シンポジウム、学会発表、講演等

Home Pageへ戻る 

シンポジウム、ワークショップ、講演等

 2016年
  • 「バイタルサインを決定する呼吸循環調節機序」宮本忠吉. 日本健康行動科学会第14回学術大会シンポジウム2016.9(大阪), 
  • 「A systems analysis approach to integrated responses in the respiratory system.」 Miyamoto T,  工学的アプローチで紐解く循環・呼吸の機能同定と循環器疾患治療への応用「システム同定法による呼吸制御システムの機能同定とその展開」 LE2016. 12 (大阪)
  • Analytical and quantitative approach to underlying mechanism of respiratory control at rest and during exercise in humans」  Miyamoto T. 「ヒトにおける呼吸調節のシステム解析とその応用」 .宮本忠吉. 第55回日本生体医工学会大会(富山), 2016. 5
  • The anesthetized rat model of exercise faithfully reproduce the abnormal respiration in chronic heart failure」 Nishizaki A, Miyamoto T, Saku K, Toyama T, Sakamoto T, Kishi T, Sunagawa K. 「麻酔下ラット運動負荷モデルによる心不全の運動時呼吸異常の再現」. 西崎晶子、宮本忠吉、朔啓太、当山岳詩、坂本隆史、岸拓弥、砂川賢二. 第55回日本生体医工学会大会(富山), 2016. 5
 2014年
  • システムバイオロジーを用いて呼吸と循環のクロストークを読み解く」 宮本忠吉. 奈良女子大学ライフサイエンスセミナー奈良, 2014年12月

2013年

  • 低酸素環境下における脳血流の動脈血二酸化炭素分圧に対する応答特性:換気化学反射の影響 小河繁彦、中原英博、上田信也、岡崎和伸、芝崎学、宮本忠吉」. 第68回日本体力医学会ワークショップ;神経活動と運動東京, 20139月
  • 「システムバイオロジーの観点から見た「運動生理学研究」の魅力 ~運動に対する生体適応現象のダイナミクス解析から見えてくるもの~. 宮本忠吉. 森ノ宮医療大学学術セミナー. 大阪, 2013年7月

2011年

  • 「呼吸・循環系のシステム同定とその応用」. 基礎体力研究所研究セミナー, 東京, 20111月
2010年

2009年

2008年

2007年

  • 「呼吸調節系の動特性評価法の開発」. 宮本忠吉. 循環器病研究委託費班会議 大阪, 2007年1月
2004年

2003年

  • 「自律神経評価法の有用性と限界」自律神経による心拍数調節のシステム解析と逆問題. 川田徹, 宮本忠吉, 杉町勝, 砂川賢司. 第24回日本循環制御医学会シンポジウム 大阪, 2003年6月
  • 「水中運動時の呼吸循環反応」: 水中環境下における運動時の呼吸循環反応. 宮本忠吉, 木下博, 生田香明, 大島秀武, 田中繁宏, 藤本繁夫. 第17回日本体力医学会近畿地方会シンポジウム 滋賀, 2003年1月 

 2002年

 


