お知らせ

沖縄研修旅行

2018/04/20 2:30 に yu yara が投稿   [ 2018/04/20 13:21 に更新しました ]

★日 程 平成30年10月13日()~14日()

★目的地 沖縄県宮古島市

★詳細は7月会報でお知らせします。

 

現地集合になりますので、参加ご希望の方は各自早めに航空券、ホテル等の確保をされることをお奨めします。

なお、航空券、ホテル等について不案内の方は舩木又は事務局(岡田)にご相談ください。

070‐6400‐2909(舩木)  070‐6655‐0312(岡田)

沖縄ファンの集い(総会、懇親会)

2018/04/20 2:29 に yu yara が投稿

★日 時 平成30年7月7日() 午後12時~15時

★宴 処 コートヤード・マリオット銀座東武ホテル(東京都中央区銀座6-14-10)

電話03‐3546‐0111    

★参加費 一人 6千円

★アクセス

 ・JR東日本山手線及び横須賀線の新橋駅より徒歩8分。

・東京メトロ丸の内線、銀座線の銀座駅 A3番出口より徒歩5分。

東京メトロ日比谷線、都営地下鉄浅草線の東銀座駅A 1番出口より徒歩3分。

アトラクション出演者

    ・琉球舞踊:冠船流川田琉球舞踊団

    ・三線演奏:沖縄県指定無形文化財八重山古典民謡技能保持者 伊良皆 高吉

    ・歌  手:千波 裕美(一般社団法人 日本歌手協会会員)

抽選会 泡盛、ちんすこうなど、沖縄の特産品を沢山用意しています。

★申込み 7月3日()までにお願いします。

080‐3099‐6339(富所) 070‐6655‐0312(岡田)

第71回沖縄郷土料理店交流会

2018/04/20 2:28 に yu yara が投稿

★日 時 平成30年5月5日() 午後5時~7時

★宴 処 居酒屋「あゆ」(川崎市幸区南加瀬2‐37‐7)

電話044‐599‐8850    

★参加費 一人 5千円

☆集 合 川崎駅から行く方は揃って行きます。

午後4時30分 川崎駅西口川崎バス56番乗り場に集合してください。

★アクセス 川崎駅西口より川崎バス56番「矢向循環」又は54番「元住吉」行き乗車、「江川町」下車、デニーズの向かい側。

★コメント 川崎駅前の「はいさいフェスタ」を楽しんでから交流会に参加できます。

★申込み 5月1日()までにお願いします。

070‐6400‐2909(舩木)  070‐6655‐0312(岡田)

第21回沖縄ファンの集い

2017/04/29 3:41 に yu yara が投稿

☆日  時 平成29年6月24() 12時~15

☆会  場 「銀座Sun-mi 7丁目店」

(東京都中央区銀座7-13-20 銀座中村ビル1階)

電話03‐3546‐8182

☆参 加 費 一人 7千円

☆アクセス 東京メトロ日比谷線、都営地下鉄浅草線「東銀座駅」A1番出口より徒歩3分

東京メトロ日比谷線、銀座線「銀座駅」A3番出口より徒歩5分

JR山手線「有楽町駅」より徒歩10

★コメント  年に1回の沖縄ファンの集いです。今年は再び銀座に会場を移しての開催です。

       出し物では皆様にお馴染みのソプラノ歌手宮良多鶴子さんの歌を始め、琉球

舞踊や三線など、ファンクラブならではの演目をお楽しみください。

       また、多数の団体・企業の方々からご提供いただいたビールや泡盛の飲み比べ、参加者の方にもれなく当たる「お楽しみ抽選会」などをご用意しています。一人でも多くの方々にご参加いただき、交流を深めていただきたいと思います。

★申し込み 6月20日()までにお願いします。

080・3099・6339(富所)

070・6655・0312(岡田)

