「スローなユビキタスライフ」の実践モデル

基本的な考え方やその底流を流れるものに関する論文、講演資料などについて、少しずつ、とりまとめつつあるものです。



・遠藤隆也:「マルチメディアの諸相
     (電気通信、Vol.56、No.556、1993)

・遠藤隆也:「リプリゼンテーションとインタフェース問題の基底:わかる認知科学から、わかりあえるマクロな認知工学に向けて
     (日本認知科学会、認知科学Vol.2, No.1, 1995)

遠藤隆也:「電子社会システムの課題
 (辻井重男編著、竹内 啓・鈴村興太郎・斉藤 博・石黒一憲・加藤尚武・池上徹彦・遠藤隆也共著
  「電子社会のパラダイム」の中の第8章)
     (発行:新世社 発売:サイエンス社 2002.10.10)

・遠藤隆也:「電脳社会の動向と課題
 (「小論文:21世紀を生きる」--現代社会の本質に迫る48編のアンソロジー--の中の第14章a)
     (駿台受験シリーズ、駿台文庫株式会社 2006.12.20)

     (厚生労働科学研究費補助金 健康科学総合研究事業 2007.3)

・遠藤隆也:「佐久総合病院のたまもの
     (佐久総合病院研究会、2008.10.27)

 (NTTサイバーソリューション研究所監修「ユーザが感じる品質基準QoE」の中の第2章と第5章)
     (東京電機大学出版局 2009.2.20)

      (JA長野厚生連 佐久総合病院 2011.3.31)

・遠藤隆也:「ICTを利活用した『佐久穂げんでる農業』の試み匠の技の構造と動態モデル化の検討
 (農業情報学会2011、 2011.5.13)