で勤務することができます。なかよしの講座では、大学で福祉を教えているスタッフが制度や障害の特徴について分かりやすくお伝えします。また、現場で支援をしているスタッフが実際の支援のポイントをお伝えしていきます。  社会人の方、学生の方、定年退職された方、主婦の方、地域の方、障害のある方の親御さんなど様々な方が受講されています。
  
障害分野で働きたいと考えている方、障害福祉について関心のある方、支援のスキルアップをされたい方、まずは学んでみたい方、たくさんの方の参加をお待ちしています。



講座のカリキュラム
講義1日目(9:00~17:15)
・開講式
・知的障害者の疾病・障害の理解(4時間)
・障害者(児)の心理(1時間)
・移動支援の基礎知識(2時間)

講義2日目(9:00~16:40)

・ホームヘルプサービス概論(2時間)
・ホームヘルパーの職業倫理(1時間)
・ガイドヘルパーの制度と業務(1時間)
・障害者(児)福祉の制度とサービス(2時間)
・実習オリエンテーション
・閉講式

実習1日(6時間)
・放課後等デイサービスでの実習
※講義の順番は開催日により異なります。

テキスト(講義初日に配布します。)

新・事例で学ぶ知的障害者ガイドヘルパー入門
―行動援護・移動支援のために
(中央法規出版)
http://www.chuohoki.co.jp/products/welfare/3237/



受講生の感想
・講義だけでなくグループディスカッションが印象に残っています。他の受講生の視点や色々な意見を知る事ができ有意義でした。
・知的障害者をとりまく現状の制度や環境についての理解を深める事ができました。
・実習では、利用者さんそれぞれのペースがあり、それを理解しつつプログラムに参加するように促すことの大切さを学べました。
・初めてのことで最初は戸惑いがありましたが、1人1人の子どもに接することができ、コミュニケーションがとれたのがよかったです。
・私が思っていた以上に利用者さん1人1人に個性があり、その個性を活動で十分に発揮しているように思えました。もっともっと活動したいと思います。
・実習を通して利用者さんが楽しく、また飽きずに過ごせるように支援者が工夫されているのがよくわかりました。
・同じ課題に取り組みながらも、1人1人の個性に合わせた声掛けなどの対応で、結果も個性も光る瞬間が何度も見ることができました。
・子供たちの集中が途切れないように、待つことや問いかけてみたり誘導してみたりのバランスが難しかったです。いろんなお子さんの様子が見れてとても勉強になりました。

資格取得後に
法人が運営する事業所で勤務されている方も多くいらっしゃいます。
移動支援の様子や勤務についてはぷらっと・なかよしをご覧ください。


ガイドヘルパー講座報告