■最近の例会記録



2019年1月11日(土) 第195回例会レポート

2019/03/22 7:14 に Tmc Meguro が投稿

<例会全体について>

今年初めての例会は、恒例の大嶋さんのワークショップ2本立てという特別メニューということもあり、目黒メンバー参加者とどちらが多いかというほど大勢のゲストにいらしていただき、賑やかな幕開けとなりました。

会長冒頭挨拶では、次回以降のスピーチマラソンやコンテストに向けた積極的な参加の呼びかけがありました。

(スピーチ
第一部は、参加者が出し合ったトーストマスターズの活動上の日頃の疑問や課題などが気軽な雰囲気のなかで話し合われました。
(二部のワークショップ説明をする大嶋さん)

また、第二部では、全員の多数決で選んだ同じお題「まず走り出そう」について、5つにグループ分けされた班の選抜メンバーが、ユーモアスピーチ、ストーリーテリング、ロジカルなスピーチのいずれかのタイプのスピーチを展開しました。三人寄れば・・・とは言いますが(あっ、姦しいほうじゃありません、今日は知恵のほうです)、初めて聞く楽器の名前やスピーチづくりのアイディアなどいろんなお話が、いろんな形で展開されスピーカーそれぞれの個性が光っていました。
他の人のスピーチを見て、聴いて、また講評などを通じて、たくさんの使えるスピーチノウハウや、気を付けたいポイントなどたくさん役立つヒントを得ることができました。
(全員で、はい、ポーズ)

2018年12月22日(土) 第194回例会レポート

2019/03/22 6:47 に Tmc Meguro が投稿   [ に更新しました ]

<例会全体について>

今年最後の締め括りは、クリスマス例会でした。この日は入会式とプレゼント交換があり、会長はじめメンバーそれぞれのサンタクロース風の衣装やワンポイントが華やかで楽しい特別な気分を一層盛り上げました。
会長冒頭挨拶では、スピーチの全国大会に向けた当クラブ内のコンテスト参加基準について、これまでの一定の経験を前提としていたところが緩和されることから新入会員の方も、コンテストスピーチにどんどん参加しましょうというメッセージがありました。



TMOEについて>

この日のTMOEは、TMOEとして久しぶりに登場の、とぼけたスピーチが大好きなH.K.さんです。今年最後の大仕事に大張り切りでした。


<今夜の言葉>

担当は久しぶりにご登場頂いた旧メンバーのH.K.さん、「相変わらず」," as usual"という、変わらない目黒の駅前のお蕎麦屋さんの天ぷらそばの例を挙げながら説明する姿に、誰もが嬉しい気分になったのでは?

 

<テーブルトピックス>

A.T.さんがテーブルトピックマスターを務めました。2018年を振り返るお題でしたが、オリンピックや地震、ごく最近世間を賑わせたことまでしっかり盛り込み、次のとおり今年最後の例会に相応しい総括となるお題を提供してくださいました。

2018年に感動したエピソードを教えてください。T.S.さん

②職場や家で行っている災害対策を教えてください。H.K.さん

 ③会社で受けたプレッシャーへの対処法を教えてください。H.T.さん
過去の時代と比べて平成をどう表現しますか。H.C.さん

 ⑤2019年の抱負を教えてください。ゲストOさん

H.K.さんがベストテーブルトピックスピーカーに輝きました。

(楽し気にTTマスターを務めるA.T.さん)


<準備スピーチ>

 この日のゲストの英語スピーチ以外は日本語でした。論理展開から始まり、スピーカーの人生それぞれを思うでした。

1.「知り合いの山田さん」H.K.さん

H.Kさんの現実の知り合いかと思いきや・・・、結局、山田さんは実在したのかわかりませんが、その職業は、本当は果たして何だったのか、確率の観点に沿って考えさせる面白い展開でした。

 

2.「like e diary」( ゲストTM T.O.

 多忙な業務にもまれ、さらに上司からの罵倒などで、打ちのめされて相談したカウンセラーのご友人にもらった日記。日々、日記を書くうち、自分の努力などを振り返り、自信を取り戻すことができたというお話でした。

      

3.「誰かのために」( T.M.さん)

トーストマスターズでの活動を通じて得た輝かしい成果について、ご家庭で

はそれを全く認めてもらえなかったところが、実際にトーストマスターズの

技がご家族の役に立つ出来事があり、面目躍如することができたというお話

でした。ベストスピーカー賞でした。

 

4.「ポイントカード」( C.F.さん)

人間関係における「株」を上げる、下げるということをポイントカードに例え、見ず知らずの人に親切にするなどの日頃の行動により、ポイントは簡単に上げることができるので、さっそくやりましょうというクリスマスにぴったりのお話でした。

 

(左からH.K.さん、TM T.O、T.M.さん)


<論評>

H.K.さん→D.M.さん、T.O.さん→K.I.さん、M.I.さん →H.C.さん、C.F.さん →H.K.さんという組み合わせでした。各スピーカーのレベルに応じて、さらなる改善に向けて励みとなる、各論評者それぞれの味のある論評でした。H.K.さんの緻密な論評は相変わらずで、ベスト論評者となり、ダブル受賞でした。

