Let's Try!


世界のあいさつ
いろいろな国の「こんにちは」のあいさつを聞かせます。
まだまだ外国のイメージが湧かない子もいます。
そこで、あいさつとその国の特徴を取り入れた動作を結びつけて活動します。
デジタル教材で音声を聞かせます。
その国の特徴を話します。映像があれば見せます。
そしてその特徴に結びつく動作を考えてみんなで動作をやってみます。
音声が聞こえたら、その動作をします。
例えば、
フランスなら、フランスパンでおなじみのバケットなどを持ち歩く様子があります。
動作は、両手を動かして長さを表す動きにします。
デジタル教材の音声を流します。
「ボンジュール」→長いフランスパンの動作
このようにして音声と動作で楽しみます。
他の国も同様に動作を考えていきます。
全部をやると飽きてくるので、4、5カ国程度にして次回に回します。

この活動での考え方
「聞かせて動作をする」たくさんネイティブ音声を聞かせることとその意味を覚えるために動作をするということです。いろいろな国のあいさつを扱うので、発音が難しいです。だからこそ必然的にデジタル教材の音声を使うことになります。
ここでのポイントは、まだ言わせていないということです。聞いて動作をする、それだけで十分と考えてもいいくらいです。
第二言語習得論で重要だとされている「多量のインプット」をこのアクティビティで行っています。

https://sites.google.com/a/obog.miyakyo-u.ac.jp/xiao-xue-xiao-ying-yu-cang-ku/hi-friends/hi-friends-no-shi-jian-cang-ku-22
「世界のあいさつを広めよう」の実践は ↑ クリック

紙皿を使って、あいさつの導入
https://sites.google.com/a/obog.miyakyo-u.ac.jp/xiao-xue-xiao-ying-yu-cang-ku/hi-friends/hi-friends-no-shi-jian-cang-ku-056-zhi-min
導入のあいさつの実践は ↑をクリック

〜 英語ノートやHi,friends!の時の実践より 〜

気分の表現で聞かせて遊ぶ!

I’m Happy! ジェスチャーをしよう

いろいろな感情表現をあの手この手でインプットして楽しむ。

ねらい ジェスチャーをしながら英語の感情表現に慣れ親しむ 

1 まずは、ハローソングの曲を耳に馴染ませる。 
(1)ウォームアップ「Smileは いくつ?」 
ハローソングの曲を流しながら、黒板にSmileなどの表情イラストをぺたぺた貼っていく。 

「How many smile face are there?」と聞く。 
(意味が分からない反応)それでも「How many smile are there?」と聞く。 
すぐに黒板のsmileイラストを指差しながら、3smile?  4 smile?と聞く。 
(数のことじゃないか反応)「How many?」「3」「5」「8」? 
いくつあるか、数を英語で答えさせる。「It’s six」 
また、黒板を見ないで後ろを向かせる。ハローソングを流す。曲を流している間に数を変える。 
「How many smile are there?」と言って数を当てさせる、の繰り返しで楽しむ。(何度も曲を聴かせる) 

(2) ハローソングの歌に動作をつけて遊ぶ。 

 テキストの動作を見て、曲に合わせて動作をつけて楽しむ。 

2 アクションHappy(感情表現を動作で表現) 
 Happy, Fine, Sleepy, Hungryの英語と動作でアクションゲーム 
 黒板に4つの顔イラストをはる。 
 英語でコマンドを言われたら、グループで(4人)でアクションポーズを素早く作る。 
 「Happy」(中2人は万歳、両脇2人は手ヒラヒラの動作) 
 「Fine」(中2人は親指を立てて手を前へ、両脇はカメラのシャッターを切る動作) 
 「Sleepy」(中2人はあくび、両脇2人は布団をかける動作) 
 「Hungry」(中2人はお腹に手を当てる、両脇はご飯を茶わんに盛る動作) 
 まずはコマンドを言ってポーズや動作を覚えさせる。 
 慣れてきたら、グループ内の並び順を3秒で入れ替えさせ、ポーズでエラーを楽しむ。 
 わざとコマンドと違う動作をフェイントで入れて間違いをさそう。 
 5人の時は、中3人両脇2人で行います。3人なら両脇と中で!


3 ハローソング自己紹介クイズ 
(1)別のCDハローソングを聞きながら、隠されたキャラクターの名前を歌う。 
 オックスフォードのLet’s sing Let’s chantのハローソングを流す。 
 A4封筒に入れたキャラクターを少しずつ見せ、「My name is ◯◯」のところをそのキャラクターの名前で歌う。(ドラえもんやサザエさんのキャラクターを使った) 

(2)ハローソングを流し、おもちゃマイクで名前の紹介をする。 
 マイクを児童に向けて、「My name is ◯◯」を言って楽しむ。 

4 紙皿で気持ちの表現を覚える。 
(1)ジェスチャーで気持ちの表現 
 顔イラストの紙皿を使って、ジェスチャーを覚える。 

 Great 超元気な動作:拳を上に 
  So-so まあまあの動作:手のひらを揺らす 
  Not so good 調子が悪い:親指を下に 
  Angry 怒っている:手を腰に 
  Sad 悲しい:泣く動作 
  Thirsty のどが渇いた:水を飲む動作 
 イラストを見せるー教師が発音するー児童は動作する(聞く活動) 
紙皿のすすめ↓クリック
紙皿顔.jpg
Comments