We Can ! 2



Let's Watch & Thinkの活動が多くあります。
映像がたくさんあります。この映像をどう見せるか、ここがポイントとなります。
興味をもたせながら映像を見せる「後ろ向き映画館」の活動を紹介します。
「後ろ向き映画館」実践の内容は ↑上の画像をクリック

Hi,friends!の時の映像よりも英語での会話表現が多くなり、難しくなっています。
場面の展開もあまりない中で、2人が会話をしている映像です。
そこで、We Can!では「後ろ向き映画館」の活動を少し変えます。
「後ろ向き映画館」では,一人は後ろ向きで英語の音声しか聞けないので,どんな内容だったかを予想して当てるということを行ってみるのもいいかもしれません。そして、2人で相談しながら内容を確定した後、もう一度映像を見て確かめる、という活動がいいかもしれません。
https://sites.google.com/a/obog.miyakyo-u.ac.jp/xiao-xue-xiao-ying-yu-cang-ku/hi-friends/hi-friends-no-shi-jian-cang-ku-22
いろいろな国の子が映像で自己紹介をします。
「後ろ向き映画館」で聞き取ることを楽しめる活動にしていきたいです。
どこの国? 名前? 何語を話す? 好きなもの?好きなこと?
これらを提示して聞き取るようにしてもいいかもしれません。
映像を見ている子は簡単そうですが、視覚的にヒントとなるものが出てこないので、英語を聞き取るしかありませんので、そんなに簡単ではありません。
4月の最初はクラス替えしたばっかりで新しいメンバーとも一緒なので、じゃんけんであいさつが変身していく「世界のあいさつを広めよう」のアクティビティをするのも楽しいでしょう。
Hi,friends!でよく行っていた実践の内容は、上の「世界のあいさつ画像をクリック」↑


偉人や歴史人物のイラストで誕生日を扱っています。
何度も聞く中で、何月何日の英語表現の抑揚に慣れていきます。

https://sites.google.com/a/obog.miyakyo-u.ac.jp/xiao-xue-xiao-ying-yu-cang-ku/home/dejitaru-jiao-cai-ipad/What%20shape?+アップ+音声key+LL+.key%3Fattredirects=0&d=1

Comments