Facebookページ






SM 診断(3期生 Rentoさん)



姉がいつも「あんたはSだねぇ」や「あんたはそういう所が価値観S」「でも行動はMだよねぇ~」と昔から人を勝手にブログ で揶揄していました。
「診断プログラムを作ったら面白くない?」
ということからHTMLで、見た目の冴えない単純なサイトを作った所、1日17万ページアクセスと いう盛り上がりでした。しばらくこの事件は忘れていたのですが。
RainbowAppsに通いだし「何か自分で作りたいがまだ解らないことだらけ」と思っている所 思い出しました。
階層をたどればいいという事で「手始めには簡単で勉強にもってこいだ!しかも姉の毒舌は人気だった。」と思い、このアプリ作成に向けて勉強しました。
画像コンテンツは全部姉が用意してくれたので、配置とプログラミングに配置出来るという簡単な作業 で…つまずきました。
インスタンス化やクラスの概念がまったく解っていなかった為、かなり最後まで画面遷移だけが出来ませんでした。
ようやくブルートゥース、相性診断などの機能などもつけて発売できました。
今後は英語版、またツイッターの認証が変わるので対応などを考えています。







カロリー管理(1期生 佐藤宏亮さん)



一期生の朴氏と目指すアプリの内容が一致し制作を開始。
途中、同じく一期生の垣花さんもデザインで参加していただき3人での作業となりました。当初は2ヶ月ぐらいで完成!と考えていましたが、作れば直しの連続と、より良いものに!と思った結果、企画からリリースまで半年かかってしまいました。
幾多のカロリー管理アプリを吟味し、自らのダイエット経験と作り手の拘りを取り込み、徹底的に分かり易いインターフェイスを追求、、それだけの完成度をもってリリース出来たのではと自負しています。
一般食の2151件に加え、41種類の外食チェーン店のメニュー5189件はすべて自力で調査、そしてデータ編集・・・。
何よりプログラム担当の朴さんがいちばん大変だったと思います。
そして垣花さんのデザインでアプリのクォリティも高まりました。
「カロリー管理」はそんな3人の力を合わせた結果です。
類似アプリには絶対負けない使えるアプリです!











かけざんロボ(2期生 水谷さん)



この春、娘がピカピカの小学1年生になりうれしく思っていたところ、お風呂に「くくひょう」が貼ってありました。
数字に興味を持ち始めた娘のために、家内が100円均 一で購入したものです。このとき、ひらめきました。お父さんが「iPhoneアプリ」で作ってあげようと。
ただ覚えるだけでなく、覚えたての九九で遊べたらそれは楽しいに違いない。
毎日2時間の開発で約1週間。iPhoneの開発環境は快適で、とても簡単に作れることに驚きです。
ボタン画像やアイコンは、プレゼン資料作成につかうパワーポイントを酷使。
朝 食を食べながら家内にレビューしてもらうなど、
開発の段階から家族で大いに楽しめました。
小学生相手のアプリとして、ぬくもりのあるゲームを目指しました。
ほのぼのと、家族団らんの際に「かけざんロボ」で遊んでいただければ幸いです。












カフェさがし(3期生 平塚さん)



【機能】カフェさがしでは、、、、
wifi使える店を探したい!
PCの電源ある場所知りたい!
たばこの煙はちょっと。。。とか 個室でゆったりしたいとか。。。
などなど、いろんなニーズで、検索ができたりします。
ほかにも、自分の知ってる店をみんなに教えてあげたい!
このカフェをツイートで知らせてあげたい!
などなど、機能は盛りだくさんです。
ぜひ是非どうぞです!

