発表スライドの作成と提出

生体医工学シンポジウム2012において採択された全ての演題について、各2分のオーラルプレゼンテーションを予定しています。前もって、発表スライドを作成いただき、本ページからファイルのアップロードにより提出してください。作成にあたっては、以下の「発表スライドの作成方法」に従ってください。

発表スライドの作成方法

発表スライドは、
  • JPEG形式 (画像サイズは、1024×768程度。縦横比は4:3を推奨。ファイル容量は、1枚につき2MB以下)
  • 3枚以内
としてください。

演題名・著者名については,運営側では提示いたしません.タイトルスライドを1枚入れる,各スライドのヘッダあるいはフッタに入れるなど,適宜発表スライド中にご記入ください.以下にあります発表スライドのサンプルもご参照ください.

ABE投稿のために,予稿を英語で記述された方は,スライドの内容に関しては英語/日本語どちらで記述していただいても結構です.

発表スライドは、PCとプロジェクタを使ってスクリーンに投影し、スライドの切り替えは、オペレータへの指示により行います。発表者が直接PCを操作することはありません。 

ファイル作成については、PowerPoint、KeyNote、Impress等をご使用いただき、JPEG形式のファイルで出力ください。

例として、PowerPoint2003では「ファイル」-「名前をつけて保存」でwindowを開き、「ファイルの種類」でJPEG形式を選択することで、必要なスライドをファイルに保存できます。PowerPoint2003で横長にスライドを作成した場合、スライドサイズによって画像サイズは以下のようになります。「ファイル」-「ページ設定」-「スライドのサイズ指定」が「画面に合わせる」の場合、画像サイズは960×720となります。ただし、画面の大きさが4:3の場合です。また、「スライドのサイズ指定」が「A4 210×297 mm」の場合、画像サイズは1040×720となります。

発表スライドのサンプル

最初のスライドに演題と著者情報を入れる形式

各スライドに演題と著者情報を入れる形式


発表スライドのアップロード

発表スライドの受付は終了しました.

「送信」ボタンがアクティブにならない場合は,氏名 および E-mail が演題申込時にご記入いただいた内容と正確に一致していない可能性があります.
氏名の間のスペースの有無,メールアドレスの大文字小文字など,演題申込受け付け時と一致しているか,いまいちどご確認ください.