核子構造勉強会の試み


核子、ハドロンの内部構造をクォーク・グルーオン描像として理解するためには、高エネルギー QCD に基づく多くの理論的、実験的な方法があり、近年も発展が続いています。原子核も含めた3次元的な内部構造を研究、理解することは重要課題であり、QCD の多様性、クォーク・グルーオン描像の原理的な理解、高エネルギー陽子衝突、原子核衝突の始状態、終状態の理解に対しても大きな影響があります。これらの研究の将来の発展のため、定期的に勉強会を開催しています。


第12回 高エネルギーQCD・核子構造 勉強会

 日時      2017/7/7 (金) 13:30 - 17:00  
 場所  KEK東海キャンパス・東海1号館116号室  
 13:30 - 14:05  Physics of ultrapheripheral collisions at RHIC  Gaku Mitsuka (RIKEN)
 14:05 - 14:40  Two-photon physics at KEKB  [TBC] Masataka Masuda (Tokyo University) / Sadaharu Uehara  (KEK)
 14:40 - 15:15  rho^0 pair production in two-photon process  Kazuhiro Tanaka (Juntendo University/KEK)
 15:45 - 16:20  Generalized distribution amplitudes in two-photon process  Qin-Tao Song (SOKENDAI/KEK)
 16:20 - 16:55  Production rates of hyperons and charmed baryons from e+e- annihilation near Upsilon(4S).  Masayuki Niiyama (Kyoto University)

世話人

熊野俊三 (KEK)、小池裕司 (新潟大)、後藤雄二 (理研)、Ralf Seidl (理研)、澤田真也 (KEK)、柴田利明 (東工大)、田中和廣 (順天堂大/KEK)、谷田聖 (ソウル大)、中川格 (理研)、中野健一 (東工大)、八田佳孝 (京都大)、宮地義之 (山形大)

これまでの勉強会

講演スライドはインディコ(理研)にアーカイブされています。

第11回 高エネルギーQCD・核子構造 勉強会

 日時     2017/03/24 (金) 13:00 - 16:00 
 場所 山形大学理学部 A202講義室 
 13:00-13:30 レプトン・原子核深非弾性散乱と重陽子のテンソル構造関数 熊野俊三 (KEK)
 13:30-14:00 重陽子テンソル偏極標的とHERMESの結果 宮地義之 (山形大)
 14:00-14:30 COMPASS実験の状況 糠塚元気(山形大)
 14:45-15:15 国際リニアコライダー(ILC)計画  佐貫智行 (東北大)
 15:15-15:45 ILCのハドロン物理  宮地義之、熊野俊三

第10回 高エネルギーQCD・核子構造 勉強会

 日時     2016/04/28 (木) 13:00 - 16:00 
 場所 東京工業大学 大岡山キャンパス ( 本館2階H284A・B号室 ) 
 13:00-13:50 Recent progress on flavor asymmetry of anti-quarks in the proton by Drell-Yan experiement at SeaQuest 中野 健一 (東工大)
 14:00-14:50 Heavy quark spin in nuclear medium 安井 繁宏 (東工大)
 15:00-16:00 Anomalous spin and flavor effects in high energy reactions Nikolai Kochelev (JINR, Dubna, Russia)

第9回 高エネルギーQCD・核子構造 勉強会

 日時     2016/08/8 (月) 13:00 - 17:00 
 場所 理研 ( 研究本館4階セミナー室 ) 
 13:00-14:00 Recent development of twist-3 spin observable Yuji Koike (Niigata Univ.)
 14:20-15:20 Very forward neutron asymmetry at PHENIX Itaru Nakagawa (RIKEN)
 15:40-16:40 RHICf experiment Takashi Sako (Nagoya University)