【開発に苦労したこと】
Google App Engineを使って、サーバ側の開発をしたのですが、そこが予想以上に苦労しました。
データの管理ツール作ったり、API作ったりとか。とかとか。
データがもうちょいたまったら、APIで商売できるかも(笑)













婚活レシピ(6期生 Sal Companyさん)




「おれ、料理得意なんだ…」 「ごちそうするから、うちにおいでよ…」と、いってみたいと思いませんか? 
でも、現実は料理したことないし、道具もないし、どうしていいのかわからない… 
そんな人のために、プロの調理師の姉妹で「婚活レシピ」を作りました。
★「準備」コーナーでは… 
料理に必要な道具の一覧:全部写真つき。iphone片手に道具を買いにいけます! 
料理の基本:人には聞けないただしい包丁の使い方、調味料の計量のしかた、などを写真つきで確認! 
おもてなし:おいしい料理をさらにひきたたせる、食器の選び方と簡単なテーブルセッティングについて。もちろん写真つき! 
★レシピコーナーでは… 
彼氏彼女につくってほしい料理トップ5を含む、人気もメニュー50品を掲載。 
♪赤ワインにあうディナー:煮込みハンバーグ、オムライス、カルボナーラなど 
♪白ワインにあうディナー:エビマカロニグラタン、ペペロンチーノ、ロールキャベツなど 
♪ビールにあう家庭的な料理:肉じゃが、炒飯、回鍋肉など 
♪ちょっとうんちく♪まめ知識:赤ワインの豆知識、白ワインの豆知識 
などなど… 料理上手をアピールできること間違いなし! 

料理手順と行程は、すべて写真で紹介されているので、失敗しません。 
手料理をふるまう幸せをあなたに♪ 



KAKUREicon(7期生 鈴木治さん)




『KAKUREicon』は今までにない、まったく新しいタイプの壁紙作成アプリです。
リリース前にもかかわらず、非常に多くの方から「かわいい」「おもしろい」とご意見をいただいておりました。そして、リリース後も「癒される」「和む」とご好評をいただいております。
アプリの内容は、言葉で説明するより、動作をご覧頂いた方がよいかと思いますので、動画をご覧下さい。いかがでしたでしょうか。『KAKUREicon』によって、iPhoneのホーム画面が2倍、いや、10倍楽しくなると思います。缶ジュース1本分のお金で、この”ちら見せ体験”をすることができるので、ぜひお試しください。

【開発背景】
「可愛いアイコンであれば、アプリを起動せずともホーム画面に置いておく」という女性の意見が、
企画のきっかけです。そこから”ホーム画面をかわいくするアプリ”という視点で、アプリの企画を考え始めました。また、ある日、友人に「この壁紙面白くない?」と見せられたのが、アイコンの後ろに写真が隠れている壁紙でした。私は「これだ!」と思い、一気にアプリ開発に専念しました。
実装はどうしようかと最初は悩みましたが、RainbowAppsスクールでベースとなるアプリが教材
として講義中に使われていたのが幸いし、スムーズに実装することができました。そして、アイコンイメージ、ネーミング等々考え、ようやく『KAKUREicon』を完成することができました。女性の意見を参考にさせていただいたので、特に女性に買っていただければと思います。
 




レジ金種計算(5期生 山口さん)



紙幣や硬貨の金種毎に枚数を入力して金額計算が簡単に出来るアプリです。 
販売店のレジ精算時や毎日の会計処理、お財布の中身の金額計算などお金の計算をする様々な場面で利用できます。
【特徴】
紙幣は1束:100枚単位と、バラの枚数で入力が、硬貨は1本:50枚単位と、バラの枚数で入力出来ます。 紙幣は、2000円札も入力可能です。 テンキーでシンプル入力、隠れる部分はスクロールしながらの入力が可能です。 
【操作方法 】
金種毎の束数・本数、または枚数の入力部分をタップ(押)します。 ガイドの”束”・”本”・”枚”が消えて、テンキーが表示されますので、数字を入力します。 ”¥”ボタンをタップ(押)しますと、テンキーが収納されて、各金種毎の小計と合計金額が表示されます。 束数・本数は、999束・999本が入力可能最大数となります。(最大数を超えると入力エラーが表示され、計算されません。) 枚数は、9999枚が入力可能最大数となります。(最大数を超えると入力エラーが表示され、計算されません。) ”C”ボタンをタップ(押)しますと、各入力部分がクリアされて、ガイドの”束”・”本”・”枚”が表示されます。 
【開発の背景 】
昔、ファミリーレストランでアルバイトをしていたときに、お客様の応対をしながら、合間を見て短時間でレジの現金精算をする仕事がありました。その際、紙幣と硬貨を金種毎に数えて金額を計算することに、随分苦労した覚えがありました。そこで、金種計算が簡単に出来る電卓アプリを作ろうと思い立ちました。 
※注意事項 
万全なテストをいたしておりますが、本アプリケーションの計算結果の利用は利用される方の責任においてお願い致します。万が一、本アプリケーションの計算結果によって利用される方の業務等に支障が生じた場合であっても、製作者及び監修者は一切責任を負えませんのでご了承ください。