 

(左からD.M.さん、K.I.さん、M.I.さん、H.Kさん)


<総合論評>

 総合論評は、A.T.さん。安定感溢れる仕切りでした。締めるべきは締めながらも、全体の和やかな雰囲気を一層盛り立て、各役割に対して、特に工夫ある役割の説明や初めての役割への気遣いなど、嬉しくなるコメントの数々で総括されました。 

(総合論評のA.T.さん)


<表彰>

おめでとうございます!2018年最後の表彰状です。

 


<特記事項>

この日は、お二人の頼もしい新入会員のT.Sさん、Y.S.さんを迎えました。2019年はさらなる飛躍の年になるのだろうという予感がします。



プレゼント交換も楽しかったですね。


一年間、お疲れ様でした。


2018年12月8日(土) 第193回例会レポート

2019/02/23 16:18 に Tmc Meguro が投稿   [ 2019/03/18 7:52 に更新しました ]

<例会全体について>

師走ということもあり、参加者がいつもに比べて少ない状況ながら、参加者は複数の役割も担い、充実した例会ができました。
会長冒頭挨拶では、2件の例会外でのイベント(※)への参加状況報告と、こうしたイベントも楽しいので積極的に参加しましょうとの呼びかけがありました。

(※)①池尻大橋でのDivision Iのイベント ②目黒区住区祭り


TMOEについて>
この日のTMOEは、今年の全国大会での司会でのハプニングも味方にして会場を盛り上げた、トーストマスターズ愛溢れる実力派のS.M.さんです。

 

<今夜の言葉>

担当はA.T.さん、「はなやかに」," colourful "という、文字通り華やかなイベントが盛りだくさんの12月らしい言葉が発表され、たくさんの人がスピーチに盛り込んでいました。

 

<テーブルトピックス>

H.K.さんがテーブルトピックマスターを務めました。バラエティに富んだお題に会場も沸きました。 お題は次のとおり
あなたにとっての「今年の言葉」 ②あなたが目指すスピーカーは誰か ③あなたにとって価値があると思うこと 
④最近の激しい寒暖差への対策 ⑤あなたが改造したい自分の身体の部分
⑥あなたが「NHKプロフェッショナル-仕事の流儀」に出たならば、どんな言葉を言いたいか。
目黒に深い理解と親愛の情を示して下さるゲストのY.S.さんがベストテーブルトピックスピーカーに輝きました。

 <左から初TTマスターを務めるH.K.さん、回答するH.C.さんとA.Y.さん>

<続いて、左からお題に回答するY.S.さん、Y.A.さん、H.I.さん>

<準備スピーチ>
この日のスピーチ3本は日本語でした。思わず涙するような内容からコミカルなものまで幅広い展開でした。

1.「コロとモコ」(D.M.さん)

愛犬コロが死んで、沈むM家。お母さまの姿にペットロスという言葉も頭 をよぎる、そんなある日、新たに新しいペットの犬のモコが来て再び明るい 活気が戻ったというお話でした。ベストスピーカー賞でした。

 

2.「吉野弘の詩」( I.K.さん)

4本の詩を、淡々と暗唱または朗読されました。詩人が鋭く深い感性で切り取ってきた日常の情景が眼前で繰り広げられている気分になりました。いずれもじっくり読んでみたい詩です。

      

3.「Happy or Not」( M.I.さん)

過去、ハワイからの帰国が飛行機手配の手違いから1日延びたこと、最近のイタリア旅行では電車の切符購入の手間賃を要求されたことなどをポジティブな方向へ転換して考えたというお話でした。

 <左からD.M.さん、K.I.さん、M.I.さん>

<論評>
D.M.さん→H.Kさん、K.I.さん→H.I.さん、M.I.さん →H.C.さんという組み合わせでした。いずれも各論評者の持ち味が織り込まれた納得感ある論評でした。H.Iさんがベスト論評者となりました。

 

 <左からA,T,さん、H.I.さん、H.C.さん>

<総合論評>
総合論評は、Y.K.さん。今日の例会づくりに貢献したメンバーそれぞれに対してY.K.さんらしい率直な感想と鋭い切り込みを加えながら、詳細な論評をされました。各論評者はもちろん、総合論評者もスピーチ研修でも価値十分!
 

<表彰>

おめでとうございます! 実力者が揃いましたね。

 

<特記事項>

Y.A.会長のワークショップ「始めてみよう!Pathways」が行われ、Pathwaysを始めるための一連の画面操作について、丁寧な説明がされました。さあ、これでハードルはぐんと下がりましたね、まだの方もやってみましょう!あっ、かく言う私も・・・でした。

<工夫を凝らした資料を手に説明するY.A会長>

2018年11月24日(土) 第192回例会レポート

2019/02/18 5:17 に Tmc Meguro が投稿   [ 2019/02/18 5:20 に更新しました ]

<例会全体について>

英語クラブである中野トーストマスターズクラブとの合同例会でした。TMOEは中野クラブ、総合論評は目黒クラブ、また、一方のメンバーのスピーチに対して、他方のメンバーが論評をするなど両クラブで役割が分担され、段取りよくプログラムが進行しました。中野クラブからは、日頃はしないという日本語スピーチも披露されましたが、英語中心の例会は、目黒クラブのメンバーとしては新鮮な感じを受けました。
例会後は、中野クラブの行きつけのおいしいタイ料理のお店で、両クラブの未来に一同、乾杯しました。
また、いつかご一緒に!

