生理学 Physiology


デジタル教材を用いた生理学・解剖学の基礎学習


運動生理学の基礎となる生理学の知識を学べるサイトを紹介します。ここで、知識の再確認をしてください。

最新の映像技術を用いて、わかりやすく解説されています。

 





◎ 生理学、解剖学の勉強に役立つサイト

生命の理:いのちのことわり日本生理学会HPから引用

私たちは生きています。お腹が空いたり1暑いと汗が出たり2運動したら心臓がドキドキします3恋をすると胸がキュンとし4失恋した夜は涙が止まりません5それでもいつかは眠くなります6。そのような時、私たちの体の中ではいったい何が起こっているのでしょう? 皆さんが「あれっ?」「なんで?」と思うところは実はまだよくわかっていません。このようなことがこれから生理学研究の対象となるのです。

 

生理学
医学生理学教育シェアリンググループ日本生理学会special interest group
ビジュアル生理学
3次元CG及び映像で見る「人体のしくみ」(理科ネットワーク)
からだのなぜ(理科ネットワーク)

解剖学

Google Body(3D)


Visible Body(3D)
医療系1年生のための解剖学用語辞典
解剖学テキスト
統合データベースプロジェクト ツール&解析サービス
BBC - Science & Nature - Human Body and Mind - Interactive Body 

理科ネットワーク (科学技術振興機構)
    呼吸・循環・代謝系、脳神経系を中心に映像コンテンツを紹介 (必見!)
WEB玉塾
http://www.webtamajuku.com/#!kango/c1zpn
呼吸・循環・代謝系、脳神経系を中心にアニメ解説を紹介 (必見!)


    人体の構成 - 細胞
    人体の構成 - 組織

    筋・骨格・代謝系 

    循環器系 - 血管系 
    循環器系 - 心臓 
    循環器系 - 動脈系

    呼吸器系 - 肺 

    神経系 - 脳神経
    神経系 - 脳幹

    3D ANATOMY.JP (ユーザ事例集 3D画像


    血液循環の動画(YouTube)

    YouTube 動画


    血液循環の動画2(YouTube)

    YouTube 動画



    呼吸の動画(YouTube)

    YouTube 動画


    ★いろいろな細胞をみる(解説ムービ

            ヒトの骨

            ヒトの筋肉

            ヒトの神経系

            ヒトの呼吸器

             ヒトの循環器

             いろいろな細胞


    Google Body


    統合データベースプロジェクト ツール&解析サービス







    見て分かる生き物のしくみ[目次]


        小学生 

        3次元CGおよび映像で見る人体のしくみ

       内容

            身体のしくみ

            脳のしくみと働き

            空気の取り込み

            食べ物を食べる

            血液の流れ

            骨と関節


        小学4年生[目次]

        骨と筋肉、関接の働きについてまとめられたストーリームービー 2分11秒

        ヒトの骨格と筋肉、関節 1分27秒

        骨のつくり関節と働き   1分2秒

        筋肉のつくりと働き 1分3秒


        小学6年生[目次]

       呼吸

            3Dプロジェクション/呼吸運動

       循環

            3Dプロジェクション/心臓と血液の流れ

       主な臓器の位置と働き

       からだのなぜ3Dプロジェクション


        中学2年生[目次]

        呼吸

        血液の循環

        血液の働き

        脊椎動物の心臓

        心臓のつくり   → かえるの解剖→ かえるの心臓→ ラットの心臓

        ヒトの感覚器官のつくりと働き

         視覚  聴覚 臭覚 触覚 味覚 → 3DCGで見る視覚・聴覚の構造としくみ

        神経系とその働き

        反射

        体が動く仕組み



    骨と筋肉 (NHKデジタル教材 1分29秒)
    ニューロンネットワーク
    目の構造


        第2分野
            (3) 動物の生活と種類 
                ア 動物の体のつくりと働き
                        (ア)動物の体のつくりとその働き
        高校理科総合

        高等学校理科総合A

        高校生物

        高等学校生物Ⅱ

    for o


        NHKデジタル教材 [中学・高校向け]

    10min.ボックス 理科2 [理科]
    130 件中 1~20 件 表示 前へ 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 次へ

