航空気象シンポジウム

〔国土交通省航空局後援〕

航空気象委員会は、数値予報の航空機運航への利用促進を目的とした研究、 数値予報の解釈に関する研究、
  気象庁予報官による毎月発生する航空気象に関する悪天の解析とその対応と研究、最新の航空気象情報の紹介
  AIM-J 第8章「航空気象」も担当、等を行っています。

2005年6月30日第1回航空気象シンポジウムを開催し、パイロット・気象庁関係・管制官・ディスパチャー等と意見交換、交流を深めています。

参加費用;無料

航空気象シンポジウム開催



※講演者の希望により動画公開致します。
他の講演及び座談会資料は会員ページをご覧下さい。
第13回 2018年11月22日 大田区産業プラザ(PIO)

小展示ホール
気象庁気象研究所予報研究部
第三研究室 研究官 
荒木 健太郎
01.講演「首都圏降雪現象の実態解明の研究」Ⅰ


02.講演「首都圏降雪現象の実態解明の研究」Ⅱ