(左:Y.A会長、右:総合論評をするM.Iさん)

<特記事項>
目黒クラブのTさん、中野クラブのTさんのご結婚を祝して、記念品贈呈が例会中に行われました。末永くお幸せに!二次会では、初の両クラブ合同例会の話はもちろんですが、お二人の話題で二次会がさらに盛り上がったのはいうまでもありません。


(中央:記念品の贈呈を受けてにこやかな両Tさん)


2018年11月10日(土) 第191回例会レポート

2019/01/26 21:04 に Tmc Meguro が投稿   [ に更新しました ]

<例会全体について>

テーブルトピックス中心に活動を行う東京テーブルトピックストーストマスターズクラブ(T4)との合同例会でした。日頃は、当クラブで15分程度行うだけのテーブルトピックスですが、この日はグループワーク中心に、ゲスト参加された大勢の他クラブの皆様のセンスに感嘆しつつ、みっちり練習できました。

会長の「幸せな一期一会をみんなでつくっていきましょう」という挨拶から始まり、皆さまから寄付のお菓子もふんだんに、幸せ気分満載の和気あいあいの例会でした。

 

(大人数を前に挨拶するY.A.会長)
TMOEについて>

この日のTMOEは、最近、可愛いお嬢さんの頼りがいあるお父さんとなられたY.K.さん。大勢のゲストを迎えた大イベントとなりましたが、次の項で紹介するグループワーク後のテーブルトピックスのTTマスターもY.K.さんの世界で味付けされ、爽やかに仕上げました。

 

(弁舌爽やかに仕切るY.K.さん)
<グループワークの模様>
T4の皆さまと事前に決めたプログラムに沿って、仕切りもT4の誇る重鎮にご登場いただきました。T4会長のK.A.さんからの当日のプログラムの流れの説明を皮切りに、テーブルトピックスの3つの勘所(構成力、デリバリー、発想)の構成に分けて、それぞれWちゃん、Jさん、Kさん(※会長から紹介のお三方のニックネーム)にレクチャーいただきました。

(左から、K.A.会長、Wちゃん、Jさん、Kさん)

8つの小集団で活気ある練習が行われた後は、各グループの代表者から、お題に対して、いずれも当意即妙というべき見事な受け答えがあり、会場のあちらこちらから感嘆の声があがっていました。

(左から、賑やかな全体練習の風景とお題に回答するHさん、Yさん)

―――お題(回答者)は以下のとおり―――

①あなたを歴史上の人物に例えると誰ですか(ゲストHさん)

②あなたは新しい図書館の館長です。どんな図書館ですか。(ゲストYさん)

③お賽銭の金額はいつもいくらですか。(ゲストTさん)

④人生100年時代、100歳のあなたから世界に向けたメッセージをどうぞ(ゲストHさん)
⑤観光バスにのるときはどの座席の位置が好きですか。(ゲストNさん)

⑥今週あった、いい話(K.M.さん)

⑦知識を直接脳にダウンロードできる時代になりました。どんな知識をダウンロードしますか。(A.T.さん)

⑧5秒目を閉じてください。どんなことが心に浮かびましたか。(ゲストG.M.さん)

 

(左からHさん、Nさん、K.Mさん、G.M.さんと当クラブのA.Tさん)

<記念撮影>
たくさんの他TMクラブの皆様とNonTMのゲストの皆様、これを縁にまた、目黒クラブにお越しくださいね!

2018年10月27日(土) 第190回例会レポート

2018/12/16 8:00 に Tmc Meguro が投稿   [ 2019/01/25 20:32 に更新しました ]

<例会全体について>

ハロウィン例会でもあり、本格コスプレでその名を轟かす秋葉原トーストマスターズクラブの皆さんを始め、多数の素敵な皆さんをゲストにお迎えしたとても実りある例会となりました。当クラブのメンバーも負けじ、と思い思いの恰好で参戦しました。
会長の挨拶は、高校時代にアメリカで味わったアップルサイダー(温かいリンゴジュースにシナモンなどで香りづけした温かい飲み物だそうです)に秋のにおいを感じたというお話でした。人それぞれで感じる秋のにおいは違っても、それは誰にとってもきっといいにおいなんでしょうね。

 

 (アップルサイダーの思い出を語る魔女っ娘メグのY.A.会長)

TMOEについて>

この日のTMOEは、ユーモアあふれるスピーチで人を惹きつけずにはいられないC.K.さんです。国民の妹的な存在、ドラミちゃんに扮装して会場を盛り上げました。
  (とっておきのドラミちゃんスタイルで・・・)

<今夜の言葉>

担当はゲストのM.H.さん、「実り」," Harvest "という、美味しい秋の収穫を思わせる表現が発表され、たくさんの人がスピーチに盛り込んでいました。

聞くと、条件反射的にお腹が空いてくる言葉です。
 (軽やかに説明するM.H.さん、コスチューム見たかった~!)

