Home

English

古賀 毅 研究紹介

メッセージ
設計という行為を探求すればするほど奥深く、新しい発見があります。ものづくりをひもとくことで、試行錯誤を加速し、意思決定を支援する、次世代の製品設計・生産システムの開発に取り組んでみませんか。

1.研究成果のサマリー

2.業績リスト(研究活動)

3.業績リスト(学会活動・社会貢献等)

4.業績リスト(教育活動)

5.博士論文の内容紹介


  (略歴)

氏名・年齢

古賀 毅(こが つよし)

1973年5月28日生誕 現在37歳

 

学歴

1998年3月 東京大学 工学部 計数工学科 数理コース 卒業

2002年3月 東京大学 大学院工学系研究科 環境海洋工学専攻 修士課程 修了

2005年9月 東京大学 大学院工学系研究科 環境海洋工学専攻 博士課程 修了,博士(工学)

 

学位申請論文タイトル

【学士論文】 「ドロネー分割を利用した粘性流の数値シミュレーション」

指導教官: 杉原 厚吉 教授,取得年月 1998年3月.

【修士論文】 「故障データベースを活用した段階的信頼性設計支援システムの提案と構築」

指導教官名:野本 敏治 教授,青山 和浩 助教授, 取得年月 2002年3月.

【博士論文】 「設計・生産における製品の不具合情報の統合マネジメントに関する研究」

指導教官:青山 和浩 助教授,取得年月 2005年9月, 博士(工学).

 

職歴

1998年4月~2000年3月 日産自動車株式会社

2005年10月 東京大学 大学院工学系研究科 リサーチフェロー

2006年10月 東京大学 大学院工学系研究科 環境海洋工学専攻 客員助教授

(マリタイム・イノベーション寄付講座,設置期間3年)

2007年4月 東京大学 大学院工学系研究科 環境海洋工学専攻 客員准教授

2008年4月 東京大学 大学院工学系研究科 システム創成学専攻 特任准教授

2009年9月 東京大学 大学院工学系研究科 システム創成学専攻 特任研究員(現在に至る)

 

受賞歴

[1] 国際会議CE2010における最優秀論文賞(Best General Paper Award)(平成22年9月)

受賞論文:Tsuyoshi KOGA, Hideshi AOKI, and Kazuhiro AOYAMA, A Modular Design Method for Scenario Embedded Product, Proc. of the 17th ISPE International Conference on Concurrent Engineering (CE2010), September 6-10, Cracow, Poland, 2010.

[2] 社団法人 日本機械学会 設計工学・システム部門 部門表彰 奨励業績賞(平成20年9月)

[3] 財団法人 溶接接合工学振興会 木原賞(平成20年5月)

[4]  社団法人 溶接学会 平成13年度 溶接学会奨学賞(平成14年2月)


Comments