日本語|English

京都大学数理解析研究所(RIMS)共同利用事業

平成25年度RIMS共同研究

『デザイン、符号、グラフおよびその周辺』


デザイン理論、代数的符号理論、グラフ理論をはじめとする組合せ数学の基礎的分野間の交流、さらにはそれらの分野と周辺領域(離散幾何、確率論、統計学等)との幅広い研究交流を目的として、下記の通りRIMS共同研究を実施致します。


日時:2013年7月1日(月) ~ 3日(水)  

場所:京都大学数理解析研究所  111号室

京都市左京区北白川追分町

(市バス「京都大学農学部前」または「北白川」下車 )




講演者

青木 敏 (鹿児島大学)

Alexander Barg (University of Maryland)

藤原 良叔 (筑波大学)

藤原 祐一郎(California Institute of Technology)

Alexey Glazyrin (University of Texas at Brownsville)

加納 幹雄(茨城大学

河原林 健一 (国立情報学研究所)

Oleg Musin (University of Texas at Brownsville)

奥田 隆幸 (東北大学)

小野寺 有紹 (九州大学)

關戸 啓人(京都大学)

城本 啓介(熊本大学)

Ferenc Szollosi (東北大学)

Yuan Xu (University of Oregon)


謝辞

本共同研究は京都大学数理解析研究所のご支援及び

次の科学研究費補助金より資金援助を受けています.

 科研費基盤(B)課題番号 22340016
種々の情報通信系に内在する組合せ符号とその識別・復号アルゴリズムの研究」
(代表者:神保雅一(名古屋大学))

この場をお借りして関係者各位に心より御礼申し上げます.


世話人

野崎 寛 (愛知教育大学, 代表者)

藤沢 潤 (慶應義塾大学), 平尾 将剛 (東京女子大学), 澤 正憲 (名古屋大学)


最終更新:2013年7月4日