国際学会

2018年
  • Power Spectral Analysis of Short-Term Blood Pressure Recordings for Assessing Daily Variations of Blood Pressure in Human. Kinoshita H, Mannoji H, Saku K, Mano J, MiyamotoT, Todaka K, Kishi T, Kanaya S, Sunagawa K. , 40th Annual international Conference of the IEEEE Engineering in Medicine and Bilogy Society (EMBC '18). Honolulu,  USA, April 24-27, 2018
2017年
  • Quantitative analysis of respiratory control during exercise: Development of a rat model of mimicked exercise under anesthesia.  Miyamoto T, Nakahara H, Ueda S, Kawada T. Experimental Biology, Shicago-USA, April 24-27, 2017
  • Cognitive task impairs dynamic cerebral autoregulation during normoxia and hypoxia. Ogoh S, Nakata H, Miyamoto T, Shibasaki M. AMERICAN COLLEGE OF SPORTS MEDICINE 63TH ANNUAL MEETING,  USA May  - Jun  2017
  • Human Cognitive functions during acute hypoxic exposure. Shibasaki M, Ogoh S, Miyamoto T Nakata H. AMERICAN COLLEGE OF SPORTS MEDICINE 63TH ANNUAL MEETING, USA May  - Jun  2017
2015年
  • The anesthetized rat model of exercise faithfully reproduce the abnormal respiration in chronic heart failure.  Nishizaki A, Saku K, Miyamoto T, Kishi T, Sunagawa K. AMERICAN HEART ASSOCIATION CONFERENCE, Orland, FL, USA, Nov 7-9, 2015
2014年
  • Development of a rat model of exercise under anesthesia capable of reproducing abnormal respiratory responses in Chronic Heart Failure.  Nishizaki A, Miyamoto T, Saku K, Ueda S, Kishi T, Kakino T, Oga Y, Arimura T, Fujii K, Ide T, Sunagawa K. Experimental Biology,-USA, April 20-24, 2014
2013年
  • Cerebral CO2 reactivity during hypoxia with and without respiratory chemoreflex induced-hyperventilation. Ogoh S, Nakahara H, Okazaki K, Subudhi, AW, Miyamoto T.AMERICAN COLLEGE OF SPORTS MEDICINE 60TH ANNUAL MEETING, Indiana USA May 29 - Jun 1 2013
  • Distribution of blood flows toward head during whole body heating. Shibasaki M, Sato K, Okazaki K, Miyamoto T, Hirasawa A, Ogoh S. Experimental Biology, Boston-USA, April 20-24, 2013
2012年
  • Blood flow response to carbon dioxide in human internal and external carotid arteries during hyperthermic condition. Ogoh S, Kohei Sato K, Hirasawa A, Okazaki,  Miyamoto T, Shibasaki M, The second International Conference on Cerebral Autoregulation. Nijmegen, The Netherlands, September 23-24 2012
  • The effect of cerebral blood flow on central chemoreflex during orthstatic stress. Ogoh S, Nakahara H, Okazaki K, Miyamoto T.  AMERICAN COLLEGE OF SPORTS MEDICINE 59TH ANNUAL MEETING, San Francisco, California-USA, May 29-June 2, 2012
  • The central chemoreflex activation induces sympathoexcitation and resets the arterial baroreflex without compromising its pressure stabilizing function.  Saku K, Hosokawa K, Sakamoto T Onitsuka K, Sakamoto K, Tobushi T, Fujino T, Kakino T, Ikeda M, Miyamoto T, Ide T, Sunagawa K.  AMERICAN HEART ASSOCIATION CONFERENCE, Washington, D. C-USA, Sept. 19-22, 2012
  • Central chemoreflex activation resets the setpoint pressure of baroreflex without compromising its function. Saku K, Hosokawa K, Sakamoto T, Onitsuka K, Sakamoto K, Tobushi T, Fujino T, Ide T, Miyamoto T, Sunagawa K. Experimental Biology, San Diego-USA, April 8-25, 2012
  • The central chemoreflex activation induces sympathoexcitation and resets the arterial baroreflex without compromising its pressure stabilizing function.  Saku K, Hosokawa K, Sakamoto T Onitsuka K, Sakamoto K, Tobushi T, Fujino T, Kakino T, Ikeda M, Miyamoto T, Ide T, Sunagawa K. 23rd International Symposium on the Autonomic Nervous Systema, Atlantis - Paradise Island, Bahamas-USA, October 31 - November 3, 2012
2011年
  • Evaluation of Physical Load while Propelling Manual Wheelchair on a Slope. HASHIZUME T, KITAGAWA H, MOHRI T, UEDA H, MIYAMOTO T, YONEDA I, FUJISAWA S.11th European Conference for the Advancement of Assistive Technology, (AAATE). MAASTRICHT, NETHERLANDS, Aug 31 - Sep 2, 2011.
2008年
  • Effects of increased central blood volume on respiratory chemoreflex system controlling ventilation in human. R MIKIYA,Ke KANAO,K MATSUBARA,H KAWAMURA, T NAKAGAWA, J MATSUDA, HUEDA, K MAEDA, A NIWA, H NAKAHARA and T MIYAMOTO. 10th Asian Confederation for Physical Therapy Chiba, JAPAN, 2008.8
  • Cerebral blood flow reactivity to CO2 during exercise. Hayashi N, Ogoh S, Ainslie P and Miyamoto T. FASEB, San Diego, CALIFORNIA-USA, 2008
