お知らせ‎ > ‎

イベント報告「交流会(昼食会)」

2017/02/20 12:55 に yu yara が投稿
10月27日(木)那覇市おもろまちの日本料理「彦本店」で交流会(昼食会)を開催し、東京からの会員と沖縄在住の会員、沖縄の著名な方など16名が参加して交流を深めました。
昼食の交流会は沖縄ファンクラブとしては大変珍しいことですが、これは第6回世界のウチナーンチュ大会が那覇市を中心にして開催されるに当たり、「美ら島沖縄大使」が開会式に招待されているので、この際沖縄ファンクラブの会合を現地で開催しましょうとの提案に基づいた開催でした。
開会式が27日ですので交流会を26日か27日の夜に予定したのですが、両日とも夜は主催者の公式スケジュールが組まれており、招待者はこちらへの出席があるため、仕方なく昼間の開催になりました。
顧問で沖縄在住の白仁さんにお願いして会場を探していただき開催に漕ぎ着けた次第です。白仁さんはここに南島詩人で演出家・脚本家の平田大一氏、沖縄空手剛柔流師範の八木明哲氏等を招いてお話を聴く企画まで立ててくださいました。
平田氏は現代版組踊「肝高の阿麻和利」の演出家として著名な方で、沖縄ファンクラブでは6年前の「沖縄ファンの集い」で特別賞を贈呈しました。また沖縄研修旅行では沖縄県のスポーツ観光部長として親しく歓談しましたのでご記憶の方も多いかと思います。この日は、世界のウチナーンチュ大会実行委員会委員でもあって多忙の中をご来席くださり、大会のことや三線の骨ともいえる竿になる「黒木」育成のお話などをしていただきました。
八木氏は沖縄空手界の現状、剛柔流の歴史、東京オリンピックで空手が競技種目になる期待等を話されるなど大変有意義な昼食会になりました。
白仁さんありがとうございました。
Comments