お知らせ‎ > ‎

新年にあたって

2011/12/30 19:11 に yu yara が投稿

 新年に際し世界が平和であることを祈念いたします。東日本大震災並びにその後の災害で亡くなられた方々のご冥福と被災された方ががお元気で活動されることを念じてやみません。

今、世界は正に情報大航海時代です。個人が情報発信を行い、それが世論を動かす時代です。

 その起点は 1989年のベルリンの壁の崩壊がその事実を示し、今回のシリア、エジプト、リビアの為政者追放はその現実です。加えて大きな変化はアメリカの時代からアジアの時代に移行していることです。世界の経済成長は4.0%ですがアメリカは1.5%、中国が9.5%、インドが7.8%です。日本は震災のため1.5%が▲0.5%にダウンしましたが、韓国、台湾、香港、シンガポールは3.9%から5%台です。中国の一党支配の国家資本主義は覇権主義に徹すると平和はバランスが壊れます。アメリカの民主主義は自由、公正、自立の社会には欠かせません。アジアとアメリカと日本の連携はそのために必要なのです。

 1991年ソ連邦が崩壊し、17年後の2008年9月にはリーマンブラザースが62兆円の負債で破綻しました。共産主義が駄目になり、金融ファンド資本主義が破綻したことは、明日を生きる道は何かを問われているのです。それは新資本主義は何か、それはヒューマン資本主義です。かつて近江商人は「売って良し、買って良し、世間良し」の三方良しが商売永続の源としましたが、現在は「自分良し」の社会と化してしまいました。これを「世間良し」に戻すことが必要なのです。

世界の195カ国が自己主張を押し通そうとすれば破綻の道へと進むでしょう。地球主義に立つ時代が到来したのです。地球温暖化、ヒートアイランド現象を抑止する技術開発が地球を救うのです。これを日本が提唱すれば存在感を生み出します。沖縄のゆいまーる思想と同じ考えです。沖縄は日本にとってアジアとの玄関です。わが国がアジアの時代をリードするのは沖縄がその役割を担う時代なのです。

 1月15日(日)13時開会の銀座スターホール関東沖縄関係団体協議会「新春の集い」にどうぞお出かけ下さい。

矢野 弾

Comments