加治田城(かじたじょう (却敵城(きゃくてきじょう)加治田山城


   最寄地 岐阜県加茂郡富加町加治田8951 2014.11.24

 登城ルート
 登り口・中央奥が城跡
 梨割山との分岐・案内図
 本道と近道の分岐
 尾根鞍部の標識
 主郭虎口
 主郭跡・説明板
 説明板(拡大可)
 2郭石積

加治田城 主郭跡(地図

【遺構★★★☆☆ 比高150m】

【案内・感想】 東海環状自動車道トンネルの真上の標高270m比高約150mの古城山に築かれていた。清水寺(表記番地)に駐車し、橋を渡った山門石段の前を東に行くと「加治田城跡」登山道標識があり、250mほど林道をゆくと行き止まりとなって登山道(地図)が始まり、要所に標識がある。

400m程行くと梨割山との分かれ道に至り、左に90m程で本道と近道の分れに着く。

南に近道を100m登ると尾根に出、東に急な斜面を150m登ると虎口があり、古城山頂上に主郭跡がある。主郭には説明板が建てられ、南に堂洞城跡の山が望める。東に二段の2・3郭があり、石積が残っている。富加町の史跡となっている。

 

 【歴史】 加治田城は、築城時期は不明であるが、戦国時代の永禄年間(1558~70年)には、美濃佐藤氏の居城であった。佐藤紀伊守忠能(ただよし)・忠康父子が築城したとも伝えられている。

桶狭間の戦いで今川義元を破った織田信長にとって斎藤龍興が支配する美濃を攻略することは、上洛に向けての重要な戦略であった。永禄七年(1564年)信長は清洲より小牧に本拠を移した。

信長の侵攻に備え斎藤方の関城主・長井隼人正道利を盟主とし、堂洞城主・岸勘解由信周(のぶちか)、加治田城主・佐藤紀伊守忠能は反信長の盟約を結んだ。

美濃攻略に向けて犬山城を落した信長は永禄八年(1565年)八月木曽川を渡り猿啄城(多治見修理)、鵜沼城(大沢基康)を落し堂洞城に迫った。

信長の投降勧告を断った岸信周に対し八月二八日午刻(正午)正午堂洞城へ攻撃を開始した。

信長は高畑の恵日山に本陣を置いて関城からの岸方へ援軍が来るのを防いだ。夕田と蜂屋より丹羽長秀らが攻め、そして織田方に寝返った佐藤氏軍が北の加治田から攻め入った。

酉刻(午後六時)堂洞城は落城し、信周は自刃した(堂洞合戦)。佐藤紀伊守忠能は盟約の際、人質として娘・八重緑を堂洞城の岸方に養女に出していたが、佐藤氏の寝返りに怒った岸勘解由は開戦前日、加治田城から良く見える長尾丸山で娘を竹槍で刺殺したとされている。

佐藤紀伊守は八月二九日信長の家臣・斉藤新五とともに、関城主・長井隼人正道利の反撃を衣丸(加治田字絹丸)で迎え撃ち、撃退し翌日関城を陥落させた(関・加治田合戦)

しかし、関・加治田合戦において佐藤忠康が戦死したため、織田信長の命により斎藤道三の末子・斉藤利治が加治田城主となった。 

天正十年(1582年)六月二日、本能寺の変において利治が死去すると、兄・斎藤利堯(としたか)が跡を継ぎ織田信孝の家老となった。

しかし、同年七月には東美濃での勢力拡大を狙う森長可(ながよし)との間で加治田・兼山合戦が起こり、斎藤利堯(玄蕃)を大将とし奮闘し城を死守した。しかし、利堯の死後(1582~83年)にかけて領土は森氏が統合した。

その後、東美濃全域並びに中濃の一部にまで版図を拡大した森氏は、領内に多すぎる城の保全の煩雑さを考慮し加治田城を廃城にした。廃城後、城下町は宿場町として栄えたといわれている(昭和初期まで)。