    土の中の生き物-中学
    (141秒)
    土の中の目に見えない小さな生きものを採集し、生きものの多様性に関心を持つ。

    土の中の生き物調べ
    (80秒)
    生物は環境とかかわって生きていることをとらえる。

    いろいろな土の中の生き物
    (99秒)
    生物は、食べものを通して環境とかかわって生きていることをとらえる。

    土の中の食物連鎖-中学
    (176秒)
    土の中にすむダンゴムシ、ミミズ、モグラなどの食物連鎖を知り、自然界の生物はつり合いを保って生活していることを見いだす。

    命の循環
    (229秒)
    自然界の生物はつり合いを保って生活していることを見いだす。

    ダンゴムシの一生-HD
    (194秒)
    昆虫ではない生物と植物との関係を知り、興味・関心をもつ。

    ダンゴムシの役割-中学
    (127秒)
    自然界の生物はつり合いを保って生活していることを見いだす。

    落ち葉を食べるダンゴムシ
    (50秒)
    昆虫ではない生物と植物との関係を知り、興味・関心をもつ。

    落ち葉の下の生き物は葉っぱを食べている
    (120秒)
    枯れた植物体が動物が生きていくための栄養となっていることをとらえる。

    土を作る虫たちのふん
    (57秒)
    枯れた植物体が生物が生きていくための栄養となっていることをとらえる。

    ガードレールに見られる藻類-中学
    (99秒)
    過酷な環境でも生きる藻類のたくましさを知る。

    陸上の緑藻-中学
    (107秒)
    石に付着している藻類の細胞を観察し、葉緑体と光合成を関連づけてとらえる。

    地衣類-中学
    (72秒)
    菌類と藻類が共生している地衣類を観察し、その生態を知る。

    からだを流れる血液のはたらき
    (72秒)
    人の体を流れる血液の動きや働き、体のつくりに興味を持つ。

    体をめぐる血液-HD
    (177秒)
    体内をくまなくめぐっている血液、それを運ぶ長大な血管について学ぶ。

    全身の血管
    (31秒)
    体内をくまなくめぐっている血液を運ぶ長大な血管について学ぶ。

    食べ物を体に取り込むしくみ
    (90秒)
    栄養分は小腸で取り入れられることを知る。小腸は効率よく吸収するため、表面積が広い構造になっていることを知る。

    血液が届けた酸素や栄養
    (22秒)
    血液が酸素や養分を運ぶなど、想像しにくい内容について、映像で実感する。

    血液の成分とはたらき
    (101秒)
    血液の中の様々な成分に対しての知識を身につけ、血液の働きに興味を持つ。

    血管と血液のはたらき
    (81秒)
    体の中の血液の通り道や酸素や養分の運び方に興味を持つ。






    10min.ボックス 理科2 [理科]
    130 件中 21~40 件 表示 前へ 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 次へ

    栄養を運ぶ血液
    (62秒)
    血液が酸素や養分を運ぶなど、想像しにくい内容について、映像で実感する。

    血液の循環
    (170秒)
    静脈血に酸素を送り込む実験を通して、血液には、酸素を取り込むはたらきがあることを知る。

    血液と酸素の関係-中学
    (128秒)
    静脈血に酸素を送り込む実験を通して、血液には、酸素を取り込むはたらきがあることを知る。

    肝臓のしくみ-中学
    (116秒)
    肝臓を観察し、必要な物質を貯蔵し、不要な物質を排出するしくみがあることを知る。

    心臓と動脈・静脈
    (83秒)
    体内をくまなくめぐっている血液、それを運ぶ長大な血管について学ぶ。

    意識しておこす行動-中学
    (109秒)
    ヒトのからだのつくりと関連づけ、ヒトの行動のしくみを知る。

    骨と筋肉-中学
    (102秒)
    骨と筋肉のつくりを知り、そのはたらきによってからだが動くことを知る。

    神経細胞(ニューロン)-中学
    (111秒)
    ネズミのニューロンの観察を通して、動物の神経系のつくりを知る。

    ニューロンネットワーク-中学
    (58秒)
    ニューロンのつながりの観察を通して、動物の神経系のつくりを知る。

    神経細胞の情報伝達-中学
    (125秒)
    実験を行い、筋肉の伸縮には神経細胞から出るアセチルコリンが関与していることを知る。

    神経細胞の成長(ネズミ)-中学
    (194秒)
    ネズミの脳の中でニューロンのネットワークが形成されていく様子を観察し、脳の構造とその高度な情報処理能力を関連づけてとらえる。