2007年
  • Quantitative Analysis of Respiratory Chemoreflex System in Rats with Chronic Heart Failure -Analytical Approach to Underlying Mechanism of Ventilatory Abnormality-. Miyamoto T, Kawada T, SugimachiM. FASEB, Washington DC, USA, , April 28-May 2, The FASEB J 21, A1290, 2007
  • Dynamic characteristics of sympathetic nerve activity response to electroacupuncture at Zusanli in anethetized cats. Kawada T, Miyamoto T, Sugimachi M. FASEB, Washington DC, USA, , April 28-May 2, The FASEB J 21, A883, 2007
  • Strenuous regular exercise training almost abolishes the exercise-induced shift of central ventilation controller, thus attenuating exercise hyperpnea. Miyamoto T, Kawada T, Sugimachi M. FASEB, Washington DC, USA, , April 28-May 2, The FASEB J 21, A1290, 2007
2006年
  • Sensitized Central Controller of Ventilation in Rats with Chronic Heart Failure Contributes to Hyperpnea Little at Rest but More during Exercise. Miyamoto T, Inagaki M, Kawada T, Shishido T, Takaki H, Kamiya A, SugimachiM, Sunagawa K, IEEE New York, USA, 2006
2005年
  • Plasma norepi-nephrine does not affect dynamic heart rate regulation by the car-diac sympathetic nerve. Kawada T, Miyamoto T, Kamiya A, Sugimachi M. FASEB, San Diego, California-USA,2005
2003年
  • Metaboreflex changes relationship between end-tidal CO2 concentration and ventilation. Hayashi, N, Miyamoto T, Fukuba, Y., Yoshida T. AMERICAN COLLEGE OF SPORTS MEDICINE 50TH ANNUAL MEETING, SAN FRANCISCO, CALIFORNIA-USA, May 28-31, 2003
2002年
  • High plasma norepinephrine attenuates dynamic heart rate response to vagal stimulation. Kawada T, Miyamoto T, Sunagawa K. XVth Congress of Cardiovascular System Dynamics Society, -JPN, July , 2002
  • Deviation of an operating point reduces dynamic baroreflex gain using heart rate. Kawada T, Miyamoto T, Sunagawa K. FASEB, New Orleans, -USA, April 20-24, The FASEB J 16, A834, 2002
  • Estimation of the total baroreflex gain using heart rate as an instrumental variable. Kawada T, Miyamoto T, Sunagawa K. FASEB, New Orleans, -USA, April 20-24, The FASEB J 16, A485, 2002
  • Effects of circulating norepinephrine on dynamic vagal heart rate regulation. Miyamoto T, Kawada T, Sunagawa K. FASEB, New Orleans, -USA, April 20-24, The FASEB J 16, A1131, 2002
  • Quantitative analysis of human respiratory control system using an equilibrium diagram. Miyamoto T, Inagaki M, Takaki H, Kawada T, Sunagawa K. FASEB, New Orleans, -USA, April 20-24, The FASEB J 16, A814, 2002
2001年
  • Significance of muscle oxygenation measured by NIRS during prolonged exercise below AT. Mimura T, Tanaka S, Ishihara K, Wadazumi, T, Miyamoto T, Fujimoto S. AMERICAN COLLEGE OF SPORTS MEDICINE 48TH ANNUAL MEETING, BALTIMORE, MARYLAND-USA, May 30-June 2, 2001
1999年
  • Oxygen cost of hyperpnea during head-out water immersion. Hayashi, N. and Miyamoto T, AMERICAN COLLEGE OF SPORTS MEDICINE 46TH ANNUAL MEETING, SEATTLE, WASHINGTON-USA, June 2, 1999
1998年
  • Effects of increased central blood volume on cardiorespiratory responses during arm exercise. Miyamoto T, Kinoshita H, Ohshima Y, Fujimoto S, Ikuta K. AMERICAN COLLEGE OF SPORTS MEDICINE 45TH ANNUAL MEETING, ORLAND, FLORIDA-USA, September 9, 1998
  • Significance of decrease in the muscle oxygenation curve by Near Infrared Spectroscopy (NIRS) during ramp exercise. Wadazumi T, Kimura Y, Oshima Y, Miyamoto T, Ohshima Y, Tanaka S, Fujimoto S. AMERICAN COLLEGE OF SPORTS MEDICINE 45TH ANNUAL MEETING, ORLAND, FLORIDA-USA, September 9, 1998
1996年
  • Effects of exercise training on ventilatory threshold, Isocapnic buffering and time constant of VO2-kinetics in athletes. Ohshima Y, Miyamoto T, Tanaka S, Kurihara N, Maeda K, Fujimoto S. INTERNATIONAL COUNCIL FOR PHYSICAL ACTIVITY AND FITNESS RESEARCH SYMPOSIUM 96, TREVISO-ITALY, September 9, 1996
1995年
  • Effects of VT, Isocapnic buffering and time constant on maximal exercise performance in athletes. Ohshima Y, Tanaka S, Miyamoto T, Wadazumi T, Fujimoto S. THE 1995 INTERNATIONAL SYMPOSIUM ON MEDICAL AND GYMNASTIC SCIENCES, FUKUI-JAPAN, October 10, 1995
1994年
  • Effects of treadmill walking in water on ventilatory response in obese subjects. Miyamoto T, Fujimoto S, Kushibuchi Y, Kurihara N, Maeda K. XXV FIMS WORLD CONGRESS OF SPORTS MEDICINE, ATHENS-GREECE, September 12, 1994. 

