The Diary CarePro™





The Diary CareProとは

The Diary CareProは、個人や医療従事者、介護、保険指導者の方々をクラウド上で繋ぐ、健康状態の見守り・遠隔ケアに最適なプラットフォームサービスです。
The Diary CareProを利用することで、個人のPHR(Personal Health Records)を収集・保存し、保健指導など、個々のPHRデータに応じたケアを遠隔にいても行うことが可能となります。




※「The Diary」はApp Storeより無料ダウンロードの上、どなたでもご使用頂けます。

デモ動画「How it Works: The Diary CarePro」



既存業務の質向上をサポート

・定期的にバイタルデータを自動収集しますので、測定作業を効率化できます。
・アンケート機能を活用し、病気や障害の症状を必要な時に確認できる。
・しきい値を越えた場合にアラート設定をする事で遠隔でも患者の異変を察知。
・タスク機能を活用し、簡単に服薬確認や運動指示が可能。

ご家族や他職種との連携をサポート

・ご家族と利用者の健康状態を共有することで利用者の健康状態を遠隔から見守ることができます。
・協力医療機関に利用者の健康データを事前提供することで、適切なサポートが期待できます。

サービス提供先

  • 地域包括支援センター・
    保健指導等

  • 訪問介護・訪問看護


  • デイサービス

  • 老人ホーム・
    多機能型居宅介護施設


  • 病院












The Diary CareProの特徴


1.データの見える化

直感的に分かりやすいUIで、様々なデバイスから取得したPHRを一元的に“見える化”します。 
表示項目は自由にカスタマイズでき、煩雑になりがちな管理業務の負荷を軽減できます。

取得した個人の健康情報(PHR)から、施設外での継続的な運動状況をモニタリングする事が可能になります。



2.タスク指示・管理

個人毎に個別のタスク指示が可能です。薬を飲む回数やタイミングを事前に指定しておくことで飲み忘れを防ぐ等、自身による必要ケアの抜け漏れを防ぐことができます。



利用者に対して定刻での服薬や運動習慣を根付かせる事でより効果的に健康的な生活に戻せます。


3.アンケート機能

薬の使用感や日々の困りごと等をヒアリング。診察時以外のコミュニケーションを支援します。



「気分」や「関節痛の程度」など、ケアの実態を適切に把握した上で、ケアプランの作成が出来ます。アンケート回答はカスタマイズが出来ます。


4.アラート機能

指定の項目について“しきい値”を設定することにより、診察時以外に発生する担当患者の異常を検知できます。



患者の患者の健康状態の異変を察知し、重症化する前に対応することが可能になります。ご家族とも情報共有することで見守り機能としても活用できます。 

サービス提供体制

米国のヘルスケアサービスプロバイダーThe Diary Corporationと販売代理店契約を締結いたしました。
 
  

料金とお問合せ

ご利用料金については、下記よりお問合せください。 
弊社営業担当がご案内を致します。

contact@mediva.co.jp


お問い合わせ