Hi,friends!の実践倉庫(020)複数形Do you like〜?

Do you like 〜s ? の複数を意識させる活動

Sakari (2015年7月18日 
Hi friends! デジタル教材のLesson 4 I like apples. では、
リンゴの絵をクリックすると1個のリンゴの絵になって「apple」と音声が流れます。
もう一度リンゴの絵をクリックするとリンゴの絵が3個に変化して「apples」と音声が流れます。
apples.jpg

前の単元「How many?」でballsを「坊主」と音声で遊びながらも複数という概念に気付いているので、
リンゴの絵が変わることと音声の違いにすぐに気付くことができます。
そして、いろいろな絵をクリックして、絵が増える様子を楽しみます。
くだものを順にクリックしていくのですが、ぶどうの所だけ変化しません。
大きな巨峰みたいになるかなぁと期待してクリックするのですが、変化しないで「graps」と流れます。何度クリックしても変化しません。
そこで、こんな話をします。
お客さんが来た時、ぶどうを皿に1個だけのせて「ぶどうをどうぞ!」と言うのはどう思う?
ぶどうは、やっぱりいっぱいついている1房の状態が「ぶどう」って感じがするね。
だから、1個の絵に変化しないで、いつも「graps」となるのかなぁ....
graps.jpg
他の絵も確かめて行きます。
アイスクリームのところで、ダブルのアイスクリームがシングルになるかなぁと期待しつつクリック。
何も変化せず、ぶどうの時と同じ反応。なぜだろうね?
牛乳もジュースも同じく変化無し。
自然にいろいろな意見が出ます。的を得ている考えも出ます。
たぶんその考えが当たっているかもしれない、と評価して淡々とクリックします。
説明するよりも、他の例をたくさん知ることで納得することができるのが言語かもしれません。
(説明できない例外も多いため)
他にもスポーツは変化しないことも確認します。
ballsを「坊主」とおもしろがっていましたが、バスケットはbasketballsとはならないことも分かります。
その後、chant1を聞かせます。
appleにsがついていることに気付かせます。
リンゴやさくらんぼ、レモンの絵の脇にSを書いて、chantを聞かせます。
その時に、Sを指差して意識付けます。
こうやってapples, apples, I like apples. 
cherries, cherries, I like cherries.
lemons, lemons, う〜ん,  I don't like lemons. の音声に慣れて、「s」を付けて言うようになります。
I like の次は-sの言い方を言う!ということを音声から覚えて自然に口をついて出てくるようになることを期待してchatを聞かせます。
Comments