国内学会
2018年
  • 高強度運動開始前の準備期における呼吸循環系フィードフォワード制御の生理学的役割. 宮本忠吉,外林大輔,伊藤剛,上田真也,中原英博. 第72回日本体力医学会(福井), 2018. 9
  • 運動準備期の高位中枢を介したフィードフォワード制御が運動に対する呼吸・循環系応答のダイナミクスに及ぼす影響. 宮本忠吉,外林大輔,伊藤剛,上田真也,中原英博. 計測自動制御学会ライフエンジニアリング部門シンポジウム.  2018. 9 (福島).
  • 短期間高強度インターバルトレーニングが呼吸・循環系応答に及ぼす影響. 伊藤剛,外林大輔,上田真也,中原英博,宮本忠吉. 計測自動制御学会ライフエンジニアリング部門シンポジウム.  2018. 9 (福島).
  • 体位変換及び運動ストレスが鍼刺激による心拍数減少反応に及ぼす影響 中原英博,上田真也,伊藤剛,河合英理子,宮本忠吉.  計測自動制御学会ライフエンジニアリング部門シンポジウム.  2018. 9 (福島).
  • 工学的枠組みによるシミュレーションを用いた慢性心不全患者における周期性呼吸発生機序の検証. 遠山岳詩, 朔啓太, 宮本忠吉, 筒井裕之, 砂川 賢二. 第24回日本心臓リハビリテーション学会学術集会 2018. 7 (横浜)
  • Exercise Intensity-dependent Predictive Control of Respiratory and Circulatory Systems in humans. Miyamoto T, Ito G, Ueda S, Nakahara H.  第81回日本生体医工学会(北海道), 2018. 6.
  • 運動前の高位中枢による予測的・見込み的呼吸循環制御は運動負荷強度に依存する. 宮本忠吉,外林大輔,伊藤剛,上田真也,中原英博,川田徹,稲垣正司,杉町勝. 第39回日本循環制御医学会総会 (宮崎), 2018. 6.
2017年
  • Development of an anesthetized rat model of mimicked exercise-analytical approach to underlying mechanism of ventilatory abnormality in Heart Failure-. Miyamoto TNakahara H.  第81回日本循環器学会(金沢), 2017. 3.
  • Acupoint Dependence of Depressor and Bradycardic Effects of Manual Acupuncture Stimulation in Human. Nakahara HKawai E, Miyamoto T.  第81回日本循環器学会(金沢), 2017. 3.
  • Feed-Forward Cardiorespiratory Control Mechanism by Higher Brain Center Plays a Significant Role in Enhancing Physiological Efficiency to dynamic Exercise. Miyamoto TNakahara H.  第81回日本循環器学会(金沢), 2017. 3.
  • 正常ラットにおけるシステム同定を用いた呼吸化学受容器反射の機能評価. 遠山岳詩, 朔啓太, 筒井裕之, 宮本忠吉, 砂川賢二. 第23回日本心臓リハビリテーション学会学術集会 2017. 7 (岐阜)
  • 認知課題中の脳自己調節機能:低酸素環境の影響について. 小河繁彦,宮本忠吉,中田大貴, 芝崎学. 第72回日本体力医学会(愛媛), 2017. 9
2016年
  • Differential effects of manual acupuncture at ear and lower extremity on cardiovascular responses in human subjects.異なる部位への鍼刺激による循環応答の差異に関する研究. 中原英博上田真也、河合英理子宮本忠吉. LE2016. 10 (大阪)
  • Olfactory stimulation with scent of essential oil of grapefruit increases blood pressure through the central mechanisms. Grapefruit精油吸入による昇圧反応は嗅神経を介した中枢性の作用機序が関与する 河合英理中原英博上田真也、岡崎和伸宮本忠吉. LE2016. 10 (大阪)
  • Novel parametric method to identify the system characteristics of respiratory central chemoreflex in human. Yoshida K, TohyamaT, Saku K, Nishizaki A,Nishikawa T, Miyamoto T, Tsutsui H, Sunagawa K. 第20回日本心不全学会学術集会 (札幌), 2016. 10
  • Quantitative approach to underlying mechanism of exercise hypenpnea in anesthetized rats Miyamoto T, Manabe K, Kawai E, Nakahara H, Ueda S. 麻酔下小動物を用いた運動時換気決定機構の定量評価モデルの開発に関する研究。宮本忠吉、上田真也、眞鍋幸、河合英理子、中原英博. 第71回日本体力医学会(岩手), 2016. 9