<英語1分間スピーチ>

質問:" Could you please tell us some tourist sports or leisure activities which you want to go or try in this season? And why? " (この季節、行きたい観光地またはやってみたいアクティビティを教えてください。そして、それはなぜ?)
さん、意外に近場で手軽にできる自転車やマラソンなどのスポーツやパンダを見るなど、とっておきの過ごし方を紹介してくださいました。
 

<テーブルトピックス>

K.O.さんがテーブルトピックマスターを務めました。合同例会ならではの両クラブに係るお題でした。

お題は次のとおり

①秋葉原クラブのいいところは? ②目黒クラブのいいところは?

③秋葉原クラブに入ってよかったこと ④目黒クラブに入ってよかったこと

⑤秋葉原クラブの今年のスローガンは? ⑥目黒クラブの今年のスローガンは?
⑦江戸クラブの今年のスローガンは?
それぞれのクラブの所属メンバーが発表しましたが、どのクラブも温かいメンバー間の交流が浮かび上がりました。秋葉原クラブの二次会場所「村役場」は、目黒の「庄屋」に匹敵する感じでしょうか。S.H.さんがベストテーブルトピックスピーカーに輝きました。


(左から怪人21面相K.O.さん、マメコことEさん、キキことR.I.さん、赤いバラのひとS.Hさん、
Pretty Bear M.I.さん)

<準備スピーチ>
この日のスピーチは4本とも日本語でした。どれも聴きごたえのある素晴らしい内容でした。

1.「Happening Florence」(TM Y.K

3年前のイタリア旅行、ネット予約したホテルはなんと倒産していた。波乱含みの内容を予感させる題名もさることながら、衝撃的な経験から得た教訓をユーモアたっぷりに伝えました。  

2.「みなさんのおかげです」( T.K.さん)
自分の成果は、自分だけのものではない、チームの皆さんのおかげという感謝の気持ちを積極的に表すことで、周囲とのこれまでと関係も変わり、信頼も高まったというお話でした。       

3.「料理の覚悟」( A.T.さん)
あまり得意でなかった料理、ここぞというときに失敗したけれど、今は料理には何が本当に必要かを知り、作った料理を喜んでくれる人がいるという温かい気持ちになる展開でした。ベストスピーカー賞に輝きました。

4.「待たない」( T.Y.さん)
何かしてくれるのを待つから退屈であり、もっと人生を楽しむためには自分からの働きかけが必要なのだというメッセージが力強く響きました。

(左からキリン児ことTM Y.K.、CA・T.K.さん、森の魔女A.Tさん、Detective風 T.Y.さん)
 

<論評>

Y.K.さんにM.I.さん、T.K.さんにC.F.さん、A.T.さんにR.I.さん、T.Y.さんにS.H.さんが論評しました。論評者の独自の視点からのアドバイスが随所に盛り込まれたものが多く、勉強になりました。R.Iさんがベスト論評者に選出されました。

 

(左から魔界から参上のM.I.さん、魔女キキ風のR.I.さん)

<総合論評>
総合論評は、T.Y.さん、熟練のTMゲストとはいえ、他クラブでいきなり総合論評をすることは、メンバーやその一般的には難しいと思われますが、多岐にわたる観点から、丁寧かつ気配りに溢れたお褒めの言葉をいただきました。
  (何の扮装かは謎ですが、かわいい感じのT.Y.さん)

<表彰>

皆さん、おめでとうございます!たくさんのゲストに彩られた例会でした。 

 


そして締め括りは、皆さん全員で!

<特記事項>
前会長のA.T.さんの貢献により、本部から当クラブにDCPポイント(10ポイント中9ポイント)が付与され、その証としてリボンがY.A.会長からA.T.さんに手渡されました。!

2018年10月13日(土) 第189回例会レポート

2018/11/11 5:08 に Tmc Meguro が投稿

<アウティング例会について>


この日はD.Mさんの発案によるお茶摘みアウティング例会でした。お天気にもめぐまれ、総勢10数名は狭山市駅で午後1時の待ち合わせの後、なんとか郊外の住宅地のなかのお茶園「宮野園」さんに無事に到着して、冷たいお茶を振舞われて一服。


Y.A会長の開会挨拶の後、お茶園の方から、メンバー達は「早乙女」(さおとめ)「早乙男?」(さて、男性の場合はいかに?)スタイルの着付けをしてもらうと、お茶の品種や摘み方の説明を受けて、早速、お茶摘みから始まる一連のお茶製造の工程(電子レンジで蒸して、揉むの繰り返し)を体験し、またお茶の天ぷら(ビールのおつまみによさそうでした)や、お抹茶も味わうなどお茶との対話を存分に楽しみました。


