通知‎ > ‎

2012/08/24 アトモキセチン塩酸塩製剤の薬事法上の効能・効果等の変更に伴う留意事項通知の廃止について


アトモキセチン塩酸塩製剤の薬事法上の効能・効果等の変更に伴う留意事項通知の廃止について
(平成24年8月24日 保医発0824第2号)

アトモキセチン塩酸塩製剤については、「アトモキセチン塩酸塩製剤の小児期AD/HD患者の成人期へ継続使用について」(平成22年6月30日付け保医発0630第4号)(以下、「課長通知」という。)において、小児期AD/HD患者の成人期への継続使用に関し、保険適用上の取扱いに係る留意事項を通知しているところです。
本日、アトモキセチン塩酸塩製剤の適用において小児期AD/HDに成人期AD/HDを追加する効能・効果等の一部変更が、薬事法(昭和三十五年法律第百四十五号)第十四条第九項に基づき承認されたことに伴い、課長通知については廃止することとするので、貴管下の保険医療機関、審査支払機関等に対して周知徹底をお願いします。
なお、今後の使用に当たっては、新しい添付文書を御参照ください。