  • Regional difference on cardiovascular responses elicited by manual acupuncture in human. Nakahara H, T,  Ueda S,  Kawai E, Miyamoto. 中原英博上田真也、河合英理子宮本忠吉. 第71回日本体力医学会(岩手), 2016. 9
  • 高位中枢を介した予測・見込み的制御がStep負荷運動時の呼吸循環代謝動態に及ぼす影響. 宮本忠吉、外林大輔、上田真也、中原英博.  第81回日本循環制御医学会総会(大阪), 2016. 6.
  • Quantitative analysis of cardiorespiratory response to odor stimulation by inhaling grapefruit and sweet maejoram esstential oils. Kawai E, Nakahara H, Ueda S, Miyamoto T. Grapefruit及びSweet marjoram精油の芳香刺激による呼吸循環反応の時系列定量解析. 河合英理子中原英博、上田真也、宮本忠吉. 第55回日本生体医工学会大会富山), 2016. 5
    2015年
    • Grapefruit精油吸入による昇圧作用に及ぼす濃度差の影響. 河合英理子宮本忠吉. 第18回日本アロマテラピー学会(横浜)2015.11
    • 中心循環血液量の変化が呼吸化学調節系の動的応答特性に及ぼす影響. 宮本忠吉上田真也河合英理子、中原英博. 第70回日本体力医学会(和歌山), 2015. 9
    • Grapefruit精油の匂い刺激の差が呼吸循環反応に及ぼす影響. 河合英理子、中原英博、上田真也、宮本忠吉. 第70回日本体力医学会(和歌山), 2015. 9
    • アスリートにおける肝糖代謝能の非侵襲的評価法の開発. 上田真也、中原英博、 河合英理子、宮本忠吉. 第70回日本体力医学会(和歌山), 2015. 9
    • Effect of inhalation of different concentrations of grapefruit essential oil on cardiorespiratory function. Kawai E, Nakahara H, Ueda S, Miyamoto T. 計測自動制御学会ライフエンジニアリング部門シンポジウム  (福岡)2015. 7.
    • Effect of changes in central hemodynamics on the dynamic nature of respiratory chemoreflex system controlling ventilation in humans. Miyamoto T, Ueda SKawai E, Manabe K. Nakahara H.  第79回日本循環器学会(大阪), 2015. 3.
    2014年
    • システム解析を用いた呼吸調節系の動的応答特性の定量評価. 宮本忠吉、上田真也、眞鍋幸、河合英理子、中原英博.体力科学 6. 583, 2014. 
    • 心不全モデルラットの麻酔下坐骨神経刺激は心不全における運動時呼吸パターン異常の.革新的再現モデルである. 西崎晶子、宮本忠吉、朔啓太、真鍋幸、上田真也、中原英博、岸拓弥、砂川賢二. 第17回心臓リハビリテーション学会. 2014.7 (京都)
    • 足底及び下腿皮膚への局所的な機械的(圧迫)刺激が血圧、心拍数の経時変化及び下腿・足部浮腫に及ぼす影響. 眞鍋幸、松原勝美、中原英博、上田真也、河合英理子、香西剛、宮本忠吉.第69回日本体力医学会(長崎), 2014.9
    • ストループ課題を用いた認知的負荷が,運動準備期及び運動開始時における呼吸循環系機能に及ぼす影響. 中原英博、 金井啓、眞鍋幸、上田真也、宮本忠吉. 第22回運動生理学会, 2014.7
    • Sweet marjoram精油の匂い刺激が呼吸循環反応に及ぼす影響. 河合英理子、中原英博、上田真也、眞鍋幸、宮本忠吉.第69回日本体力医学会(長崎), 2014.9
    • 水中歩行は消化管ホルモンを介して摂食抑制効果をもたらす. 上田真也、中原英博、 河合英理子、眞鍋幸、臼井 達也、織田 恵輔、宮本忠吉. 第69回日本体力医学会(長崎), 2014.9
    • Quantitative analysis of respiratory operating point during exercise: Development of a rat model of mimicked exercise under anesthesia. Manabe K, Nakahara H, Ueda S, Kawai E, Miyamoto T. 計測自動制御学会ライフエンジニアリング部門シンポジウム 2014. 7 (金沢).
    • Quantitative analysis of cardiorespiratory response to odor stimulation by inhaling sweet majoram essential oil. Kawai E, Nakahara S, Ueda K, Manabe K, T. Miyamoto.計測自動制御学会ライフエンジニアリング部門シンポジウム 2014. 7 (金沢).