ポットマン(3期生 臼井れんとさん)




3期生のれんとです。
以前制作した「SM診断」からずいぶんと時間がたってしまいましたが、新しいアプリをようやくリリースする事が出来ましたので自慢させて頂きます。新しいアプリは、とてつもなくシンプルなアクションゲーム「ポットマン」です。
世界観にこだわって作りました!
すでにレインボーアップスの他の卒業生の方にやってもらい「なにこれおもしろい」「5時間やりこんだ!」「はまった、、、」「れんとくんを倒すのは俺だ!」などの声を頂いております!
ポットマンはつぼに入ったアフロのヒーローです。
トーテムポールの上をジャンプするのでiPhone/iPodを傾けて落下しないよう上手くコントロールし着地します。
ポールの真ん中に続けて乗るとコンボとなります。
コンボはポールの端にのった時と比べて倍以上の得点が入ります!
進めば進むほどトーテムポールは細くなり難しくなります。
雲が吹くいたずら風の妨害や背中に乗れる鷹などを利用したり、友達と競い合う、やり込み系のゲームとなっています!
しつこくやればやるほどハマるはず(笑)ですのでよろしくお願いします!
本体を傾けるだけなので子供から大人まで遊べると思います!
ゲームセンター内Rento83で今のところ(10/12/22)1位なので倒しにきてください!
抜かれないよう必死です(笑)




YuMP(7期生 阿部さん)




iPhoneで音楽を楽しんでいる方へ!
もうポケットから出さなくていい。注視しなくていい。
「ボタンが・・でっかくなっちゃった!」

YuMP 音楽プレイヤー
http://itunes.apple.com/jp/app/yump/id409071337?mt=8&uo=4

【開発背景】
いまやお馴染みのiPhone。
タッチパネルでかっこいいですが、音楽を聴くうえではちょっとだけ難点がありました。
ボタンがついていないので、選曲の際にはポケットやカバンからiPhoneを出して、いちいちボタンの位置を確認しなければならなかったのです。私自身、音楽をよく聴くのですが、身動きの取りづらい満員電車などでは選曲が自由にできない状態でした。
「 少し残念 」 と思う気持ちと同時に、これは解決しなければ!
という気持ちが湧き、そこから開発がスタートしました。

まず、タッチパネル式のiPhoneで感覚的に操作するにはどうしたらいいのか?
いろいろ考えた結果が、ボタンサイズを最大限まで大きくすることでした。
そして今、アプリが完成してからは自分でもお気に入りで毎日使っています。
また、使ってみて気づいたのですが画面を見なくてもいいので、画面を注視できないドライブシーンなどでも大変便利です。
もし他にも便利な使い方等ありましたら、お教え頂ければ幸いです。「音楽とiPhoneを愛する方にストレスフリーを♪」





不思議な楽器(10期生 森田さん)



【簡単な説明】
お菓子のアイコンに録音した音を再生して楽しむシンプルなアプリです。
いろいろな音や声を録音して楽しんでください。
ボタンを続けて打ったり、いくつかのボタンを一緒に打つことによって
不思議な音が生まれます。
【開発背景】
以 前からプログラミングに憧れと興味は持っていたものの、10日で覚えるC言語を32ページで挫折してから、ずっと手を付けられずにいました。
今回RainbowAppsスクールに申し込み、なんとか一つ完成させようと心に決めました。
スクールを企画された方々、講師の皆様、一緒に学んだスクール受講生の皆様方のおかげでプログラム経験ゼロのところからなんとか出来上がったアプリが不思議な楽器です。
作り方としてはVoicePianoをはじめ講義で使ったサンプルコードを参考に機能を追加しています。
今後、大幅なアップデートを行う予定です。
Ver.2.0を是非お待ちいただければと思います。








iGS(10期生 石田さん)




