本体と使い方


ダウンロード

windows 32bit 用です (64bitで動くことは確認済み)


PMDImporterは最近の変更ですこしおかしくなったので、過去バージョン晒しておきます。
VMDImporterは最新のバージョンが良いと思われます。

2011/12/23 7:30(現在)
2011/12/23 7:28

    2011/12/24 PMDImporterでマリエルさんを読み込んだときに何も読み込めなかったのを修正しました
    2011/02/01 回転を修正
    2011/01/19 PMDExporter完成度が微妙すぎるので一旦削除
    2011/01/17 3:31 2.49bベースのビルド。PMDImporterちょっと変更(両目ボーンに対応)、PMDExporterベータ版同封。
    2009/10/16 01:42  距離に応じた輪郭線なビルド
    2009/09/29 22:56  GLSLMaterialsのZバッファ→CompositeNodeのビルド
    2009/05/09 19:10 初音ミクIKFK切り替えモデル(see.参考資料)
    2009/05/05 2:26 Nodeコピペ人柱ビルド
    2009/03/01 : 23:31 目修正、回転補正の値変更してみた。
    2009/02/28 : 改造Blenderを2.48aベースver2に。
                       HTMKちょっとだけ足細く。「い」(shape_i)追加
  2009/02/06 : 眉毛のShapeKeyのIpo消し忘れてたので削除
          口の「い」(shape_i)が作ったはずなのに何故か消えてる…。そのうち修正予定


参考資料


使い方
  1. Blenderを起動し、 Miku.blend を開いてください。
  2. このような画面になっていることを確認します。
  3. Armature(ボーン)が表示されていないので、「Shift」キーを押しながら、レイヤー5を押して表示してください


  4. VMDから、モーションを読み込む場合はArmatureを選択、表情を読み込む場合は、顔のMeshを選択、
    Lampを読み込む場合はLampを、Cameraを読み込む場合はCameraを、それぞれ選択します。
    複数選択し、1度で読み込むことも可能です。
    Blenderが良く分からない人は、画面で「a」キーを何回か押して、以下のようにピンクになればおkです
     *Blenderは標準では右クリックで選択、Shift + 右クリックで複数選択です。)


  5. スクリプトウインドウを開き、Script→Import→VMDImporterを選択し、.vmdファイルを読み込んでください。


  6. ファイル選択ウインドウが消えるまで(読込みが完了するまで)待ってください。

  7. ここで全て読み込み、3Dビューの画面が大幅に崩れた場合は、
    カメラのモーションの読込みが上手く行かなかった可能性が高いです。

    カメラの設定をご覧ください。

  8. 完了したら、ButtonWindowを開き、フレーム数の設定を行います。
    上の*部分が、現在のフレームを表していて、読込み後は最終フレームになっているので、
    Anim設定のEndにそれを入力した後、*部分の現在のフレームを1にします。


  9. 左側の3Dビューで、「Alt」キーを押しながら「a」キーを押し、さらに
    「Esc」キーで止まります。


  10. 録画するときは、ButtonWindowを開き、出力先と、フレーム数や出力形式、輪郭線を調整し、

  11. Ctrlを押しながら、「Render this windowボタン」を押します。


    -------------------------- ここからもうちょっと表示を軽くしたい人向け -----------------------------------

  12. 軽くするために、下のNLAウインドウで、mikuを選択し、
    「Shift」キーを押しながら「a」キーを押し、出てきたポップアップを選択し、ストリップと呼ばれるものにします。

  13. ストリップが生成されたら、アクションウインドウを開き、アクションを「x」ボタンで外します。


    -------------------------- ここから重くてもいいから綺麗に表示したい人向け -------------------------
  14. 体(肌の部分)と髪などに、Subsurf を適用します。
    lv1で面数が約4倍になるので、lv1以上にはしないほうが良いです。
    なお、スカートは初期状態でlv1になっています
  15. またグラフィックボードの設定で、FSAA(アンチエイリアス)を強制すると、綺麗に表示されますが、
    グラフィックボードのドライバによってはモデリング時に暗転する問題が確認されていて、まだ未解決です。
    しかし、暗転しても無理やりモデリングすれば出来ないことも無いので、当方そのままモデリングしております。

    -------------------------- 他のボーンデータも読み込んで使用したい職人
    -----------------
    -------------------------- または、自作モデル等で使いたい人向け -------------------------
  16. 仕組みは、基本的に、旧スクリプトと変わっていません
    scriptsフォルダの中の vmddef.csv をご覧ください

サブページ (1): カメラの設定
ċ
Blender248VMD.zip
(9590k)
uimac jp,
2011/01/19 4:55
ċ
Blender249VMD.zip
(17584k)
uimac jp,
2011/12/23 7:30
ċ
HTMK_20090206.zip
(1574k)
uimac jp,
2009/02/06 4:04
ċ
Miku.zip
(1573k)
uimac jp,
2009/02/28 9:04
ċ
Miku_IK.zip
(1543k)
uimac jp,
2009/05/09 2:58
ċ
Miku_UdeIK.zip
(1519k)
uimac jp,
2009/02/27 13:13
ą
uimac jp,
2009/02/05 3:12
Comments