    • Differential effects of high-frequency versus low-frequency electrical acupuncture stimulation on blood pressure and heart rate responses. Nakahara H, Ueda S, Kawai E, Manabe K, Miyamoto T. 計測自動制御学会ライフエンジニアリング部門シンポジウム 2014. 7 (金沢).
    • 急性中心血液量の変化が脳自己調節機能に及ぼす影響. ○小河繁彦、平澤 愛、菅原 順、中原英博、上田真也、宮本忠吉. 第28回j呼吸研究会(長崎)
    • Sweet Marjoram精油を用いた嗅覚定常負荷刺激が呼吸循環反応の動的応答特性に及ぼす影響. 河合英理子・宮本忠吉. 第17回日本アロマテラピー学会(横浜)
      2013年
      • 運動刺激による摂食抑制ホルモン分泌亢進の神経性機序. 上田真也、中原英博、眞鍋幸、宮本忠吉. 第68回日本体力医学会 (東京) , 2013年9月
      • Blood flow response to carbon dioxide in human internal and external carotid arteries during hyperthermic condition. Hirasawa A, Shibasaki M Sakamoto, R, Sato K, Okazaki K, Miyamoto T, Ogoh S. 第90回日本生理学会 (横浜) 2013年4月 
      • Cutaneous vascular responses to carbon dioxide in normothermia and hyperthermia in humans. Sakamoto R, Shibasaki M, Sato K, Okazaki K, Miyamoto T, Hirasawa A, Ogoh S, 第90回日本生理学会 (横浜) 2013年4月
      2012年
      • 暑熱負荷時の脳血流量分配. 芝﨑学、佐藤耕平、岡崎和伸、宮本忠吉、小河繁彦. 温熱生理研究会 (愛知) , 2012年9月
      • 暑熱負荷時における二酸化炭素分圧(PCO2)変化に対する外・内頸動脈血流反応. 平澤愛,佐藤耕平, 岡崎和伸, 宮本忠吉, 小河繁彦, 芝﨑 学. 第51回日本生気象学会 (長野) , 2012年11月
      • 暑熱負荷における脳血流量低下に対する外頸動脈血流量の関係性. 佐藤耕平, 平澤 愛, 岡崎和伸, 宮本忠吉,小河繁彦, 芝崎 学. 第51回日本生気象学会 (長野) , 2012年11月
      • 暑熱負荷時の脳血流量分配. 芝﨑学、佐藤耕平、岡崎和伸、宮本忠吉、小河繁彦. 温熱生理研究会 (愛知) , 2012年9月
      • 中心循環血液量の変化が呼吸調節機序に及ぼす影響. 宮本忠吉, 中原英博, 上田真也, 小河繁彦. 第67回日本体力医学会 (岐阜) , 2012年9月
      • フェニレフリン投与が外頸動脈血流量に及ぼす影響.  小河繁彦, 佐藤耕平, 岡崎和伸, 宮本忠吉. 第67回日本体力医学会 (岐阜) , 2012年9月
      • 低酸素環境下での二酸化炭素分圧に対する脳血流反応.  小河繁彦、中原英博、宮本忠吉.  第26回呼吸研究会  ( 岐阜) , 2011年9月
      • 中心循環血液量の変化が呼吸化学調節系の動作点決定機序に及ぼす影響宮本忠吉, 川田徹, 杉町勝. 第13回Neurocardiology Workshop (東京) , 2012年7月
      • 中枢呼吸化学受容器反射は動脈圧受容器反射の血圧安定化機能を変えることなく交感神経活動を修飾する. 朔啓太, 細川和也, 坂本隆史, 鬼塚健, 戸伏倫之, 坂本和生, 藤野剛雄, 柿野貴盛, 池田昌隆, 井手友美, 宮本忠吉, 砂川賢二. 第13回Neurocardiology Workshop (東京) , 2012年7月
      • 動脈圧受容器反射. 第13回Neurocardiology Workshop (東京) , 2012年7月
      • 中枢呼吸化学受容器反射は動脈圧受容器反射のリセッティングを介して交感神経活動を修飾する.  朔啓太 細川和也, 坂本隆史, 鬼塚健, 戸伏倫之, 坂本和生, 藤野剛雄, 柿野貴盛, 池田昌隆, 井手友美, 宮本忠吉, 砂川賢二. 第33回日本循環制御医学会総会(栃木), 2012年6月
      • Effect of Changes in Central Hymodynamics on the Respiratory Chemoreflex System Controlling Ventilation in Humans. Tadayoshi MIYAMOTO, Hidehiro NAKAHARA.  第74回日本循環器学会(福岡), 2012年3月
      2011年
      • 運動時の呼吸循環系を制御する高次脳機能メカニズムの統合的理解―予測・見込み的制御の運動生理学的意義―.   宮本忠吉. ヤマハスポーツチャレンジ(東京). 2011年11月
      • 低頻度・高強度インターバルトレーニングが呼吸化学調節系の換気決定機構に及ぼす影響.  宮本忠吉, 中原英博.  第66回日本体力医学会 (下関) , 2011年9月
      • 低頻度・高強度インターバルトレーニングが漸増負荷運動時の呼吸循環動態に及ぼす影響.  中原英博、宮本忠吉.  第66回日本体力医学会 (下関) , 2011年9月
