🔶京都府設計リカバリー情報

京都府 H26~21年度の6年間未活用明細5億8448万円のコスト縮減が出来たはずです!

京都設計業務等共通仕様書第1209条12項ルールに基づき(活用検討必須事項)、
詳細設計
リカバリーシステムにより          
無水掘工法活用で、3870万円の工事コスト縮減出来るはずです。 
H29年度明細】                  
急傾斜地崩壊危険箇所 : 3765箇所 平成14年度公表)

全国活用調査報告 ー 全国活用実績表 7億1380万円コスト縮減達成内訳
全国未活用明細表 100億3920万円:H26~21年度
近畿活用実績表 1億8307万円コスト縮減達成内訳
近畿未活用明細表 <216663万円:H26~21年度