    神経細胞の活動とカルシウム-中学
    (43秒)
    ネズミの脳細胞を使って実験を行い、細胞の活動にカルシウムが関与していることを知る。

    カメラのフィルムに写る像-中学
    (27秒)
    カメラのフィルム面に、とつレンズによる実像ができることを知る。

    目の構造-中学
    (85秒)
    動物の目の内部の観察を通して、目のつくりとはたらきを知る。

    目のしくみ-中学
    (176秒)
    目の構造と目で物が見えるしくみを知る。

    イモリの目やえらのできる様子-中学
    (148秒)
    イモリの目やえらができる過程を観察し、イモリのからだのつくりに興味を持つ。

    トンボの眼
    (154秒)
    生物には体のつくりにその特徴があることを知り興味・関心をもつ

    折りたためる眼内レンズ-中学
    (115秒)
    眼内レンズの例を通して、プラスチックは分子レベルでの工夫が可能なので、特殊な用途に使えるものをつくることができることを知る。

    酸素を通すコンタクトレンズ-中学
    (138秒)
    改良を重ねた最新のプラスチック製のコンタクトレンズです。酸素の通り方を従来のものと比べてみましょう。新しいプラスチックは酸素がよく通ります。

    体の中にある肺
    (26秒)
    呼吸の中心となる臓器、肺の働きについて知る。






    10min.ボックス 理科2 [理科]
    130 件中 41~60 件 表示 前へ 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 次へ

    吸った空気が入る所
    (75秒)
    体内に酸素を取り入れる肺のつくりについて知る。

    ヒトの呼吸器のしくみ-HD
    (236秒)
    呼吸の中心となる臓器、肺の働きについて知る。

    模型で見る呼吸のしくみ
    (73秒)
    呼吸する時の肺の動くしくみを学ぶ。人のからだのつくりに興味を持つ。

    吸った空気の通り道
    (74秒)
    体内に酸素を取り入れる肺のつくりについて知る。

    呼吸のしくみ
    (66秒)
    呼吸の中心となる臓器、肺の働きについて知る。

    ヒトが呼吸する空気の量-HD
    (177秒)
    ヒトが生きるためには、大量の空気が必要であることを実験から気づく

    呼吸のしくみの発見-HD
    (171秒)
    呼吸とは、酸素を取り入れ二酸化炭素を排出する営みであることを、歴史的な研究を通じて知る。

    心臓が動くようす
    (70秒)
    安静時、運動時での心臓の動きに注目し、はたらきを考える。

    心臓のしくみ-中学
    (185秒)
    心臓の内部を観察し、ヒトの体に必要な血液を運ぶしくみがあることを知る。

    CTで見た心臓
    (45秒)
    生きた心臓の構造を、映像をつかって立体的に把握する。

    心臓の動き-HD
    (157秒)
    心臓の構造について、映像をつかって立体的に把握する。

    心臓と血液の通り道
    (114秒)
    心臓の構造と全身を巡る血液について、立体的に把握する。

    血球と浸透圧-中学
    (120秒)
    実験を通して、赤血球が浸透圧によって膨張したり縮小したりすることを知る。

    赤い血と赤黒い血
    (84秒)
    酸素と血液の関係を知り、静脈血と動脈血の働きについて興味を持つ。

    ウサギの耳の血管
    (29秒)
    ウサギの耳の血管の観察のしかたを知り、動物の血液に興味を持つ。

    メダカのからだを流れる血液
    (59秒)
    魚にも血液の流れがあることを知る。他の魚も観察しようとする。

    カエルの血液の流れ
    (45秒)
    動物の血管や血液の流れに興味を持ち、自ら調べようとする。

    いろいろな動物の心臓の音
    (50秒)
    動物の心臓の音を聞くことで、拍動数や脈拍数に興味をもつ。

    血液を送り出す心臓
    (59秒)
    心臓の動きと全身に流れる血液の流れやはたらきに興味を持つ。

    卵の中の心臓/ニワトリとメダカ
    (54秒)
    卵の中の血液の流れとはたらきを知る。観察に興味を持つ。



    10min.ボックス 理科2 [理科]
    130 件中 61~80 件 表示 前へ 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 次へ