      • 運動トレーニングによる運動刺激に対するGlucagon-like peptide-1の応答の変化は運動耐容能と関連する. 上田真也宮本忠吉, 中原英博, 宍戸稔聡.    第66回日本体力医学会 (下関) , 2011年9月
      • 起立ストレスによる中枢性呼吸反射変化のメカニズム.  小河繁彦、宮澤太機、中原英博、宮本忠吉.  第25回呼吸研究会  (下関) , 2011年9月
      • Feed-Forward Mechanism by Central Command during Pre-Exercise Preparatory Period Plays a Significant Role in Enhancing Cardio-Respiratory Performance to Dynamic Exercise. Tadayoshi MIYAMOTO, Hidehiro NAKAHARA.  第73回日本循環器学会(横浜), 2011年3月
      • Aerobic Interval Exercise Training Attenuates the Respiratory Drive during Heavy Exercise through Desensitization of the Respiratory Central Controller. Tadayoshi MIYAMOTO, Hidehiro NAKAHARA. 第73回日本循環器学会(横浜), 2011年3月
      2010年
      2009年
      • 静水圧による循環動態の変化がヒト化学反射系の換気決定機構に及ぼす影響. 宮本忠吉,三木屋良輔,中原英博. 第回生体生理工学シンポジウム (仙台), 2009年9月
      • 低周波鍼通電刺激は心拍数及び血圧の低下効果をもたらす. 中原英博,川田徹,山本裕美, 杉町勝, 宮本忠吉. 第回生体生理工学シンポジウム (仙台), 2009年9月
      • 車いす走行中のエネルギー消費と駆動力の研究.橋詰 努, 北川 博巳, 上田 喜敏・宮本 忠吉, 高見 正利,正 米田 郁夫,鎌田 実, 松下 征司, 藤澤 正一郎, 末田 統
      • 「静水圧要因による循環動態の変化は呼吸化学調節負帰還システムの静特性を変化させる」. 宮本忠吉, 三木屋良輔, 中原英博, 川田徹, 杉町勝. 第10回Neurocardiology Workshop 東京, 2009年7月
      • Central blood volume shift induces the functional change in chemoreflex feedback system controlling ventilation. Ryosuke MIKIYA, Hidehiro NAKAHARA and Tadayoshi MIYAMOTO. 第73回日本循環器学会(大阪), 2009年3月 
      • Electrical acupuncture stimulation at low frequency lowers heart rate and blood pressure responses in human. Hidehiro NAKAHARA Toru KAWADA Masaru SUGIMACHI Tadayoshi MIYAMOTO. 第73回日本循環器学会(大阪), 2009年3月 
      • 低周波鍼通電刺激がヒトの心拍反応に及ぼす影響-再現性及び鍼刺入深度による影響の検討-.中原英博、宮本忠吉. 第23回近畿体力医学会. 2009. 1 大阪
      • セントラルコマンドによる予測的な制御が運動負荷開始前後の呼吸循環反応に及ぼす影響. 外林大輔、中原英博、宮本忠吉. 第23回近畿体力医学会. 2009. 1 大阪
      2008年
      • 水浸による中心循環血液量増加が呼吸化学調節フィードバックシステムの換気決定機構に及ぼす影響. 三木屋良輔、宮本忠吉 平成20年11月:第19回日本臨床スポーツ医学会(千葉幕張) 2008. 11
      • 運動時の呼吸調節と脳血流調節の相互作用. 宮本忠吉、外林大輔. 第19回日本臨床スポーツ医学会(千葉幕張) 2008. 11
      • 高位中枢による予測的な制御が運動負荷開始前後の呼吸循環反応に及ぼす影響. 外林大輔、宮本忠吉. 平成20年11月:第19回日本臨床スポーツ医学会(千葉幕張) 2008. 11
      • 鍼通電プログラム刺激がヒトの心拍・血圧反応に及ぼす影響. 中原英博、宮本忠吉. 第63回日本体力医学会 大分, 2008年9月
      • 運動時の呼吸化学調節と脳血流流反応の相互連関機構の解明.  宮本忠吉、林 直亨、中原英博、小河 繁彦 第63回日本体力医学会 大分, 2008年9月
      • ムスカリンK+チャンネルを介した迷走神経性心拍数制御におけるaccentuated antagonism. 水野正樹、宮本忠吉. 第63回日本体力医学会 大分, 2008年9月
      • 中心循環血液量の増加は呼吸化学調節系の中枢機序を介して換気反応の抑制効果をもたらす.三木屋良輔、金尾顕郎、丹羽亜希美、前田薫、上田喜敏、中川司、松田淳子、宮本忠吉. 第43回日本理学療法学術大会 福岡市 2008. 5
      • 換気量が中大脳動脈血流量に与える影響. 林直亨、小河繁彦、Ainslie Philip、宮本忠吉. 第85回日本生理学会大会 東京 2008年3月 
      2007年