(出演者) ソプラノ歌手 宮良 多鶴子

      唄三線 宮古民謡保存会師範 松山 雅一

      琉球舞踊 琉球舞踊愛好会の皆さん

第67回沖縄郷土料理店交流会

2017/04/29 3:41 に yu yara が投稿

☆日  時 平成29年6月2日() 午後6時~8時30

☆宴  処 「うみないび」

(品川区東大井2‐2411織戸ビル地下1階)

電話03‐3761‐6001

☆参 加 費 一人 4千円

☆アクセス 京浜急行本線立会川駅から徒歩2分

(改札を出て階段を下り、左へ30m程歩いた右側大きな風船の看板有)

★コメント ママと息子さんの経営でアットホームなきれいな料理店です。

★申し込み 5月30()までにお願いします。

070・6400・2909(舩木)

090・2636・7056(水野)

 

立会川周辺は江戸時代、土佐藩の下屋敷がありペリー来航時に急遽浜川砲台が造られました。坂本竜馬が闊歩していたとされ大きな銅像と砲台が有ります。

当日午後5時半駅1階にご集合された方を龍馬像、砲台公園、品川百景花海道、旧東海道泪橋を資料付きでガイドします。

 

今回から交流会と忘年会を担当することになりました舩木宏祐です。

今年度の交流会は3回実施する予定で、1回は6月常任理事会の終了後に、他の2回は9月、3月の土曜日を予定しています。

楽しい交流会にする為に皆様のお近くの沖縄料理店をご紹介ください。出来ましたらその地域も紹介して下さい。

また、交流会では約20分間テーマを決めて皆様に参加して頂く予定です。今回は「沖縄で一番印象深い場所を教えて」をテーマにしたいと思っています。

「首里城基金」への協力について

2017/02/20 12:59 に yu yara が投稿

首里城は沖縄の歴史と文化の象徴として貴重な文化遺産でありますが、先の大戦において、多くの文化遺産が灰燼に帰したり国内外に散逸してしまいました。
平成4年11月に首里城正殿の復元を期にこれらの遺産を収集し、または復元して保存をするための「首里城基金」が設置され、広く基金の募集を呼び掛けています。
偉大な先人たちが残してくれた貴重な遺産を収集、復元して広く紹介し、次の世代のために保存することは、大きな意義がありますので協力して行きたいと考えています。
会員の皆様には会員更新の際、年会費にプラスしてご協力いただければ幸いに存じます。
一口千円、一口以上でお願いいたします。

平成28年 ふれあい忘年会

2017/02/20 12:58 に yu yara が投稿

12月2日(土)JR山手線新大久保駅近くの沖縄料理店「沖縄島唄カーニバル」で17名が参集して開催しました。
矢野弾会長はあいさつでこの一年の会員皆さんのご協力に対する感謝を述べ、また常任理事の重田辰弥さんが沖縄県の功労者として表彰されたことを報告しました。
店長の比嘉さんはうるま市出身。今年七月に開店し、ご夫婦で営業しています。
店内の奥がライブスペースになっていて、お客の誰でもが演奏し、歌えるようにし、また定期的に沖縄音楽を中心にしたライブを催しているとのことです。
当然、店長をはじめ、従業員の方もなにがしかの楽器を扱えるようで、この日も店長が三線、奥さんがドラム、従業員の女性がギターと沖縄と西洋の楽器のコラボで沖縄民謡を歌うサービスがありました。
会員では三線ができる副会長の三浦さん、理事の鷹木さんが唄三線を披露して盛り上がり、今年最後の行事を楽しく過ごしました。

