運動生理学(実習)
 


A. 運動生理学実習

 1. 運動生理学実習について(概要)
 2. 身体計測
 3. 血圧測定-安静時・運動時の変化-
 4. 心電図-基礎と判読-
 5. 筋電図-測定と解析-
 6. 呼吸・循環測定-安静時・運動時の変化-
 7. 体力測定-文部科学省の「新体力テスト」-
 8. 基礎代謝量・安静時代謝量の測定
 9. 運動負荷試験・CPX -自転車エルゴメータ:実施
10. 運動負荷試験・CPX -自転車エルゴメータ:データ処理-
11. 運動負荷試験-ステップテスト:実施-
12. 運動負荷試験-ステップテスト:データ処理-
13. 運動におけるエネルギー消費量の計算
14. 運動処方:実施
15. 運動処方プログラムの作成



B. 運動生理学実習Ⅱ
 
テーマ 「咲洲健康ウォーキングマップを作成しよう!」
 

上記課題に対して、班単位で取り組み、運動時の呼吸、循環、代謝反応を測定する方法論の基礎を学びます。また、グループ学習、課題レポートの作成過程を通じて、一般人の健康維持増進に必要な運動処方プログラム作成の考え方を身につけます。

学習目標

●第一次予防の視点に立って運動が健康づくり、特に生活習慣病予防に役立つ根拠を説明できる。

●スポーツ選手の運動能力や、呼吸循環器疾患における運動不能の原因、およびその症状を鑑別するための「心肺運動負荷試験」を実施することの意義を理解できる。

 

C. 運動生理学実習Ⅲ
 
テーマ 「運動に対する生体反応やその仕組みについて調べてみよう!」
 

学生が疑問に感じ、調べてみたいと思ったテーマについて、班単位で実際に実験、調査を行い、そこで得られた成果を、考察し、まとめる過程(グループ学習、レポート作成、プレゼンテーションによる成果発表)を通して、運動の生理学についての理解を深めます。

 学習目標

●これまでに学んだ呼吸、循環、代謝機能に関する生理学の知識をベースとして、さらに運動負荷時や長期トレーニングによる呼吸循環代謝反応の量的、時間的動態を理解し、その評価やその反応をもたらす背後にあるメカニズムの説明(考察)ができる。

 

C. 運動と栄養(中村)

運動時における呼吸循環反応のメカニズムを理解するには、まず運動時のエネルギー代謝機構に関する十分な知識、理解を有している必要があります。本講義では、「運動と栄養」の観点から運動時のエネルギー代謝機構に関する講義を行う予定です。

 学習目標

運動時のエネルギー代謝機構について説明できる。


 
 
 

テーマ 「咲洲健康ウォーキングマップを作成しよう!」

 
 
 
 
『QOL(キュー・オー・エル)』とは?

 英語のクオリティー・オブ・ライフ(Quality Of Life) の頭文字をとった略語で、日本では『生活の質』と訳されています。わが国の平均寿命は女性はいまや世界一で、男性も世界2位であり、これまでどの国も経験したことのない急速なスピードで高齢化社会を迎えようとしています。ただ長生きするのではなく、健康で生活が豊かな生き生きとした人生をおくること(健康寿命を長くすること)は、これからの私たちすべてにとって最も重要な課題といえます。 


演習Ⅱ


集合時刻

  特に断らない限り毎回13 時から実施するので、その5分までには集合すること。本講義は、小グループに分けて実施する。

人体の機能実習とリンクさせた授業を行います。

 

テーマ

 「咲洲健康ウォーキングマップを作成しよう!」

 

目的

1.運動中の呼吸・循環・代謝機能をフィールドにおいて調査するための方法論を学ぶ。

2.フィールド調査で得られる生理学的データに基づき、咲洲地区における目的別ウォーキングコースを開発する。

3.咲洲健康ウォーキングマップを作成し、健康の維持増進に役立つ実際的な資料として活用できるようにする。

⇒内容がよければ地域住民への配布、HP掲載も考えています。

 

 

 授業風景
 

実習前の準備

①あらかじめ実習プリントを読み、実習の目的、手順、実習の意義などを理解しておく。

②教科書などを調べて、結果を予想しておく。

③実習で修得すべき専門知識、専門技術を調べておく。

 

実習中の注意事項

①実験対象である人間に苦痛や不快感を与えないように注意して実験を行う。

②器具、測定機器は大切に扱う。

③実験中、ガラス器具や針などを使う場合は取り扱いに十分注意する。

④私語は実験に影響を与える可能性があるため、実習中は不必要な会話をしない。

(減点の対象となる。)

⑤実習終了後、機器を使用前の状態に戻し、必要に応じて器具の洗浄、教室の清掃を行う。

 

レポートの作製について

①レポートは各担当教員が指定した期日までに提出する。

②各担当教員が内容十分と認めたレポートは、数日以内にその旨を記して返却する。その時点をもって、その項目の履修が完了したものと認定する。内容不十分なレポートについては返却し、再提出を求める。

