近畿大学 理工学部 機械工学科 分子シミュレーション工学研究室のホームページです.

 本研究室では,分子シミュレーションを用いて様々なソフトマターに関する現象を分子・原子レベルで解明することを目的としています.
これまで分子シミュレーションは主に基礎研究や理論研究に主に用いられてきました.しかし近年のコンピュータの劇的な進化やアルゴリズムの発展に伴い,徐々に工学的な応用研究へも踏み出せるようになってきました.
 例えば現在,車や飛行機の設計開発で連続体シミュレーションが用いられているように,今後化学や薬学,医学製品の開発で分子シミュレーションが用いられる日が来るはずです.今がまさにそのPhase transitionの時期で,私達は分子シミュレーションを工学に利用するための最先端の研究に取り組んでいます.
 研究内容は機械工学だけでなく,物理化学や化学工学,医学など多くの分野に渡り,共同研究も幅広く行っています.研究内容に興味がございましたら,お気軽にお問い合わせ下さい.

大学生・大学院生はこちらのページへ
  
       https://sites.google.com/a/mech.kindai.ac.jp/arai/home/poster2_2017.png

最新情報

  • [2017/08/22] 井口君(M1),小林君(M2),荒井講師がFDPSを用いた分子シミュレーションに関する意見交換会@神戸に参加し,講演を行いました.
    投稿: 、Arai Lab.
  • [2017/08/19] 荒井研究室OB会@梅田が開催されました.
    投稿: 2017/08/20 18:41、Arai Lab.
  • [2017/08/03] 小林君(M2)が第三著者,荒井講師が第四著者の論文がEurophysics Letters (Impact Factor: 1.957)に掲載決定しました. 
    投稿: 、Arai Lab.
  • [2017/07/24] 新規メンバーの配属に伴い,顔合わせ懇親会@八戸ノ里を開催しました.
    投稿: 2017/07/25 19:02、Arai Lab.
  • [2017/07/17-21] 10th Liquid Matter Conference@Ljubljana, Sloveniaにて,小林君(M2),吉本君(M1),荒井講師が参加し,研究内容を発表しました.                    
    投稿: 2017/07/24 0:17、Arai Lab.
1 - 5 / 88 件の投稿を表示中 もっと見る »

論文掲載情報

Author(s)TtileJournalYear
金子敏宏,荒井規允,泰岡顕治 ナノ多孔質体に閉じ込められた物質の固液相転移現象と自己組織化現象 伝熱 (Journal of the Heat Transfer Society of Japan) 2017 
Y. Taniguchi, T. Takishita, Y. Kobayashi, N. Arai, T. Kawai and T. Nakashima Amphiphilic self-assembly of semiconductor nanocrystals with heterogeneous compositions EPL 2017 
T. Inokuchi and N. Arai Liquid-Crystal Ordering Mediated by Self-Assembly of Surfactant Solution Confined in Nanodroplet: A Dissipative Particle Dynamics Study Mol. Simul.  2017 
K. Kobayashi and N. Arai Self-Assembly of Surfactant Aqueous Solution Confined in a Janus Amphiphilic Nanotube Mol. Simul. 2017 
N. Kadoya and N. Arai Size dependence of static polymer droplet behavior from many-body dissipative particle dynamics simulation Phys. Rev. E 2017 
投稿論文」ページから 5 件のアイテムをYear, 作成日時, 編集日時順に表示しています。 もっと見る »

学会発表

Author(s)TitleConferencePlaceDate
Y. Yoshimoto and N. Arai The study on the confinement effect of self-assembly process and structure in surfactant solution using coase-grained molecular simulation 10th Liquid Matter Conference Ljubljana, Slovenia 2017/07 
Y. Kobayashi, K. Nomura, and N. Arai Self-assembly of patchy nanoparticle swith various patch arrangements using molecular simulation 10th Liquid Matter Conference Ljubljana, Slovenia 2017/07 
Y. Arak and N. Arai Effect of noncovalent bond for morphological behavior of triblock type supra macromolecule using dissipative particle dynamics simulation 91st ACS | Colloid & Surface Science Symposium New York, USA 2017/07 
T. Inokuchi and N. Arai Analysis of liquid-crystal orientation in confinement system: A dissipative particle dynamics study 91st ACS | Colloid & Surface Science Symposium New York, USA 2017/07 
Y. Kobayashi and N. Arai Dissipative particle dynamics simulation for self-assembly of polymer electrolyte fuel cell membranes using Janus or homogeneous nanoparticles 91st ACS | Colloid & Surface Science Symposium New York, USA 2017/07 
学会発表」ページから 5 件のアイテムをDate, 作成日時, 編集日時順に表示しています。 もっと見る »