第8回 高エネルギーQCD・核子構造 勉強会

 日時     2016/04/28 (木) 13:15 - 16:55 
 場所 東京工業大学 大岡山キャンパス 本館3階345号室 (理学系第2会議室) 
 13:15-14:05 物理点格子QCDシミュレーションによる核子構造研究の現状 佐々木 勝一(東北大)
 14:05-14:55 LHCでのPDF測定 久世 正弘 (東工大)
 15:25-15:55 EIC計画 後藤 雄二 (理研)
 15:55-16:55 核子構造研究の将来 宮地 義之 (山形大)

第7回 高エネルギーQCD・核子構造 勉強会

 日時 2015/12/11 (金) 10:00-12:00
 RIKEN INDICO
 場所 東京工業大学 大岡山キャンパス 本館 1階 155B号室
 
 10:00-10:40 Fermilab SeaQuest 実験の最新結果
 永井慧 (東工大)
 10:40-11:20 エクスクルーシヴ Drell-Yan 過程 π p → l+ l n の QCD メカニズム 田中和廣 (順天堂大)
 11:20-12:00 J-PARC におけるドレル・ヤン実験計画 澤田崇広 (中央研究院, 台湾)

第6回高エネルギーQCD・核子構造 勉強会

 日時 2015/06/30 (火) 13:00-17:00
 
 場所 理研
 
 13:00-14:00 Fragmentation function measurements at Belle Ralf Seidl (RIKEN)
 14:20-15:20 Exploring the proton structure in SIDIS Francesca Giordano (UIUC)
 15:40-16:40 Recent progress in Lattice QCD application to parton distribution Shinsuke Yoshida (Niigata Univ.)

第5回高エネルギーQCD・核子構造 勉強会

 日時2015/04/04 (土) 
 場所山形大学理学部13番講義室  
 13:00-14:00 格子QCDで探る核子スピン構造—基礎編— 佐々木 勝一(東北大)
 14:10-14:50 SeaQuestのドレル・ヤン実験の最近の進展 宮坂 翔(東工大)
 14:50-15:30 CERN COMPASS における偏極 Drell-Yan 過程を用いた核子構造の研究 糠塚 元気(山形大)

 日時 2014/11/1 (土)  
 場所 東京工業大学 大岡山キャンパス 本館3階 345号室 (理学系第2会議室)
  核子のスピン構造 若松正志(大阪大)
  グルーオン偏極の実験結果 中川格(理研)
  Fermilab SeqQuest実験 中野健一(東工大)
  J-PARCの高エネルギーハドロン物理 澤田真也、熊野俊三 (KEK)
  J-PARCプロジェクトの議論 

第3回 高エネルギーQCD・核子構造 勉強会

 日時 2014/08/18 (月) 
 場所 京都大学 吉田(北部)キャンパス 理学研究科5号館北棟の265号室 
  陽子スピンの分解 八田佳孝 (京都大学)
  RHICにおけるeAコライダー将来計画 Ralf Seidl (理研)
  格子QCD上でエネルギー・運動量を測定する新しい試み 北澤正清 (大阪大学)
  RHICにおけるクォークグルーオンプラズマの物理 秋葉康之 (理研)

第2回 高エネルギーQCD・核子構造 勉強会

 日時 2014/05/30 (金) 
 場所 東京工業大学 大岡山キャンパス 本館3階 345号室 (理学系第2会議室) 
  Calculation of Nucleon Spin with Lattice QCD 土井琢身氏 (理研)
  Measurement of ΔG with High-pT Hadrons at COMPASS 松田洋樹氏 (山形大)
  Recent Results for Sea Quark Polarization Measurements at RHIC Sanghwa Park 氏 (ソウル大)

第1回高エネルギーQCD・核子構造勉強会

 日時 2014/02/04 (火) 
 場所 理研和光キャンパス、研究本館1F特別会議室 
  摂動QCDに基づくシングルスピン非対称研究の現状 小池裕司(新潟大)
  RHIC-PHENIX実験の高度化計画 後藤雄二(理研)