    血流を調整する血管-HD
    (148秒)
    血液の流れる量を調整するなど、人体の巧みな構造を知る。

    メダカの卵の中の血液のはたらき
    (38秒)
    メダカの血液の流れとはたらきについて考えようとする。

    吸いこんだ空気とはき出した空気
    (91秒)
    呼吸では、酸素を取り入れ二酸化炭素を吐き出していることを学ぶ。

    肺のしくみとはたらき
    (74秒)
    肺の内部を学ぶ。酸素が血液によって運ばれるしくみを学ぶ。

    血液が酸素を運ぶ様子-HD
    (226秒)
    血液が酸素や養分を運ぶなど、想像しにくい内容について、映像で実感する。

    体が酸素を使うようす
    (115秒)
    酸素は人体の各部位が活動するために不可欠の物質であり、その酸素は血管を通じて運ばれていることを知る。









    体の中にある肺
    (26秒)
    ヒトの呼吸器のしくみを紹介します。

    吸った空気が入る所
    (75秒)
    ヒトが呼吸で吸った空気は気管から気管支を通り肺胞にまで入ることを人体標本とCGで紹介します。

    ヒトの呼吸器のしくみ-HD
    (236秒)
    ヒトの呼吸器の仕組みを紹介します。

    模型で見る呼吸のしくみ
    (73秒)
    呼吸する時の肺の動くしくみを模型を使った映像で観ることができます。

    吸った空気の通り道
    (74秒)
    ヒトが呼吸で吸った空気の通り道を内視鏡で紹介します。

    呼吸のしくみ
    (66秒)
    ヒトの呼吸器、肺の仕組みをCGで紹介します。

    ヒトが呼吸する空気の量-HD
    (177秒)
    ヒトは1日にペットボトル2万本分もの大量の空気を呼吸していることを測定します。

    呼吸のしくみの発見-HD
    (171秒)
    呼吸は空気中の酸素を取り入れ、二酸化炭素を排出する営みであることを説明し、歴史的な研究を紹介します。

    心臓が動くようす
    (70秒)
    安静時、運動時の心臓の動きを超音波装置による映像で見ます。

    心臓のしくみ-中学
    (185秒)
    血液の流れにそって、心臓のしくみを見ていきます。右心房から右心室に入った血液は肺に送られ、左心房に戻ってきます。そして左心室から全身へと送られます。

    CTで見た心臓
    (45秒)
    血液を送り出すポンプ・心臓の仕組みを、X線を使った特殊撮影(CT画像)で紹介します。

    心臓の動き-HD
    (157秒)
    血液を送り出すポンプ・心臓の仕組みをさまざまな特殊撮影で紹介します。

    心臓と動脈・静脈
    (83秒)
    血液は心臓の働きのよって体全体を回っていることを、実際のヒトの動脈や静脈の標本とCGで紹介します。

    心臓と血液の通り道
    (114秒)
    血液を送り出すポンプ・心臓の仕組みをCG映像とさまざまな特殊撮影で紹介します。



    2010年度 第16回 蚊 吸血の秘密 (NHK ミクロワールド)

    その他、参考となるWeb Siteの紹介


    その他の学びに役立つ教材について(一歩一歩学ぶ生命科学(人体)

    生命科学教育シェアリンググループは 日本生理学会のspecial interest groupです 

    情報シェアリングにより 生命科学を学び、教える楽しさを増大させることができます。

        


    科学技術振興機構

    Japan Science and Technology Agency

    理科支援ネット~これからの理科教育を考える~

     日本の子どもたちによりよい理科教育をするためには何が必要かを国内外の調査研究を行うとともに現場の先生方の声を元に分析し、必要な情報の提供と教育環境の整備を目的として、理科教育支援センターは2007年9月に発足いたしました。「理科のおもしろさを伝えたい」という気持ちは理科教育に携わる誰もが思うことです。しかし、「教材研究の時間がない」、「気軽に相談できる同僚がいない」という現実があり、なかなか「最先端の情報を授業に盛り込みたい」、「より興味関心の高い児童生徒の知的好奇心を伸ばしてやりたい」ということが難しい状況にあります。こうした教育現場の様々な実態やニーズを踏まえ、効果的なネットワークを作り、教育現場の先生方と一緒に考え、理科教育に関する支援を行っていきます。理科教育支援センター長有馬 朗人



