須賀山城(すかやまじょう


   所在地 千葉県香取郡東庄町笹川い 2016.12.7

 北総育成園横の入口標識
  大六天曲輪
  大六天
 主郭土橋と空堀・土塁
 説明板(拡大可)
 主郭の土塁
 主郭
 天之宮西の曲輪
 城跡碑・天之宮
 天之宮
 天之宮の曲輪(左囲いに千両栽培)
西曲輪(奥)




須賀山城 主郭跡(

【遺構★★★☆☆】

【感想】 森山城を含めると歩行距離1.5kmに及ぶ広大な城である。東端と西端に夫々主郭があり、どちらも遺構がよく残っている。中間は千両の畑などになっていて、遺構は少ない。

 

【案内】 県道266号線に面した「北総育成園林産班作業所(加工)紙工芸班作業所」に駐車できる[マップコード92 588 077*80]

作業所の南に案内標識があり、西に登ってゆくと間もなく左に大六天曲輪があり、櫓台に大六天の祠が祀られている。

その北に行くと、馬出し曲輪があり、空堀と土橋の残る須賀山城主郭がある。空堀側に土塁が残り虎口付近に説明板が建てられている。

その北西に西曲輪がある。藪が多いので迂回して森山城跡の方から行くとよい。

その北に「天之宮(てんのみや)」の建てられている広い曲輪がある。更に無線鉄塔の西にも広大な曲輪があり、千両の栽培されている畑などになっている。

西のガードレールの設置された空堀までが須賀山城跡となっている。

 

 【歴史】 千葉常胤とその一族と共に、源頼朝の挙兵に尽力した東胤頼(とうのたねより)は、その功により文治元年(1185年)東庄(とうのしょう)33郷、さらには三崎庄55郷を拝領した。

東胤頼は当初、上代(かじろ)前掛城(干潟町桜井)に居城したが、文治六年(1190年)に須賀山城を築き、妙見尊星王を勧請した。

 その後、西隣接地に森山城を築き、建保六年(1218年)森山城に移った。その後も須賀山城には一族が居城し、東頼数、教頼(のりより)、常綱等の在城が伝えられている。