夕暮れの茶園を後にした後は、高田馬場での反省会で冷たいビールとの対話で締めくくった楽しい1日となりました。


<早乙男?のみなさん>



<左から製茶する前の摘んだお茶、お茶の天ぷら、お抹茶>


<皆さん、お疲れ様でした。お茶づくし、楽しかったですね。晴々とした表情のみなさん>




2018年9月22日(土) 第188回例会レポート

2018/10/09 14:18 に Tmc Meguro が投稿   [ 2018/10/12 17:24 に更新しました ]

<例会全体について>

三連休、真っただ中というのに、ゲストの方が6名も参加して、メンバーと和気あいあい、賑やかな例会が始まりました。

まずは会長の挨拶です。この時期のおススメ観光地として、赤い曼珠沙華のじゅうたんが見られる埼玉日高市の巾着田を紹介しました。

 

TMOEについて>

この日のTMOEは、日英両方でバイリンガルクラブの目黒トーストマスターズクラブを支える頼りがいのある男、K.O.さんです。ユーモアあふれるオープニングで会場を盛り上げました。

<今夜の言葉>

担当はK.K.さん、「前向きに」," Stay positive "という、使いやすい表現が発表され、たくさんの人がスピーチに盛り込んでいました。


<英語1分間スピーチ>
質問:" Speaking of autumn, what do you think of? "(秋といえば、何を思い浮かべますか?)
メンバーだけではなくゲストの方々も積極的にそれぞれの心の秋を表現しました。

 

               <左からY.Aさん、K.Mさん、M.Iさん>

<テーブルトピックス>

C.Fさんがテーブルトピックマスターを務めました。台湾から来た友人の身に起きた出来を紹介しながら、5名のスピーカーに即興の質問を投げかけます。

 お題は次のとおり

   ①トーストマスターズをやっていて遭遇したハプニング 
   ②あなたにとってのペインキラーは何か
   ③優先席譲ってくれない問題の解決策 ④日本人として恥ずかしいから直そうよという点は?
   ⑤この歳になって初めて経験したこと
発想力豊かなスピーチの中で、⑤に対して、生き生きと答えたゲストのA.O.さんがベストテーブルトピックスピーカーに輝きました。

           <左からH.Eさん、H.Cさん、H.Iさん、M.Iさん>

<準備スピーチ>

目黒トーストマスターズクラブはバイリンガルクラブですが、偶然この日のスピーチは4とも日本語でした。どれも聴きごたえのある素晴らしい内容でした。

1.「3.500万分の一の恋」(H.K.さん)

前回入会したばかりの期待のホープH.K.さん自身の過去の甘酸っぱい恋愛にまつわる自己紹介のスピーチでした。特徴と特徴を掛け合わせたときの相手の存在希少性を説くことにより、 人と人が出会うことの素晴らしさを伝えました。

 

2.「何が何でも」( K.Yさん)

ゲスト参加のディビジョンディレクターのK.Y.さんによるベテランの自己紹介のスピーチ。トーストマスターズクラブで活動する中で挫折や方向転換の機会を経て、ずっと希望していた今のポジションに就いた。その過程をエネルギッシュに表現しました。

       

3.「18歳の私」( S.Mさん)

簿記二級を目指して勉強している理由は、この夏に起きた悲しい出来事と、そこで見つけた18歳のころの自分の手紙。聴衆の心を強く打ち、前向きに努力するその姿を応援したくなるスピーチで、見事この日のベストスピーカーに輝きました


4.「みどり色アレルギー」( T.Kさん)

 全国大会の表彰台に何度も立った実力者によるユーモアスピーチでした。アクションをたくさん盛り込んで、会場を大きく使う姿に、観ている聴衆が学ぶことが多かったのではないでしょうか?

          <左からH.Kさん、K.Yさん、S.Mさん、T.Kさん>

<論評>

H.Eさん→H.Kさん、S.Mさん→K.Yさん、C.Kさん →S.Mさん、M.Iさん→T.Kさんという組み合わせで、素晴らしいスピーチを論評する論評者も粒ぞろいでした。スピーカーを助けるアドバイスが盛り込まれた聞きごたえのある論評の数々。その中で、S.M.さん、M.I.さんの2名のベスト論評者が選出されました。

 

<総合論評>

総合論評は、H.Iさん。Iさんならではちょっと斜めからの視点を交えた各役割に対する講評に会場は、何度も爆笑の渦に包まれていました。


        <左から総合論評のH.Iさんと論評者のH.Eさん、S.Mさん、C.Kさん、M.Iさん>

<表彰>

皆さん、おめでとうございます!たくさんのゲストに彩られ、今回もまさに一期一会の例会でした。

 

<特記事項>

次回の例会は、場所は秘密のアウティング例会です。目黒メンバー限定のイベントで少し遠くに行ってきます。例会記録をお楽しみに!