    発生・再生科学総合研究センター
    発生と再生発生において幹細胞は体をつくる多様な細胞を生み出し、成体においても病気や怪我、生理的代謝などで失われた細胞を補うために働いています。以下のサイトでは、幹細胞の基本的な性質や働き、種類などを紹介するアニメーションを公開しています。
        発生のドラマ
        再生の不思議
        加速する再生医療
        30年後の発生生物学





    第1回:健康の増進と運動:健康増進における運動の意義、身体運動の生理学的基礎

    Google Body


     (JSTA)



    第2回:運動と代謝システム:運動時のエネルギー供給機構、有酸素性代謝と無酸素性代謝

    Google Body


     (Life Science Edu. Net)筋肉生理学
     (JSTA)
    筋肉


    第3回:運動時のエネルギー代謝:運動時の糖質代謝、脂質代謝

    Google Body


    エネルギー代謝
     (JSTA)
    • 代謝と生態系:エネルギーフローから考える地球環境と生物の授業
      •  独立行政法人 理化学研究所 神戸研究所 発生・再生科学総合研究センター 2011年5月9日

         

         限られた数のパートナーを巡って生殖上の優位を競う生殖競争は、雄の孔雀の羽のような極端な形質の進化を促す原動力となってきた。ショウジョウバエ属のある種では、雄の体長が約2mmであるのに対し、その精子は最大6cmにも達する。長い精子は卵子に到達しやすく、進化の過程で生殖に有利な長い精子が選択されてきたらしい。このような極端な細胞の形態はどのように実現しているのだろうか。 理研CDBの野口立彦研究員(形態形成シグナル研究グループ、林茂生グループディレクター)らはショウジョウバエをモデルにした研究で、ミトコンドリアが精子の伸長に重要な役割を果たしていることを明らかにした。ミトコンドリアと微小管の相互作用が精子尾部の細長い形をつくり、維持しているという。この成果はCurrent Biology誌の5月号に掲載されている。


    第4回:運動と循環システム:運動時の心機能、循環動態、神経性、体液性調節機構

    Google Body


     (Life Science Edu. Net)  (JSTA)
    ヒトの循環器
    循環器

    BLOOD FLOW Simulator

    心拍出量

    VO2 (ml/min, STPD)=Q(L/min)*(CaO2-CvO2) mlO2/L血液 

    CO2=(mlO2/100ml)

    =[So2(%) x0.01 x 1.34 mlO2/g Hb x (Hb)]

     + (0.003 mlO2/mmHg/100 ml x PO2)


    CaO2 動脈血O2含量

    CvO2 静脈血O2含量

    Hb ヘモグロビン

    脊椎動物赤血球に含まれる鉄を含む色素(ヘム)とタンパク質(グロビン)とからなる複合タンパク質。肺から全身へと酸素を運搬する役割を持つ。酸素と可逆的に結合するという特徴がある。

    色は鉄イオンがあるため赤色。酸素と結合すると鮮紅色、酸素を離すと暗赤色になる。

    成人のヘモグロビンの構造は、αとβの2種類のペプチド鎖が各々2本ずつ存在し、合計4つのサブユニットより構成される。

    標準値 : (男性) 13.3~17.4g/dL

           (女性) 11.2~14.9g/dL



    心臓のしくみ

    私達の体は無数の細胞から成り立っており、それぞれの細胞が生命活動をするために酸素と栄養素を必要としています。この酸素と栄養素を細胞に届けているのが血液であり、血液を全身に循環させているのが心臓です。心臓は休む事なく拡張と収縮を繰り返すポンプの働きをしています。心臓は成人で握りこぶしくらいの大きさで、重さは200~300gくらいです。この心臓が1分間に60回前後収縮と拡張を繰り返しており、1日では10万回以上に達します。また、1分間に送り出す血液量は健康な成人で約5リットルにもなります。

     心臓の中は4つの部屋に分かれており、左心房、左心室、右心房、右心室と呼ばれています。左右の心室と心房の間には、心室中隔、心房中隔という壁があり、左右それぞれの心室と心房の間は弁で区切られています。心臓の壁は心筋と呼ばれる特殊な筋肉でできており、この心筋が収縮・拡張する事によってポンプの役割を果たしています。なかでも心室を取り巻く心筋は動脈に血液を送り出すために厚くなっています。