③全項目の履修完了が単位認定の必要条件のひとつである。レポートを提出しなかった場合、また、指示があったにもかかわらず再提出に応じない場合は、履修しなかったものとみなし、単位を認定しない。

 

レポートの形式

 ①使用用紙:A4

 ②一枚目は表紙にする。

  表紙には、実習項目、学科、学籍番号、氏名、共同実習者、実習年月日、時間、場所、天候などを記載する。

感想

 必ず書いてください。

 

※ 注意事項

「咲洲健康ウォーキングマップ」の作成にあたっては、個人であれば個人名を、何人かで協力して作成した場合は、そのメンバーの名前をマップの下に記入してください(例 ○○、○○、○○の3名で協力して作成)。 

 

 

 
 

実習内容

対象1名

実験プロトコール

座位安静時、一定負荷運動時において、以下の測定を実施。

測定項目

1)酸素摂取量(VO2)、呼吸商(RQ)、消費エネルギー(kcal)の測定

直接熱量測定法により、炭水化物・脂肪・たんぱく質の混合食は、

酸素1リットル当り約5kcalのエネルギーを放出することが確認されています。

2)心拍数の測定 「運動強度(%最大心拍数)の評価ができます。」

3)歩幅と、歩行距離の測定 (予め調べておく)

4)万歩計を用いた歩数の記録 (当日配布します)

5)自覚的運動強度(RPE)の記録 (当日配布します)

6)コースの要所、要所でデジカメ撮影をしてコメント、様々な注意点等を書き留める。

 

課題レポートの提出 (以下の説明文を参照)

「咲洲健康ウォーキングマップ」と「運動指導レポート」

A4版用紙にて作成(枚数は問いません、内容の充実度とわかりやすさを重視します)

 

課題

昨日、あなたは、咲洲地区在住のおばあちゃんから、「咲洲地区周辺で健康維持増進にいい運動プログラムを作成してもらえないかという依頼を受けました。「咲洲健康ウォーキングマップ」をどのように活用(作成)して、科学的、かつ安全で効果的な運動の指導にあたりますか?

上記視点から、「咲洲健康ウォーキングマップ」を作成し、さらに以下の項目に配慮した「運動指導レポート」を添えて提出してください。尚、波線の依頼頼内容については、自ら考えた内容でもOKとします。

1. ウォーキングの効果

2. ウォーキングの方法

 姿勢、運動の強度と時間、頻度、ウォーミングアップとクーリングダウン

3. ストレッチング

4. ウォーキングを長続きさせる工夫

5. その他、必要と思われるアドバイス等

 

 咲洲地区におけるウォーキングコースの選定

 
 
 
 

提出Mapとレポートにおける留意事項

 

グループで測定した以下のデータ、各項目は、Map、指導レポート内に必ず盛り込み仕上げるようにする。

 

① 測定日、天候は記入しておく(気温、湿度)の記載もあれば尚良い。→夏場と冬場で同じ運動をしてもデータは異なるはず。→レポート作成に当たりこのような視点も考えの中に入れておけば、高い評価が得られます。

② 以下の測定項目について、Mapや、レポート内にグラフや数値を利用してわかりやすく詳細に記入すること(表記の基本は平均値±標準偏差値を用いる)。その際に個人レベルでの最大値と最小値も同時記述しておくと尚よい。

測定項目:歩数、距離、歩行速度、自覚的運動強度、生理学的指標として酸素消費量、消費カロリー、呼吸商(RQ)、心拍数の各項目、Map上の要所要所での注意事項等も記載。

③ 運動指導レポートは上記データを最大限に利用し、自分の力で結果を正確に解釈してた上で、文章作成に取りかる(ここが自分たちでしかできないオリジナルな部分となります;どの教科書にも載っていない貴重な部分です)。当然、測定したデータだけでは十分な指導書が作成できないので、その足りない部分は、自ら調べてきた資料を随時引用し、内容の充実度を増す努力をする。

④ すでに、配布した資料にも書いていますが、指導を行う対象者や、指導内容(目的)は、各自、設定し直しても良い(例えば、友人のダイエット指導にMapを活用するでもOK)。

⑤ レポートの評価は中身の充実度(内容の深さ)を見ます。測定したデータと、自分で調べた資料をもとに、自らが考えたオリジナルな指導内容となるように心がけてください。

 

講義資料に以下の項目をあげていましたが、これは、上記の趣旨で指導レポートを書く際に、ある程度踏まえておけばよい項目として列挙しているだけです。以下の内容を調べて、それを記述することが本授業の課題レポートの趣旨ではないので、勘違いしないようにお願いします。

 

1. ウォーキングの効果

2. ウォーキングの方法

 姿勢、運動の強度と時間、頻度、ウォーミングアップとクーリングダウン

3. ストレッチング

4. ウォーキングを長続きさせる工夫

5. その他、必要と思われるアドバイス等

 

わからない点があれば、いつでも対応するので、4F研究室まで直接聞きにくるように。昼休みであれば比較的時間は空いていると思います。