YMCAちとせ保育ルームとは・・・

 子どもを安心して育てることができるように、神戸市小規模保育事業として、
2014年4月に開園しました。YMCAが培ってきた保育実践を土台とし、
地域の子育て支援の一端を担うべく、YMCAの幼稚園・保育園と連携しながら
1~2歳児の保育を行います。

《 教育・保育理念 》
YMCAちとせ保育ルームは、キリスト教精神に基づき、一人ひとりの子どもの健やかな成長を願って保育をします。イエス・キリストにおいて示された愛と奉仕の生き方に学びつつ、子ども・家庭・地域に仕えていきます。

《 教育・保育方針 》
■ 神によって与えられた子どものいのちをかけがえのないものとして守り育てます。
■ 子どもが愛され、大切にされていると実感をもって過ごせるように、家庭と手をたずさえていきます。
■ 地域の人々とふれあい、共に生きる心豊かな地域社会の形成を担います。

《 保育のモットー 》

いきいきと自由に

 子どもたち一人ひとりが神によって創られた大切なひとりであることを知り、それぞれに与えられた異なる賜物を十分に発揮して、今という時を生かされている喜びを感じられる保育をします。

やさしい心、つよい意志、すこやかな身体

やさしい心
  つよい意志
  すこやかな身体
 神に愛され、守られていることの喜びを他の人に伝え、分かち合う心 が育つ保育をします。    自分で考え、判断して、行動していく力が育つ保育をします。    安全な食材を使って調理し、栄養面とともに楽しく食事ができるように"食育"に取り組みます。
年齢に応じた"体育遊び"や"園外保育"を積極的に取り入れ基礎体力作りに取り組みます。
みんなのものがひとつとなるために







家庭や地域の人びととの連携や交流を深め、 身近なところから、世界平和を希求します。



 
<連携施設> 3歳からの就園受け入れ先として「神戸YMCAちとせ幼稚園」


学校法人神戸YMCAは、1973年4月に神戸市須磨区高倉台の幼児教育の責任の一端を果たすべく、高倉台団地の完成に合わせて神戸YMCAちとせ幼稚園を開園しました。
 また、1999年には神戸市西区西神南の街づくりに合わせて、西神戸YMCA幼稚園を開園しました。YMCAちとせ保育ルームからの就園先のひとつとして、園児の交流や行事参加などの連携をします。 
幼稚園バスに迎えに来てもらって幼稚園へ遊びに行きました!

 <連携施設>  給食・施設や園庭の支援先「西神戸YMCA保育園」 「YMCA保育園」

 社会福祉法人神戸YMCA福祉会は、1988年に神戸市西区学園都市の街づくりに合わせて、YMCA保育園を開園しました。2003年に西宮YMCA保育園、2005年にYMCAおひさま分園、2009年に西神戸YMCA保育園、2012年に西宮つとがわYMCA保育園を開園しました。食事の調理・搬入や離乳食・アレルギー除去食の対応などの指導支援、施設や園庭の利用などの支援をします。
 
毎日西神戸YMCA保育園から給食が届けられ、栄養士の先生も一緒に来てくださっています。
 
YMCA保育園は、子どもたちが歩いて行ける距離です。園庭やプールを一緒に使わせていただいています。