【機能/特徴】
車でお出かけの際に気になるガソリン価格。
"iGS"は、ガソリン価格投稿サイトhttp://gogo.gsの情報を利用して
最寄りの最安値スタンドを調べることができます。
  • 不慣れな外出先でのガソリン給油
(もう少し先にもっと安いスタンドがあった!/給油したいけどスタンドはどこ?)
・家の周りでいつもよりもっと安いスタンドはない?
などのシチュエーションで、活躍するアプリです。
各種油種や系列店舗での絞込みにも対応しています。
また、クチコミガソリン価格情報投稿機能も搭載。
みなさまの価格投稿により、より充実した情報が還元されるサービスになっています。
・・・という、カーライフを陰ながら支援するアプリです。
是非ご活用ください!
(運転中のご利用はご遠慮ください・・・)
【開発にあたり】
  • なにしろ起動一発で必要な情報が見られること。
を念頭に開発しました。
まだ荒削りなUIではありますが、今後も引き続きブラッシュアップしていきたいと思います。
また文末ではありますが、RainbowApps関係者および同期の方々に感謝いたします。






ドレミロボ(2期生 水谷さん)



ピアノを習い始めたお子様向けの聴音(和音の聞き取り)アプリ。
ロボが鳴らす和音をあてて、ロボをたおそう。大人も十分楽しめます!
【遊び方】
バトルモード:
ロボが鳴らす和音をあてて、ロボをたおそう。
鍵盤を押すと選択、もう一度押すと解除になります。
鳴っていると思う音の鍵盤を(音数分だけ)選択して、「こたえる」を押してください。
正解するとロボのパワーが、間違えるとキミのパワーが減るよ。
演奏モード:
鍵盤を押して、自由に鳴らして音を楽しめます。

【設定】
和音の数は、単音、2音、3音から選ぶことができます。
「いろいろ」を選ぶと、毎回1〜3個の音をランダムに再生します。
楽器の音は、ピアノ、ビブラフォン、オルガンの3種類から選ぶことができます。

【開発背景】
娘がピアノを習っておりますが、先生から「辞めたいと言っています」と言われたことがきっかけでした。
絶対音感を大人になってから身につけることは難しいと言われており、小さいうちから音楽に親しんでほしい。
そこで、娘にピアノを続けてもらう一つの施策として、iPhoneアプリで和音を当てるという
ソルフェージュ(聴音)アプリを作りました。
1オクターブの鍵盤を使って、ロボが鳴らす和音を当てることにより、楽しみながら耳を鍛えられます。
大人でも十分に遊べますので、親子で楽しんでいただければ幸いです。

【開発秘話】
本アプリは、リリース前にRainbowAppsスクールの仲間にレビューしてもらいながら開発が進みました。
RainbowAppsスクールでは現役生とOBとの交流も盛んに行われており、OBは卒業後にアプリが完成したら、
現役生の講座にてアプリ自慢が出来るのです。
本アプリは、作者が現役生の講座にて別アプリの自慢を行った日に、講座後の立ち飲みの場で意見交換をしながら
プロトタイプをブラッシュアップしてアイデア・品質の精度を高めた作品です。




おしゃべりCLOCK 池澤春菜/TalkingClock Ikezawa Haruna
(6期生 友ミュージック 戸田・小野澤)



【アプリ概要】
キャラクターの髪型、服、靴等を着せ替えると アラーム・目覚まし、キャラにタッチしたときのボイスが変わる 時計アプリです。
是非色々着せ替え、色々なキャラボイスを楽しんでください。 
目覚まし・アラームは、ちゃんと止めないとだんだん機嫌が悪くなってきます。 
誕生日、クリスマス、お正月は一緒に祝ってくれますよ。 
キャラボイスは、ミニ四駆ブームのキッカケとなった
「爆走兄弟レッツ&ゴー」の星馬豪役やケロロ軍曹/西澤桃華役、
マリア様がみてる/島津由乃役などで有名な池澤春菜さん。
イラストはうっけさんというイラストーレーターさんです。 

今回、6キャラをご用意いたしました。(キャラ、洋服は今後も増える予定です!) 