(ゲスト参加可能な次の例会は、10/27、ハロウィーン例会になります。)

2018年9月8日(土) 第187回例会レポート

2018/10/08 5:57 に Tmc Meguro が投稿   [ 2018/10/12 17:52 に更新しました ]

<例会全体について>

今回の準備スピーチはいずれもPathwaysに則ったものでした。ベテランでもIce Breakerとして、また新たな一歩の積み重ねをしていくのだなあと新鮮な感じがしました。

会長冒頭挨拶では、これからイベントが目白押しで忙しくなる!という触れ込みで、待望のアウティングのお茶例会に始まり、秋葉原TMと合同で行うハロウィン例会(コスプレ、土地なのか半端じゃなさそうです。)では、目黒の皆さんも張り合おうとの話、東京テーブルトピックとのテーブルトピック合同例会などの話が出ました。

これからいろんな体験を通じていろんなクラブの人と交流できるのも、楽しみですね。

 

<盛沢山のイベントを前に張り切るY.A会長>

TMOEについて>
トーストマスターズクラブに精通し、ディストリクトの総務マネージャーという重責を担いながらも、そんな様子を顔に出さず、当クラブを支えて下さるM.Iさんが務めました。
常に、メンバーの成長のために優しく、時には厳しく目配りをして頂いていますが、今回は、つい使うことを忘れがちな今夜の言葉について、提案頂きました。今夜の言葉が飛び出したら、みんなで机を小刻みに叩いて、積極的な使用への意識づけをしようとのことでしたが、今夜は数えきれないほど何度も机が鳴り響いていました。

<ゲストに配慮して、TMOEとは・・と説明するM.Iさん>
<今夜の言葉>
担当は入会直後のH.Kさん、「積み重ね」、英語では”stacking up”、入会に向けた熱い決意を伺った後だけに堅実な人柄を感じさせます。千里の道も一歩からといいますが、既にそれを意識されているということは目指すところは意外に近くかもしれませんね。

 

<英語1分間スピーチ>
C.Kさんは、故郷でのおじい様のお葬式での悲しみとご家族・ご友人と語れたこと
M.Iさん4日間夏休みを取り損ね、11月に仕切り直しで海外に行こうと考えていること
H.Tさんから北アルプスで登山した 折、大変だけれど、絶景とビールに癒されたこと、
H.Iさんからは出張先の韓国の繁華街で過ごした折、ちょっとぎょっとする光景への感想
など、各スピーカーの心に刻まれた出来事が、それぞれの思いとともに披露されました。

 

<左からC.Kさん、H.Tさん、H.Iさん>

<テーブルトピックス>
K.Iさんがテーブルトピックマスターを務めました。時事ニュースに絡めて、K.lさんらしい日常生活のなかからはちょっと思いつかないようなユニークな質問が並びました。
お題は次のとおり
  ①どのようなボランティアをしたいか ②廃棄する牛乳の有効活用方法は? 
  ③ 関西空港で一週間孤立したらどう過ごすか ④パワハラを見た経験
  ⑤牛乳が品薄になったらどうするか
回答者も、それぞれとまどいながらもユニークな回答をしました。
ベストテーブルトピック賞は、⑤に対して回答したH.Kさんでした。痛風のご自分には牛乳は必須だとして、海外から個人輸入で入手するとのことでした。生鮮食品を輸入というのは意外でしたが、痛風に牛乳が効くというのも初めて知りました。

 

<左からK.Iさん、H.Tさん、H.Iさん、H.Kさん>

<準備スピーチ>
今回はすべてPathwaysとしてのプログラムによるスピーチとなりました。

1.「今年度の抱負」(Y.Mさん)

目黒クラブ含め、トーストマスターズ歴を重ね、だいぶ落ち着いてきた今年は心理学を勉強しようと一念発起。アドラー心理学のサークルに入ったものの・・・、権威に対してもY.Mさんの自然体かつ容赦ないコメントは興味深かったです。ぐるりと回って、やはり目黒クラブに回帰するという流れも面白かったです。

ベストスピーカー賞でした! 

 

2.「お前は世界の王様か」(Y.Aさん)

シェークスピア劇みたいな迫力に溢れた口調のY.Aさんは、「私、王様だったことがある」いう出だしに始まり、王様になり切って最後まで突っ走りました。「走り狂うことができる」の表現は相当のマラソン愛好家ならでは。「王の帰還」後は、落ち武者になるなど、楽しい表現満載で、また、状況も目に浮かぶようでした。

                                                                                                                                             

3.「劇的?ビフォーアフター」(S.Mさん)

成田山へのお参りの帰りに味わった美味しい鰻重、しかしお不動さんのお告げか、ベルトのバックルが壊れたことをきっかけに3か月間励んだダイエット。その結果、体重を12キロ落とすことに成功したという話でした。食事、水中歩行など試行錯誤されたとのこと。ダイエットだけでなく自分で決めたことをやるのが大事というメッセージでした。

 