    心臓と血液循環

     血液は心臓の左心室から強力な収縮によって大動脈に送り出されます。大動脈は枝分かれして小動脈、毛細血管となり、前身の筋肉や皮膚、臓器などに酸素と栄養素を運びます。このような酸素を多く含んだ血液を動脈血といいます。血液は細胞に酸素と栄養素を渡す代わりに、二酸化炭素と老廃物を受け取ります。この血液を静脈血といい、毛細血管から小静脈、大動脈と運ばれて心臓の右心房に入ります。この一連の血液循環を体循環(大循環)といいます。

     右心房に入った静脈血は右心室の収縮によって肺動脈に送られ、肺の中で二酸化炭素と酸素を交換します。ガス交換によって酸素を多く含んだ血液は肺静脈を通って左心房に送られ、左心室の収縮によって再び全身に送られます。この心臓と肺の間の血液循環を肺循環(小循環)といいます。

    心臓と冠動脈


     心臓は休みなく動き続けるために、大量の酸素と栄養素を必要としています。このため、心筋に十分な血液を補給するために冠動脈と呼ばれる動脈が張り巡らされています。冠動脈は心臓から全身に血液を送り出す大動脈の根元から、左冠動脈と右冠動脈に枝分かれしています。左冠動脈はさらに前下行枝と回旋枝に分かれており、この2本と右冠動脈を合わせた3本が主要な冠動脈となっています。

     冠動脈はさらに細かく枝分かれし、心筋全体を網の目のように覆っています。左冠動脈前下行枝は主に左心室の前壁と心室中隔に、左冠動脈回旋枝は左心室の側壁から後壁に、右冠動脈は主に右心房と右心室、左心室の下壁に酸素と栄養素を供給しています。この冠動脈のどこかで血流が細くなったり途絶えたりすると、狭心症や心筋梗塞といった心臓発作を引き起こします。


    補助単位にういて

    キロ(k) 1000

    ヘクト(h) 100

    デカ(D) 10

    メートル 1

    デシ(d) 1/10

    センチ(c) 1/100

    ミリ(m) 1/1000





    第5回:運動時の循環調節:運動時の圧反射システムによる心拍、血圧制御機構

    Google Body



     (JSTA)

    第6回:運動と呼吸システム:運動時の肺換気、ガス交換、呼吸運動の神経性および液性調節

    Google Body



    (Life Science Edu. Net)
    ¥includegraphics[width=.3¥linewidth]{reseptor.eps}


    息苦しさはPaO2に比例する?

    パルスオキシメーターをつけて息ごらえをしてみると、SPO295でももう苦しくていられなくなる。どうしてだろうか。

    人間の酸素濃度をモニターしている細胞は、頸動脈と、延髄の中との2箇所に存在している。

    頚動脈内の細胞は、主にPaO2をセンスしており、一方延髄のモニターはpHセンスしてい
    る。 延髄呼吸中枢は、死に際まで働く

     

     (JSTA)

    Google Body


    (Life Science Edu. Net)

    第8回:運動と体温:運動時の体温調節機構



    Google Body




    運動と体温調節
     
    内分泌系


    体温調節系
     

     

     


    アフリカのサン族の持久狩猟の様子をおさめたBBCドキュメンタリー。
    8時間ひたすら走って追いつめて、シカを動けなくする。



    第9回:運動と環境:特殊環境下における運動の生理
    第10回:長期トレーニングと生体システムの運動適応:長期トレーニング、不活動(運動不足)による生体システムの運動適応変化
    第11回:運動と病態生理:運動制限をきたす疾患の病態生理 
    第12回:運動負荷試験の基礎と実際(1):運動負荷に対する呼吸循環代謝システムの連関メカニズムの概要
    第13回:運動負荷試験の基礎と実際(2):運動に対する生理学的応答の測定・評価
    第14回:運動処方の実際(1):運動による生活習慣病の予防効果
    第15回:運動処方の実際(2) 


    発生、再生科学の最前線

    カメの甲羅はどこから来たか? 3次元アニメーションを公開





    定期試験:筆記試験

     


    Comments