【開発背景】
友ミュージックはカラオケ・着メロの制作をはじめ、モバイルサイトの企画・運営をして参りました。 
スマートフォン時代に向けiPhoneアプリの制作も開始、 
今年に入り、内製にてアプリ開発できるようになりました。 
ひとえにRainbowApps関係者の皆様のお陰です。ありがとうございました。 
これからも沢山のアプリを開発予定ですので、どうぞよろしくお願い致します。





ぷちぷち連ぷち/pop pop bubbles(8期生 上田治穂さん)



メールくらいしかPCに触れることのない私に、TVを見ていた妻がいった一言「素人でもアプリが作れるんですって」をきっかけにRainbowさんに通うようになり、なんやかんやで、皆様に少しは楽しんで頂ける「くだらね~ けど、またやっちゃう」みたいなマニアックな「暇つぶしアプリ」ができました。
内容はタイトルのまんま、ぷちぷちをひたすら潰すだけ。
特徴は「連続つぶし」が可能なことと、つぶし跡の「くしゃくしゃ音」や100カウント毎に数種類の効果音が鳴ることです。
つぶした時のあの触感はないのですが、
視覚・聴覚的にはリアルでライトな感じにできました。
「ぷちぷちぷち・・・」「くしゃくしゃくしゃ・・・」とやれるのが、結構ハマると思います。
脳をあまり使わないからか、疲労感なく「ぼ~」っと潰し続けてしまうのですが、
100カウント毎に鳴る「シャリ~ン」という音が脳に軽く刺激を与えてくれます。
たったこれだけなので、いつでも躊躇なくやめられます。
休憩時間のリフレッシュや、ちょっとした待ち時間にぴったり!
妻と中2の息子からのダメだしを反映して、何十回とテストを繰り返し、画面をこすり続けて
右手の人差し指の指紋が無くなるのではと心配しましたがその甲斐あってか、妻は
「このクシャクシャ音が結構ハマるのよ」
中二の息子は「30000超えてもまだいけるんや」「ぷちぷち自体を知らなくても、おもしろいかも」
などと言っておりました。
皆様もきっと「くだらね~」と言った後で「でも、もう一回」と楽しんで頂けると思います。
国籍・性別・年齢を問わずできますので、一度「連ぷち」してみて下さい。






8期生 前沢さん)


【アプリ概要】
タップで読み進む、電子コミックです。
絵コンテを1コマづつ表示してゆくような構成と、
吹き出しを使った台詞表現で、iPhoneの画面に適した表示と、
内容に集中できるシンプルな操作性を目指しました。
言ってみれば「映画の文法で描かれた漫画」という事になりますが、
タップで画面を切り替える操作感が

「紙芝居的な印象」に近かったため、副題を”PICTURE STORY”としました。
物語の内容は「深夜に帰宅したサラリーマンの男が、光る魚との遭遇をきっかけに奇妙な世界へ紛れ込んでゆく」
という、ちょっとシュールなファンタジーです。言語環境設定によって英語版と日本語版に自動で切り替わりります。
【開発背景(開発意図)】
3DCGアニメーションの絵コンテ作成業務の中で、「映像の設計図」という役割以外にほとんど日の目を見る事のないこの表現形式を、何か別の形で生かせないものかと思案していたところ、
「電子コミックライクなiPhoneアプリにすればいいのではないか」と思い立ち、本作の開発を決意しました。
が、実質的なプログラム経験が無く、解説本を読んでもさっぱり分からなかったため、レインボーアップスさんの開発講座に参加させていただきました。
講義では高松先生のご指導のおかげで何とかリリースまでこぎ着ける事ができ、また、アプリ制作の醍醐味を経験する事で、開発継続のモチベーションを得る事ができました。
今後は同インターフェイスを基本にしたオリジナルストーリー作品(よりエンターテイメント性の強いもの)を制作し、順次リリースしてゆく予定でおりますので、本作共々、お見知り置きいただければと思います。
【制作者】 
原作・作画・編集:前沢雅彦(株式会社U.F.O.PICTURES 代表取締役)





書き順ロボ
(2期生 水谷さん)