.“Financial Statements of Our LivesTM A.T

人生の状況を貸借対照表の構造を用いて説明されました。ホワイトボードに書かれた資産と負債の欄、それぞれに仕事や時間という要素をどんどん書き込みながら人生を説明するとはお仕事柄ならではですね。仕事で受けるストレスは負債、旅行は資産といった仕訳はユニークでした。また、ご自分の転職話も絡めていたのが説得力を増していました。

<左からY.Mさん、Y.Aさん、S.Mさん、A.Tさん>

<論評>
Y.Mさん→D.Mさん、Y.Aさん→TM H.CS.Mさん→H.Kさん、TM A.TTM K.Oとして、一人ひとりの論評スタイルは違いますが、テーマやスピーカーそれぞれの特質に着目しながら、丁寧かつ的確なたくさんのいい点への言及がありました。
最も目標に沿った論評をした論評者に与えられるベスト論評賞はH.Cさん。スピーチを楽しむ仕掛けがふんだんに盛り込まれている点など、いい点を6つ、改善点を3つ挙げてわかりやすく説明しましたが、何よりH.Cさん自身が存分にY.Aさんのスピーチを楽しんだことが言葉の端々感じられました。

 

<総合論評>

総合論評は、C.Fさん。TMOEの配慮や今夜の言葉に対する早速の反応があったことなどたくさんのいい点を挙げました。皆での声出しも今後やってもいいねという提案やテーブルトピックスの受け答えを直接的に答えるか、ひねって答えるかのタイプ別の分析という切り口が新鮮でした。全体的には、TM初心者にとって、スピーカーにとって、と様々な立場の視点からこういう点が勉強になるという端的ながら的確な指摘は人の話をどうやって分析的に聞けばよいかという点で、とてもいい勉強になりました。

 

<左からD.Mさん、H.Cさん、H.Kさん、TM K.O>

<表彰>
皆さん、おめでとうございます!これから、一層多彩になった顔ぶれと盛沢山なイベントが合わさってどんな化学反応が起こるか楽しみですね~、乞うご期待!



<特記事項>
今回は、7月の入会表明から、満を持して入会されたH.Kさんの入会式がありました。座右の銘は自分の知らない世界を知るということだそうです。H.Kさんの幅広な活動に、好奇心旺盛な目黒メンバーも興味深々のようです。これからどうぞよろしくお願いいたします。

 

2018年8月25日(土) 第186回例会レポート

2018/10/08 0:06 に Tmc Meguro が投稿   [ 2018/10/12 17:37 に更新しました ]

<例会全体について>
今回は、珍しく日本語スピーチよりも英語スピーチのほうが多い例会となりました。
ゲストには、論評なども含めそれぞれ重要な役割をこなしていただくことが最近のトレンド(会長のゲスト使いの荒さか、上手さなのかご想像にお任せ)になっていますが、今回も役割の変更などあるなか、大層ご活躍いただきました。
会長冒頭挨拶では、ゲストの方への説明も兼ね、全国大会等のコンテスト出場要件の話と「目黒クラブから日本一の座を射止めるスピーカ-を出そうではないですかっ」という会長の呼びかけがありました。思わずこぶしを突き上げ、「オーッ」と呼応しそうになりましたが(ヨーロッパ中世の戦い前に気勢をあげる感じ?)、これまでの当クラブの皆さんの記録的な実績を振り返ればきっと実現間近ですね!  

TMOEについて>
目黒クラブにこの人あり!のM.Mさんが、まるでバイリンガルクラブみたい(笑:※)感激しつつ日本語より英語スピーチのほうが多いという珍しいプログラムについて、流暢な英語を交え自然で洗練された雰囲気でした。
急遽の指名や役割の変更も多く、かなり大変だったと思います。実に自然体で優しい感じなのにM.Mさん存在感は際立って、最近の若者言葉を借りれば、“半端なかった”です!
※当クラブは正真正銘のバイリンガルクラブです!

 

<今夜の言葉 

担当はY.Kさん、「記録的な」," record breaking"という、最近、天気予報では耳慣れしまった言葉ですが、英語では記録を破るということなんですね。暑さにしても雨の降り方にしてもそちらのほうの記録更新はこりごり。



<左から会長Y.Aさん、TMOE M.Mさん、今夜の言葉Y.Kさん>

<英語1分間スピーチ>

質問:"How do you beat this hot summer?"(今年の暑い夏をどう乗り越えますか?)