常任理事の重田辰弥さんが沖縄県功労者表彰

2017/02/20 12:56 に yu yara が投稿

常任理事の重田辰弥さん(関東沖縄経営者協会名誉会長)が沖縄県功労者(一般篤行部門)として平成28年11月3日に翁長雄志沖縄県知事から表彰されました。

※沖縄県功労者表彰
沖縄県の発展に寄与した者、県民の福祉の増進に功績のあった者その他県民の模範となる者について表彰する。

イベント報告「交流会(昼食会)」

2017/02/20 12:55 に yu yara が投稿

10月27日(木)那覇市おもろまちの日本料理「彦本店」で交流会(昼食会)を開催し、東京からの会員と沖縄在住の会員、沖縄の著名な方など16名が参加して交流を深めました。
昼食の交流会は沖縄ファンクラブとしては大変珍しいことですが、これは第6回世界のウチナーンチュ大会が那覇市を中心にして開催されるに当たり、「美ら島沖縄大使」が開会式に招待されているので、この際沖縄ファンクラブの会合を現地で開催しましょうとの提案に基づいた開催でした。
開会式が27日ですので交流会を26日か27日の夜に予定したのですが、両日とも夜は主催者の公式スケジュールが組まれており、招待者はこちらへの出席があるため、仕方なく昼間の開催になりました。
顧問で沖縄在住の白仁さんにお願いして会場を探していただき開催に漕ぎ着けた次第です。白仁さんはここに南島詩人で演出家・脚本家の平田大一氏、沖縄空手剛柔流師範の八木明哲氏等を招いてお話を聴く企画まで立ててくださいました。
平田氏は現代版組踊「肝高の阿麻和利」の演出家として著名な方で、沖縄ファンクラブでは6年前の「沖縄ファンの集い」で特別賞を贈呈しました。また沖縄研修旅行では沖縄県のスポーツ観光部長として親しく歓談しましたのでご記憶の方も多いかと思います。この日は、世界のウチナーンチュ大会実行委員会委員でもあって多忙の中をご来席くださり、大会のことや三線の骨ともいえる竿になる「黒木」育成のお話などをしていただきました。
八木氏は沖縄空手界の現状、剛柔流の歴史、東京オリンピックで空手が競技種目になる期待等を話されるなど大変有意義な昼食会になりました。
白仁さんありがとうございました。

やんばるの観光情報がこれまでよりグ~ッと身近になりました

2017/02/20 12:52 に yu yara が投稿

 先日、私のパソコンに「やんばるの観光情報のサイトが開設されましたので一度ご覧ください。」とのメールが入りました。
開いてみると「やんばるの旬で通な観光情報を毎日更新! あなたの欲しい情報がきっと見つかる!」をうたい文句にした「やんばるの観光情報コミュニケーションサイト」でした。
このサイトは「やんばる」の広大な地域のうち恩納村から本部半島にかけての地域では年間何百万人もの観光客が訪れているにも関わらず、これより北部の地域へ訪れる観光客が少ないことから、もっと観光客を呼び込んで地域の活性化を図ろうと、「やんばる」地域全体の広域的な観光連携体制を構築することを目指して「やんばる」の12 市町村でつくる北部広域市町村圏事務組合が主体となり、これに有識者、観光関係企業・団体、国、沖縄県等が加わって平成24年度から「やんばる観光連携推進事業」を実施してきたもので、その成果の一つとして「沖縄北部観光情報コミュニケーションサイト」を開設したということのようです。
「やんばる」の観光というと、先ずは恩納村の万座毛とリゾートホテル群、本部町の美ら海水族館、今帰仁村の今帰仁城、古宇利島大橋などが頭に浮かびますが、サイトを覗きますとこれら超有名なところは当然のこと、「やんばる」地域の特徴から歴史・文化、見どころ、食べどころ、体験どころ、ホテル・ペンション、ドライブコースの案内、隠れた景勝地、観光案内所等々「やんばる」の旅行をバックアップしてくれる色々な情報が一杯でした。
会員の皆さんには仕事や観光で沖縄には何度も訪れていると思いますが、このサイトを一度ご覧になられると新たな出会いがあるのではと思います。
(沖縄ファンクラブ事務局)

「沖縄北部観光情報コミュニケーションサイト」
WEB      http://yanbaru-tour.net/
FACEBOOK https://www.facebook.com/yanbarutour/

1-10 of 29