【アプリ紹介】
ひらがな/カタカナの書き順に興味を持ったお子様向けの書き順学習アプリです。
ローラーをくるくるまわして筆画を正しい順に並べて、ひらがな/カタカナを完成させよう。
間違えるとキミのパワーがへるよ。

#本アプリは、書き順に興味をもち、楽しみながら文字に親しむためのアプリです。
#最終的な書き順は、運筆も含めて紙のドリルで学習することをお薦めいたします。

【開発背景】
「ひらがなの書き順は得意だけど、カタカナは苦手」という小学1年生の娘の言葉がきっかけでした。
娘は紙ドリルを使ってどんどんひらがなの書き順を覚えていきます。
一方、カタカナには興味がないらしくなかなか学習が進みません。
そこで、書き順に興味を示すためのアプリを作りました。
かなの構成パーツをローラーでくるくる回して書き順に並べることで、楽しみながら勉強できます。
是非、親子で書き順に親しんでいただければ幸いです。










ローマ字ロボ
(2期生 水谷さん)



【アプリ概要】
アルファベットを知っているいまどきの小学生向けローマ字学習アプリです。
ローラーをくるくるまわしてアルファベットを組み合わせ、ローマ字を完成させよう。
間違えるとキミのパワーがへるよ。

【開発背景】
「いちごってどうやって入力するの?」という小学1年生の娘の言葉がきっかけでした。
小学生はiPhoneでのテンキーによる文字入力ができます。ところがPCでは文字入力ができない。
パソコン世代の子供たちは、キーボードのアルファベットをなんとなく覚えていますので、
ローマ字を覚えることが、情報検索の第一歩になると考えました。

とはいえ、一文字一文字では覚えにくい。そこで数文字の短い言葉を中心に、言葉で覚える方法を採用しました。
アルファベットの入力は、ソフトキーボードではなくPickerViewにてくるくる回しながら選ぶことで楽しみながら勉強できます。
是非、親子でローマ字に親しんでいただければ幸いです。











上野デートナビ
(3期生 國信さん)



今回は上野デートナビというアプリを作りました。
私國信の迷アプリ、記念すべき第5作目となっております。

上野デートナビはデートしながら街を使ってスタンプラリーができたらいいなと思って作ってみました。

上野のデートスポットをヒントを頼りに探していくアプリです。
たぶん、宝探し的な気分を味わえると思います。

当初は前回作った心霊スポットラリーのマルパクリで行こうと思ったのですが、うまくいかず。笑
結局やってることは同じですが裏で動いてるソースは全く別ものになってしまいました。

デートアプリという名前なので、一緒に行く相手がいないと多方面からお叱りをうけました。
でも、大丈夫。一人でも遊べます。
気合いと根性とハイテンションがあればですけど。

結局何を自慢してるのかわからなくなってしましたが、
ぜひダウンロードして上野に突撃して下さい!

國信
ツイッター jamajama23
開発ブログ http://ameblo.jp/jama23/






Withmama
(7期生 斉藤さん)



Withmamaはお母さんと一緒に「あいうえお」を覚えるアプリです。

従来、音や声がすでに録音されているタイプの教育系アプリはあったかと
思うのですが、 お母さんとお子さんがコミュニケーションをとってもらえるアプリとして
「お母さんが【あいうえお】を録音してあげる」という形にしました。
と、いいましてもappschoolの課題であるvoicepianoのインターフェイスを変えただけなのですが(^_^;) 

プログラミングなどは全く無縁だった自分、Appschoolでは当初から講習期間内にアプリをリリースする事を目的に臨ませてもらいました。
初めは自分のほしい目覚ましアプリを!と思っていたのですが、やはり難しそうで、そんなとき、6期生のカンナさんがモグラたたきをベースに「Sleepy Sheep」をリリースされたことを知りました。 「あ、これでいいんだ!」と感じ、さっそくどの講習課題をベースに何を作ろうか!?と全く逆の発想になったのです(笑) 
実際にやってみると自分のアプリに合わせて調整しなくてはいけないところや、50音×2パターン=100個のボタンを手作業で作ったり、関連付けをしたり、とかなり力技の部分があり時間を費やしました。ただ、しつこい質問に親身に応えていただけるRainbowAppsスクールの皆様のサポートがあったからこそ形になったものなのです。