      2006年

      • Presynapticα2-adrenergic negative feedback shortens the time constant of sympathetic heart rate response. 水野正樹、宮本忠吉. 第70回日本循環器学会総会 名古屋 2006.3
      • 心不全ラットにおける呼吸化学調節系の定量評価-呼吸異常のメカニズム解明への解析的アプローチ. 第 45回日本生体医工学会大会福岡2006.5
      • 心不全ラットにおける呼吸異常発生機構の解明-統合的枠組みによる化学反射系の定量評価-第27回日本循環制御医学会総会 東京2006.5

      2005年

      • Regular exercise training attenuates exercise hyperpnea through desensitization of the respiratory central controller. Miyamoto T, Inagaki M, Takaki H, Shishido T, Kawada T, Yamamoto, K., Sunagawa K., Sugimachi, M. 第69回日本循環器学会総会 横浜 2005. 3
      • 長期運動トレーニングの実施は呼吸化学調節系の制御部と被制御部の適応を引き起こし運動時換気昂進反応を抑制する. 宮本忠吉. 第15回日本臨床スポーツ医学会 大阪 2005. 11
      2004年
      • アスリートの運動時換気昂進抑制機構の解明. 宮本忠吉,山元健太,砂川賢二. 第59回日本体力医学会 埼玉 2004. 9
      • 心臓交感神経刺激はαアドレナリン作用を介して迷走神経による動的心拍数調節を抑制しない. 宮本忠吉, 柳谷雄介,高木洋, 稲垣正司, 川田徹,杉町勝, 砂川賢二. 第5回Neurocardiology Workshop東京 2004. 7
      • 交感神経活動調節における動脈圧反射と筋機械受容器反射との相互作用は閾値加算モデルで説明できる. 山元健太, 川田徹,神谷厚範,高木洋,宮本忠吉,杉町勝. 第25回循環制御医学会 北海道 2004. 6
      2003年
      • 運動時換気量決定機構の定量評価. 宮本忠吉, 山元健太, 砂川賢二. 第58回日本体力医学会大会 静岡 2003. 9
      • ヒト呼吸化学調節系の動特性の定量評価.宮本 忠吉、稲垣 正司、高木 洋、川田 徹、宍戸 稔聡、神谷 厚範、杉町 勝. 第41回日本エム・イー学会 北海道 2003. 6
      • 運動時の呼吸化学調節フィードバックシステムの定量評価. -運動時換気決定機構解明への解析的アプローチ-. 宮本忠吉, 高木洋, 稲垣正司, 川田徹, 柳谷雄介, 杉町勝, 砂川賢二. 第54回循環負荷研究会 東京 2003. 8 
      • 呼吸の化学調節による運動時換気決定機構. 宮本忠吉, 稲垣正司, 高木洋, 川田徹, 柳谷雄介, 杉町勝, 砂川賢二. 第24回日本循環制御医学会 大阪2003. 6
      • 運動時換気亢進のメカニズム解明への解析的アプローチ. -平行線図解析法による呼吸化学調節系の定量評価-. 宮本忠吉, 稲垣正司, 高木洋, 川田徹, 柳谷雄介, 杉町勝, 砂川賢二. 第41回日本エム・イー学会 北海道 2003. 6
      2002年
      • 統合的枠組みによる化学反射系の定量評価. 宮本忠吉, 稲垣正司, 高木洋, 砂川賢二. 第17回呼吸研究会 高知2002. 9
      • 心拍数を媒介変数とした動脈圧反射ゲインの推定. 川田徹, 鄭燦, 宮本忠吉, 上村和紀, 柳谷雄介, 杉町勝, 砂川賢二. 第41回日本エム・イー学会 京都 2002. 6
      • 呼吸の化学調節による換気決定メカニズムの定量評価‐平衡線図による解析的アプローチ‐. 宮本忠吉, 砂川賢二. 第57回日本体力医学会大会 高知2002. 9
      • 呼吸の化学調節フィードバックシステムの定量解析. 宮本忠吉, 稲垣正司, 高木洋, 宍戸稔聡, 柳谷雄介, 川田徹, 杉町勝, 砂川賢二. 第17回生体・生理工学シンポジウム北海道2002. 9
      • 呼吸調節系における換気量決定機構の定量化. 宮本忠吉, 稲垣正司, 高木洋, 宍戸稔聡, 川田徹, 柳谷雄介, 鄭 燦, 上村和紀, 杉町勝, 砂川賢二. 第23回日本循環制御医学会 横浜2002. 5
      2001年
      • 平衡線図解析法を用いた呼吸調節系の統合特性の定量化. 宮本忠吉, 稲垣正司, 高木洋, 宍戸稔聡, 杉町 勝, 砂川賢二. 第41回日本エム・イー学会 京都 2001. 5