K.Kさんは、2.000円のミニ扇風機活用のこと、H.Mさんからはかき氷、特に抹茶白玉あずきかき氷のこと、Y.Kさんは逆に、寒すぎる赤ちゃん向け室温との闘いのこと、M.Iさんは寝苦しい夜に何度も目覚める状況のこと、K.Kさんは瞑想で感じないようにするお話。皆さんのお話にはどれにも共感、あっ、でも「心頭滅却で火もまた・・・」の境地になるのはちょっと難しいかな。

楽しみながらか、苦しい戦いを強いられているかはそれぞれですが、皆さんの奮闘ぶりが目に浮かぶようでした。


<テーブルトピックス>
M.Iさんがテーブルトピックマスターを務めました。お金にまつわるお題が多かったですが、夏休みのイベントなどで大きな散財の前後はしっかり財布のヒモを締めるということかなどと思っていたら、最後は映画の話題になりました。暑くて疲れた夏の最後は元気になる映画を楽しんで、本格始動に備えるということですね。

   お題は次のとおり

   ①お得なサイト ② お得な情報・お店  お金の節約方法 ④ 見たら元気になる映画

<左からTTマスターのM.Iさん、②~③のお題に順に答えるY.Kさん、S.Mさん、H.Mさん>

ベストテーブルトピック賞は、①に対して回答したH.Kさんでした。
500円払って会員になっているサイトによるカラオケの割引率は、実は無料の某サイトの割引率と全く同じであることを偶然発見して、無料のサイトも意外にいいという話でした。

<準備スピーチ>
現代民話というちょっと変わった趣向のスピーチから始まり、楽しい考えさせるスピーチ、楽しいスピーチ、論理的なスピーチがとして、5名が、思い思いの企画を発表しました。

1.「ある王の物語」(T.Mさん)

誰もが知るサッカーのヒーローKing.Kのエピソードを、三部作の現代民話に仕立てました。

苦労人ならではのさりげない、思いやりの数々がそこで映像を見ているみたいに繰り広げられました。急遽のご指名に応えての急仕立てのスピーチとは思われない完成度には、準備時間がもっとあれば、日本一になるスピーチに発展するのでは?と思わせるものがありました

 

2.“The longest 200 meter”TM H.C

お連れ合いの留守中に、8歳、4歳、1歳の三人のお嬢さんと近所に食事に行った帰り道、眠りこんだお嬢さん達を一人で抱え、自宅までのたった200mが相当厳しく長く感じたという話でした。ユーモラスなボディランゲージに笑って、つい忘れていましたが、聴くほうもH.Cさんの奮闘ぶりに何やら一緒に力が入っていました。帰宅後、ご家族の笑顔を見ながら、ほっと一息のスピーカーのお父さんぶりが目に浮かぶようですね。

ベストスピーカー賞となりました! 

                                                                                                                                        

3.“Where do you like to travel for your next vacation”TM K.K

お連れ合いと休暇にハワイに行くことになり、思う存分英語を実践で学ぶよい機会になると思いきや…そこは流暢な日本語でもてなされる世界だった。英語で話したいのに相手側は日本語でもてなす気満々で、ちっとも英語を話す機会をくれなかったというオチ。ハワイは英語修行するには親切すぎるのですね。面白すぎて写真をとるのを忘れて聴き入ってしまいました。ごめんなさい。


4.“Investing 101”TM M.I) 

新入社員向けを想定した、主に株式投資の初めの一歩を解説するスピーチ。株式の値動きの推移や傾向などのグラフなどをプロジェクターで示しながら、売買時期、リスク分散の方法などについての、M.Iさんならではの論理的なわかりやすい解説でした。

年金も自分で運用する世の中、きちんと投資に関する知識を備えねばということですね。新入社員じゃなくてもご存知なかった方はまずはここからですね!

 <左からスピーカーのT.Mさん、H.Cさん、M.Iさん>

<論評>
Y.Mさん→T.Mさん、TM K.I→TM H.CTM K.K→TM K.KTM M.K→TM M.Iとしてストーリーの面白さ、構成の明快さ、ボーカルバラエティやボディランゲージの表現などを称えたうえ、それぞれのスピーチプロジェクト目標に沿いながら自分なりの新たな視点を加えて論評しました。
最も目標に沿った論評をした論評者に与えられるベスト論評賞はTM K.Kでした
全体的に聞きとりやすい発音でわかりやすかったと、流暢な英語でストーリー中の、よかった表現や効果的な表現方法を丁寧に拾っていきました。スピーチ中の「こんにちは」をlovelyだと言われましたが、瑞々しい感性ですね。

 

<総合論評>

総合論評は、H.Kさん。TMOEをはじめ役割変更などに対応して各役割を果たされた皆さんの即応力・柔軟性に素直な驚きを交えて称賛していました。殊更に多かった英語スピーチに重ねた英語論評に対しては難儀のフシも見受けられましたが、温かい皆さんに支えられ、また皆さんのをねぎらいながら雰囲気でカバー?!でも、バイリンガルクラブですから、次は英語での論評挑戦ですかね。

   <左から H.Kさん、Y.Mさん、I,Kさん、TM K.Kさん>
<表彰>

皆さん、おめでとうございます!ゲスト大活躍の例会でしたね。茶摘み例会が待たれますが、秋晴れの爽やかな陽気になりますように・・・。 

 

<特記事項>

今回、前期に春の全国大会でインタビューアーとしてスピーカーと機転の利いたやりとりをされたY.Kさんに対し、特別功労賞として、表彰状が授与されました。お子様のお誕生というお祝い事もあり、久しぶりの登場となりました。おめでとうございました!

1-10 of 221