最後の講習では登壇しての申請でネットにつなげるのを忘れて、あわや申請できず!?みたいな場面もあり失笑をかいましたが、講習期間中に申請までできて本当に有意義でした。 
リリースされてみるといろいろな方から実際にダウンロードして使っていただいた感想や要望があり、こんなアプリで大丈夫かな?と思っていたのが実は完成形でなく、出発点だったんだ、ということに気づかされました。子供と一緒でいろいろな人に支えられながら成長していくんですね。 そして成長させていくにつれて、自分のプログラミングのスキルもともに成長していくんだろうと信じております(笑) 

最後に、本当にお世話になりましたRainbowAppsスクールの藤永さん、相澤さんをはじめ、高松先生、安東さん、臼井さん、
坊野さん、畔柳さん、そして同期の7期生のみなさまをはじめとするappschoolの飲み友達(笑)のみなさまに感謝
させていただき、まとまりませんが、寄稿文とさせていただきます。
今後とも叱咤激励のほど、よろしくお願いいたします! 





FlipPhoto
(7期生 小西さん)



パラパラカメラを使用して作成したアプリです。
iPodTouchでも使用できるようにカメラ起動ではなく、
フォトライブラリから画像を選択できるように改造しています。

プログラミング経験はまったくなしで始めましたが
10回の講義中になんとか申請までもっていくことができました。
iAD搭載アプリで全世界同時にリリースしています。
iADは2010年10月現在で米国のみでしか表示ができませんが
こちらも動向は報告させていただきます。



















(5期生 株式会社アイミント代表取締役 小野朋子さん)


【アプリ概要】
もえぱずっ!は、ピースを並べ替えて女の子の絵を完成させるスライドパズルです。
3人のイラストレーターによる美麗な萌え系美少女イラストが9種類入っています。
難易度は12ピース、20ピース、35ピースの3種類。
イラストによって難易度が決まっています。
外枠をヒントにピースを並べ替え、絵を完成させてください。
完成するとギャラリーに追加され、ちょっとした解説と一緒にいつでも見られるようになります。
並べ替えるのにかかった時間はベスト3まで記録されますので、タイムアタックも楽しめます。


【開発背景】
元々当社はケータイマンガ投稿サイト「創作広場あいみんと」(http://imint.jp/)を運営しています。
根底には、日本発のマンガ文化、萌え文化をより多くの人に手軽に楽しんでもらおうという狙いがあるのですが、
その視野を世界に広げたとき、最適なプラットフォームと言えるのがiPhoneでした。
従来のケータイとは異なる点が多いiPhoneですが、レインボーアップスさんのiPhoneアプリ開発講座のおかげでスムーズに開発を進めることができました。

【開発秘話?】
今回の開発では、インターンとして働き(遊び?)に来ている現役女子校生の方が活躍しています。
「萌え」を追求するため、アプリに登場するキャラクタになりきって、赤面しながら萌え日記を書きました。
どんな内容なのかは、ぜひアプリを購入してあなたの目で確かめてください。第2弾も予定しています。
今度は、彼女たちが喜ぶ内容になると思いますので、楽しみにお待ちください。





ブクマップ
(3期生 前原さん)



【アプリ概要】
よく行く場所のお気に入りリストを作成できるアプリです。
住所ではなくキーワードで登録しておき、アイコンをタッチすれば、現在地からそのキーワードで検索してマップ表示します。

予めよく行く場所を登録しておけば、初めて来た街でもアイコンをタッチするだけで、すぐに検索することができます。
また、アイコンや文字の色や背景画像を変更できるため、ユーザ独自のお気に入りリストにカスタマイズできます。

【開発背景】
このアプリを作ろうとしたきっかけは、よく知らない街でカフェを探す時に、毎回、カフェやスタバといったキーワードを標準のマップに打ち込んで検索していたのが大変面倒だと思ったからでした。

なお、開発は前原が、デザインは3期生の佐藤さんが担当しています。私自身、絵心がまったくないので、アイコンが作れず困っていましたが、スクールで隣に座っていた佐藤さんとお話し、共同制作で作りました。